おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ま~ったくフロドというヤツは…。
一歩も歩けないでヘタレているフロドをサムが一生懸命おんぶしてくれて、しかもゴラムに襲われているのをサムが必死に助けてくれたのに、それを横目に一人ですたこらさっさと山を登りやがって(まだ歩く気力残ってんじゃん!)。まったく怖ろしいほどの自己チュー。
そしてきわめつけは最後の最後になって”指輪は僕のモノだ~。”って…。オイオイ。
どないやねんっ?!と、ちょっと突っ込みたくなる。
そんな「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」がどことなく笑える。
スポンサーサイト
BSで総集編をやっていたので見ました。
司会者は日本では馴染みのない人だし、女性軍のドレスもシック(黒とかベージュとか)なのが多くて、ノミネート作品同様に地味な感じでしたね(総集編だからカットが多いからか?)。
「SAYURI」は撮影、美術、衣装デザインの3部門で受賞しているんですね~。「クラッシュ」と「ブロークバックマウンテン」も3部門ずつ。同じじゃ~ん。それなのに全然話題にならなかったですね。日本が舞台でも外国モンって感じがするんですかねえ?アジアン・ビューティ、ざんね~ん!
「クラッシュ」が作品賞を獲ったってことで、一昨日見に行ったのですが、「クラッシュ」のシーンがでるたびに想いが蘇ってきて、「良い映画だったなあ~」と改めて感じました。助演男優賞にノミネートされていたマット・ディロンは、どうも「Mr.インクレディブル」の主人公に見えてしょうがない…。2人が重なり合って見えてしまう人は、全世界で26人はいるはず。
「ブロークバック~」はまだ見てません。でもアン・リー監督は映像がキレイなので好きです。リー監督が監督した「いつか晴れた日に」というイギリス映画があって、私はそれが大好きなのですが、そのDVDの解説の中でエマ・トンプソンが”リーは風景をとても大事にする監督で、俳優と風景が溶け込んでいるように感じる”的なことを言っていました。ちょびっとだけ流れる「ブロークバック~」のシーンもすごくイイ雰囲気なので、できたら見に行きたいっ!
「シリアナ」で助演男優賞を獲ったジョージ・クルーニー。この作品はとりあえずスルー。それよりも彼が監督した「グッドナイト&グッドラック」は見たい。この作品には、私がひいきしている俳優ロバート・ダウニー・Jr.が出演しているんですよっ!彼は本当にウマイ俳優さんですよ。カッコイイし。
「カポーティ」も見たい。
その作品も地味だ地味だって言われながらも人を惹きつける力があるんだから、やっぱりスゴイですね。
アンジェリーナ・ジョリーがですよ!アンジーが妊娠。もちろんお相手はブラピ。
生まれてくる子ども、ママがアンジーでパパがブラピかあ~。
……何かスゲエ~。
ま、血は繋がってないものの、アンジーは2人の子どもがいるし、ブラピもアンジーの子どもの親権を得るための手続きをしているらしいので、初めての子ってワケじゃないからそんなに驚くこともないんだけど。
……でも何かスゲエ~。つーか、ウラヤマシイ。
「Mr.&Mrs.スミス」は大ヒットだし、この報道でプラスDVDもバカ売れじゃないですか?きっと。私も思わず”買わなきゃイカンでしょう”と思っちゃったし。
しばらくはアンジーのお姿を拝めないんだなあ~(映画の中で)。
どうか”このまま引退します”とか言いませんように(祈)。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが共演している「Mr.&Mrs.スミス」、見たいなあ~。とゆーか、ゼッタイ見に行きますっ!ブラピとアンジーが付き合ってるとかという噂が出てきた時から、この映画が話題になってたので、けっこう楽しみです。
私は映画雑誌とか、見た後(または公開終了してから)でチェックするようにしてます。ヘタに読んでしまうとストーリーがわかってしまって面白くなくなってしまうので…。でも今回はブラピ&アンジーのプライベートも気になるので(ミーハーだから)、ついインタビューとか読んじゃって、新鮮さがなくなってしまってきてます。早めに見に行かないと。
「オーシャンズ12」や「ボーン・スプレマシー」に出演していたマット・ディモン。彼にはベン・アフレックという親友(彼も俳優です)がいるのですが、そのベンが、自分の奥さんの出産(ただいま妊娠中)に、ぜひマットも立ち会って、しかもビデオ撮影をして欲しいと考えていたそうで…。
それというのも、ベンは昔ジェニファー・ロペスという歌手(兼女優)と付き合っていたのですが、その時彼らに対する過剰な報道に嫌気がさしていたんですね。なので今の奥さんと結婚する時にそれをひた隠しにして極秘結婚式をしたために、親友のマットを招待できなかった、だから…ってことらしいんですが。
案の定奥さんは”出産を人に見られるのはイヤだわ”とご不満。結局マットには待合室で待っていてもらうってコトになったらしいです。

当然でしょ…ある意味。(この報道がホントなのかはわかりませんが)
そんなこと考えついたベンがおかしかった笑。マットに気を遣ってんのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。