おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
公園へ遊びに行って。

砂場で遊んでいて、特に意地悪しようとしたわけじゃなさそうだったけど
のーやんが、うーやんの頭に、さーーっと砂をかけ・・・。
私も、”ダメだよ~。”と余分なことを言ってしまったため、
うーやんは、”む?!意地悪されたのか?アタシ。”と思ったかどうかは知らないけれど
少し離れた場所で遊び始めたのーやんに砂をかけ反撃。

その後、落ちていた木の棒で楽しそうに遊んでいたうーやん。
しかし、のーやんに奪われ、”ダメー!”と泣きながら追いかけたけど
棒は取り返せず・・・。悔しがるうーやん。
”・・アレ?こんなところにのーやんの靴が片方落ちてる・・・。”と拾おうとしたら
うーやん、急いで靴を取りに行き、
”ぎゃあ!”とか何とか、言葉にならない怒り言葉を発して、靴を放り投げてしまいました。
”ダメだよ!そんなことしちゃあ!”と、怒ったけど、
それでも怒りが治まらなかったのか、靴をギューッと潰そうとしていました。
・・・うーやん、コワイって・・・。

それを見ていたママ友さんも、”・・・うーやん・・・。”と失笑。
以前、そのママさんは、”うーやん、笑顔がカワイイねえ。”なんて褒められていたのに。
最近ではその言葉も全然聞かなくなったなあ・・・。

うーやん、外出先では本性を表しちゃダメよ。
スポンサーサイト

今日は、伊東へ。
午後に夫の仕事があるため、一緒について行って、
仕事の間は伊東でブラブラしよう!という魂胆だったのですが・・・。

午前中は、夫が仕事の雑用があったり、私がのんびり支度をしたために
とっても遅い出発になってしまいました。
結局、伊東まで行く途中のデパートで少し遊ばせて、昼食をとりました。

最近、うーやんがあまり食べないんですよね~。
全然といっていいぐらい食べないときもあって、
そんなときがあると焦ってしまって、手取り足取り食べさせてあげちゃったりすると、
”食べさせてくれる。”とでも思ってるのか?自分からは食べなかったり。
または、”ア~ン。”とお膳立てをしてるにもかかわらず、顔をしかめて食べなかったり。
”このヤロ~!”と、心の中のマグマが”ボコボコっ”と吹き出すのを感じながら。
なので、とりあえず、あまりハズレのないパンを買って。
私たちの分のラーメンとと、お子ちゃまラーメンセットとひとつ注文しました。
食事が来るまでの間、とりあえずジュースとパンをあげてみる・・・。
以前、うーやんが大好きでまるっとひとつ食べてしまったパンをあげたらしかめ面して拒否!
”・・・ボコボコっ・・・。”
そして、オレンジジュースばっかり飲んでいる。
うぅ~、ラーメンなら食べてくれるか?と期待。
そのうちラーメンが出来上がり。
のーやんは、麺が長すぎて”げほげほっっ!”とむせながらも食べてくれました。
うーやんは・・・のーやんの3分の1ぐらいの量。
まあ、合格ラインとまでは行かないけど、良しとしようというぐらい。

のーやんがたくさん食べるのか?うーやんが食べない方なのか?
つい食べる方を基準にしてしまうので、
”まったくぅ、うーやんは全然食べないんだから!”と、イラッとしてしまうんですよね。
(しかも食べるの拒否されたりするから余計にイラつく。)
お菓子とか好きな物は、ホントによく食べるクセに。


伊東までのクルマの中でふたりとも寝てしまったので、しばしドライブ。
海沿いの駐車場にクルマを止めて、波の音を聞きながら起きるのを待ちました。
私は海の近くで育ったので、海があるのが当たり前で、
わざわざ海を見に行くなんてコトを考えるまでもなかったのですが、
こうやって短い時間でも波の音を聞いてると、
”やっぱり海って良いなあ~。和むなあ。”って思います。
でも海水浴とか行くと、潮でベトベトになるのがイヤなんですけどね・・。

ふたりが起きたあとは、伊東のマリンタウンへ。
足湯でも浸かろうか?と思っていたら、
その前にあるキャラクターのクルマ(トーマスとかアンパンマン)のところで足止め。
しかも10分もいたら雨が降ってきてしまったので、そのまま帰りました。
うーやんはクルマに夢中だったけど、
のーやんは”お船~!”とか少し喜んでいました。
駐車場にはバスもたくさん止まっていたし、電車が走ってるのも見えたし。

そして、少ししたら夫が仕事を途中で切り上げてきてくれたのですが、
雨が本降りになってきてしまったので、そのまま帰りました。

うーやんものーやんも、今日のお出かけの半分はクルマの中。
”一体今日のお出かけはなにが目的だったの?”って、ちょっと不満だろうなあ。
昨日は朝から知り合いの方のお宅に遊びに行って、お昼過ぎに失礼して、クルマで30分ぐらい寝たあとにそのまま子育て支援センターへ。
1時間ぐらいセンターで遊んで、帰宅。センターから帰ってくるときにはふたりとも爆睡で1時間30分ぐらい寝てました。
たいてい昼前に昼寝するので、午前中から出かけるとお昼寝ができないために中途半端な時間に眠くなってしまうんですよね。
そうすると、夜のヘンな時間に眠くなってしまうと困るので、支援センターを活用してます。そこなら遊び物がたくさんあるから遊びに夢中になってくれるしね。

そしていつもだったらそのまま帰宅するのですが、夫が実家にいたので迎えに行ったら、”お中元で干物をもらったよ。”
な、な、なんと。干物は大好きだから嬉しいけど冷凍庫がパンパンだし・・。”全く入る余裕がないよ。”
ということで、近くに住む義兄の家へおすそわけ。
6時過ぎていたので早々に帰ろうと思ったのですが、”上がっていけば?”との誘いに断り切れず。
今日はヤバイ。離乳食の準備何もしてないんだよねえ~。そう思いつつ結局7時過ぎまでお邪魔してしまいました。
うーやんものーやんも、広いお家で楽しそうだったし。

そして帰ってきてからは、”もうレトルトでいいよ~。”と、子供用のレトルトカレーをうーやんのーやんにあげました。・・夫が。
”ふたりともパクパク食べてたよ。”とのこと。お腹も空いてただろうし、やっぱりカレーとかって好きなんだよねえ。

うーやんのーやん、朝から晩までいろいろなところに行ってお疲れ様でした。
おかげで夜、よく寝てくれました。イイ子イイ子。

2009.07.11 22:38 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は1歳児検診。
先々週に予約をしたものの、”7月9日まで空いてません。”ということ。もうあと10日で1歳1ヶ月だよ。
私が行っている病院、改装中だったので、多分、予約人数もいつもより制限してたのではないかなあ?
うーやんのーやんの記憶に残る病院は新しいのか。”あんたたちが生まれたときにはこの建物よりもうちょっと古い建物だったんだよ。”っていってもわからないんだろうなあ。

うーやんの身長 70.2センチ。 体重7860キロ。
のーやんの身長 73.3センチ。体重8625キロ。
発育曲線の平均より下ですが、ふたりともカウプ指数とかいうやつは合格点。

栄養指導は、”肉などのかたまりがキライで、いまだにみじん切りです。”
”どれぐらいのみじん切り?”と聞かれ、”これぐらい”と答えると、明らかに”ありゃりゃ。”って顔。
もう少し大きい固まりにしてあげてください、と案の定言われてしまいました。
”これは慣れということもありますから、固まりで食卓に出してあげた方がイイです”とは言われ、”とろみをつけるとイイですよ”と言われ。
ソレは重々承知なんですけどね…。
そして、哺乳瓶でミルクをあげているといったら、ソレはそろそろ卒業しましょう、ということ。
ええ~。夜寝る前に寝かしつけに飲ませてるのに。
”夜寝る前のミルクもストローかコップであげて、歯磨きをして、寝かしてあげるようにしてください。”
ムムム。それはムズカシイ。ミルクをあげても寝ない時期があって、そうするといつまでも寝ないので、困ってミルクで寝かしつけするようにしたのに。
でも、うーやんは保健師さん曰く、”歯の質があまり良くないような気がするから、歯磨きはしっかりしてあげた方がイイ。”ということ。
それだったら、やっぱりちゃんとやってあげないとかわいそうかなあ。

そして、どれぐらい発育しているか?という検査。
まず鉛筆でなぐり書き。そんなコトさせたことない!鉛筆だって持たせたことないのに。
案の定、鉛筆を口に持っていってナメナメ。書くどころじゃありません。うーやんは鉛筆の後ろに浸いている消しゴムを噛みきってしまいました。
積木は口に入れる、テストに使ったスプーンもナメナメ、取り上げれば”びえええ~~!”
テストどころじゃあありませんでしたよ。
ただあまり言葉の方が良くなかったみたい。”だいたい体が発達(歩けるとか)してる子は言葉が少し遅い傾向がありますから心配しないでください。”
とは言われたものの、少し心配です。

そして、はしかの予防接種もついでにやってもらいました。
”だって、ふたり連れて来なきゃならないから、パパがいるときに一緒にやっちゃった方がイイもんね。”
ありがたや、ありがたや。
今度はふたりとも、知恵がついてるので、泣きました。先生が聴診器当てたりしてたときも”なんかおかしい。”って感じで不安げでしたしね。
うーやんは、注射が終わった後、”イダダダダ。”と言いながら泣いてました。まあ本人は”イタイ”っていう意味でいってたんじゃないだろうけど
あまりにもタイムリーだったので、看護師さんも笑ってました。

うーやんのーやん。お疲れ様でした。


2009.07.10 14:11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は、近所のデパートへ。

そこには大体8畳ぐらいのスペースの子ども遊び場があって、すべり台もおいてあります。
ほかに子供がいると、うーやんのーやんにとっては危なっかしいので、同じぐらいの歳の子が遊んでるときは遊ばせられなくて、けっこう”賭け”て出かけるのですが。
昨日は誰も遊んでいない!これならうーやんものーやんも思う存分すべり台ができるぞ!
ふたりともすべり台の滑る方から上に上がりたがるんですよね。
で、のーやん。今までは途中までしか上がれなかったのに、今日はてっぺんまで上がれました!
しっかりと足を使って上がってるんですよね。靴下はいてないから足の裏で踏ん張って上がってました。エライエライ。上り方がわかったんだね。
うーやんは、まだ足の力が足りないのか、ヒザをついて上ろうとするので、ズボンで滑ってしまって上まで上がれませんでした。
”こうやって上がるんだよ。”と教えてあげて、理解はできたようですが実践はできなかったみたいです。
ガンバレ、うーやん。
で、今度は知恵がついて、すべり台の階段を上るということを覚えました。
のーやんが最初に階段を上がっててっぺんまで上がれて、”スゴイじゃん。”なんて言っていたら、うーやんもそれを真似してできるようになりました。
これでようやくすべり台を”すべり台”として遊べるようになりました。あ、上から滑るときには手を貸して”お尻で滑るんだよ。”ってやってあげないと滑れませんが。

のーやんは、アレでも意外とあれこれと考えているみたいで、”どうすればできるか?”と彼なりに試行錯誤してるみたいです。
寝室に籐の引き出しがあって、そこによだれかけを入れていたら、”そこを引き出せる。”とわかったみたいでしきりに引き出してはよだれかけをばらまいているのですが。
そのカゴは、ちょうどうーやんのーやんが入れるぐらいの大きさ。高さはふたりの腿のあたりまであるので、何とか跨げばカゴの中にはいることができます。
うーやんは、跨ごうとしてカゴに手をかけるときに手前にかけてしまうんですね。なので自分の手が邪魔して跨ぐことができない。
のーやんは、手を自分のいる反対側のカゴの縁に手をかけることを学び、うーやんがもたもたしてる間に、するっとカゴに入ってしまいます。
きっと私が知らない間に、彼なりに研究したんだと思いますよ~。だって、最初はふたりとも入ることが出来なかったんですもん。
いつの間にか、のーやんはできるようになってました。もちろんちゃんと出ることもできるんですよ。
うーやんは、猪突猛進型らしいです。
この間、”こうやって、ここに手をかけて…。”と教えてあげたら、できるようになってました。
きっとうーやんは、”ちょっとのーやん。ソレってどうやるの?”とか聞くタイプだろうな。
しかし、うーやんは(今のところ)出ることができないため、泣くか、自分で倒れてカゴから這い出るか、どちらかの方法でしか出られません。

だんだん、こちらの言うことがわかってくるようになってきたし。
……なんか信じられない。
2009.07.08 23:34 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。