おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今朝、富士山を見たら頂上に少しだけ雪が見えました。
最近天気が良くなくて富士山が見えなかったのですが、久しぶりに見た富士山が雪化粧。
あ~、もう冬かあ。
そして午後になってから、ふと見たら、朝あった雪の半分以上が消えてました。
う~ん、白い富士山を見るのは、もうちょっと先かな?
空も、羊雲というのかうろこ雲というのか、なんか秋の空って感じでした。

私はやっぱり雪をかぶった富士山が好きです。
冬だと空気が澄んでいるから富士山が青空に映えるし、より一層近く見えるので、かなりでかく見えるからです。

遠くに住んでいて、普段富士山を見られない人たちは、
やっぱり、新幹線なんか乗っていて富士山が見えると嬉しいのかなあ。
私はこの間、滋賀県に行った時は初めて琵琶湖を見て、けっこう感動したけどなあ~。
スポンサーサイト
イタリアのとある町に降り立ったイレーナ。まず職を探す彼女は、あるアパートの掃除婦として雇われることになった。
勤勉に働くイレーナは、そのアパートに住む貴金属商アダケル家の家政婦と仲良くなり…。

あんまり物語を細かく説明してしまうと、面白味が激減する恐れがあるので、あまり説明できません。
冒頭でもご丁寧にも、”この物語の結末は人に話さないでください。”と注意されますしね。
確かに、”ある暗い過去を持った家政婦の物語”とだけ知識を入れて見た方がイイ。
それだけの知識で見ても、話に惹きつけられ、目が離せません。
過去の出来事が、フラッシュバックみたいな感じで映像が流れるのですが、イレーナの雰囲気が全然違うので、
混乱することもなかったし、そのところどころの過去を見せられるたびに、
”イレーナは辛い過去を持ってきたんだなあ。”と感じさせられるし、その過去と現在がどう繋がっているのか?
イレーナはその過去をどのように清算しようとしているのか?
という気持ちでイッパイになって、ホント目が離せません。
最後の方まで、過去と現在が繋がらない(何となく感じはするけれど)のでイレーナの感情に移入して見る、という話ではない。傍観者の一人としてみる感じなのだけど、それでも惹きつけられるというのは地味な映画ながらスゴイと思う。

感想をいうとネタバレになりそうなので、物語には直接関係ない感想を…(意味があるのか?)
主人公イレーナの役の女性もすごく魅力的な女性だなあ。なんか美人だし、すらっとしててカッコイイ。
主人公ってコトもあるけれど、かなり印象に残る女性ですね。
あと、悪役の男。剃髪のオヤジで見るからに”悪いヤツだろ?お前!”ってわかるような顔つき。
剃髪&ちょっとだらしない小太りオヤジっていうのは、世界共通の”印象最悪”スタイルなのだなあ…としみじみ。
帰路、2人ほど剃髪オヤジを見かけましたが、”お前も極悪人か?!”と、勝手に悪人に仕立て上げてました。
あと、イタリア語ってカワイイ~ってこと。小さい女の子が登場するのですが、
その子が話すイタリア語ってなんかかわいいんですよねー。イントネーションがかわいいのかなあ。
ヨーロッパ映画に出てくる子(男も女も)って、みんなカワイイですよね。

オススメ度…★★★★☆(かなり良質な映画。でもみんなでワイワイと見る映画ではない。最後は、マジでジーンとする。派手さはないけれど、登場人物の息づかいや感情が迫ってくるような映画。)
「スパイダーマン3」のDVDが発売されますー!
本当は17日発売だけど、店頭にはもう並んでますよ!さあさあ皆さん、買いに走って走って!!

私はセブンイレブンのインターネットショップで予約を。そうすると26%オフだということなので。
約1000円引きになるので、”またまた得してしまったぜ。ウケケ。”と予約をしたのですが、
数日前判明したことが。
店頭で直接買うと、ナナコカードというセブンイレブンで使える電子マネーカードに50ポイントおまけしてくれるというのです。商品を買った分のポイントもつくので、全部で90ポイントもらえることに。100円で1ポイントだから、90ポイントってコトは、9000円分の買い物をしたことになるのですよね。
それに引き換え、ネットショップだと、ポイントはつかないそうです。
ってことは、0ポイント。

でも、現金1000円引きは、目に見えるお得感がありますよね。
ポイントは現金で考えればたった90円しか値引きにならない…。
でも9000円分買い物をしたのと同じポイントというのはデカイ。
これは大きな問題ですよ。

1000円現金で安くなるのと、90ポイント。
さあ、あなたならどっち???

ちなみに私は、悩んでいるうちに今日になってしまい、現金1000円引きになりました。
今日、久しぶりにカラオケに行きました。
数ヶ月ぶりに行ったのですが、採点ゲームが進化していて驚きました!

最近の歌はあまり知らない。
夫が、徳永英明が女性の歌をカバーしたアルバムを買ったので、それに入っていた曲なんかを歌ってました。
徳永はウマイ!かなわん!(当たり前)

2時間たっぷり歌って、満足満足。
帰ってきて、”…ん~。なんかお腹空いたね。”
そして、2人で、ミニカップラーメンをそそるのでした。

やっぱり、ちゃんとカロリー消費してるんだなあ、と実感。
別冊歴史読本の「稀代の軍師 黒田如水と一族」。
読んでおります。だいたい枕元に置くか、居間に置いてあります。

その表紙を見て夫が一言。
”ちょっと聞いていい?…この表紙にあるバカデカイ兜って、ひょっとして
官ちゃん(如水様の愛称。もちろん主に私が使う)がかぶってたヤツ?”
”……どれ?あぁ、それは違うよ。そっちは家臣のヤツだよ。”
”そうだよねー。これ官ちゃんかぶってたら、”バカか!”っ言ってやりたいよ。でか過ぎでしょ?”

その兜とは
VFSH0019.jpg

コレ。(実際に表紙にある兜とは違います)

確かにでか過ぎる…。これは黒田二十四騎の一人である黒田一成の兜。
説明によると関ヶ原合戦の直前、合渡の合戦でこの兜を着用した一成はあまりにも目立ったため、敵軍から狙撃されてしまったという。”
…って、そりゃそうだ!

でもそんなこと言ったら、一成から”わかってないなー。”って言われるんだろうな。
カッコイイ、戦国の武士。でもコワイ、戦国の武士。
カボチャ、クリ、おから、などなど。
フッと思いつく、夫と私が嫌いな物をあげてみました。

毎日の食事を作る妻としては、嫌いな物が同じだと食事を作るときにまっことラクでございます。
煮物も、私は美味しく作れないのですが、夫は”オレ、煮物キライだから作らなくてもイイから。”
私も、オイシイ煮物なら食べたいけど、自分の作ったマズイ煮物なんか箸も進まないので、これは幸いと作っておりません。
夫婦で好き嫌いの傾向が似ていることは、妻の心の平穏にとってとても有効なことであります。

昨日、知り合いの方が来て、2人では食べきれないくらいのケーキを買ってきてくれました。
”わあい。”と、ふたを開けると。衝撃の事実がァ!!季節がら仕方ないのですが、モンブランケーキが2つも!
マロンクリームが黄色いノーマルなヤツと、茶色いちょっと本格派向きなヤツと、ご丁寧にも2種類。
”悪いけど、オレは食わん。”と、宣戦布告の夫。ムムム、先手を取られたり。
しかし、夫は”食べない。”と言った物は食べない、ひょっとしたら、
飢餓の時代が来ても、それでも食べずに死を選ぶのではないか?と心配になるほど意固地に食べないので、
結局、妻が食べることに。

今日は、お昼ご飯の代わりにモンブランを2つ食べました。ふう。
まあ私は夫と違って、柔軟に対応できるタイプだからー。
飢饉が来ても、しぶとく生き残ってやる~!

本当は、好きだ嫌いだと、贅沢言ってちゃいけないんですけどね。
仕事場の奥さんは、サッカーのことをまったく知らないにもかかわらず、サッカーくじを買ったそうです。

でも”結局、当たらなかったわ…。”だそうです。
6億円を手にした人が、3人もいるんですねえ。サッカーの勝敗を当てるだけで。
(その”ただ”当てるだけが相当難しいんですけど。)
奥さん曰く、”6億円もあれば即仕事を辞めて、悠々自適に暮らすのに。”
神は、奥さんに”まだ働きなさい。”と言ってるようです。

しかし、6億円あったらどーするだろうなあ。
とりあえず貯金?やっぱ。いきなり6億円を手に入れても、一体何をしたらいいかわかんないだろうなあ。
なんか恐くて使えない気がする…始めのうちは。
もちろん、土地と家は買うけどね。でも多分、こぢんまりとしたヤツだと思う。
あとは…旅行かなあ。新幹線とか使ってもグリーン車は使いません!的な感じ。

なんていう夢なことを考えている人がいるかと思えば、
神田うのさんなんて、一日で6億円も使っちゃたんですよね!!!!
結婚式で6億円ですよ!!
まあ、旦那さんの稼ぎから考えたら対したことないんだろうけど。実際うのさんも稼いでるし。

あ~あ~。1億円で良いからもらえないかなあ~。
うのさんのファンになるからさ~。
さっきテレビを見ていたら、チュートリアルとか次長課長とか有名どころのお笑い芸人さんたちがたくさん出てました。
そこで、”芸能界で生き残れそうなコンビ”を街頭アンケートみたいにして順位をつけるゲーム(?)をしてました。

1位は、次長課長。あー、そうなるかあ。
2位は、チュートリアル。徳井さんも良いけど、福田さんのトークサイコー。
3位は、ペナルティー。………。

そして、おりくの予想であるブラマヨは、な、な、なんと10組中9位!!
10位は、ざ・たっちだから、実質最下位のようなものか?(ざ・たっちファンの方、すみません。)

信じられない!!ゼッタイ信じられない!!
ブラマヨ、絶対おもしろいのに。なんで9位なの~?

吉田さんの受け答えとか、結構良いセンスだと思うんだけどなー。
けっこう”ぶっ。”って笑っちゃうもん。
小杉さんのナニゲにハイテンションなトークもおもしろい。
漫才もトークもおもしろい(もちろんいつもおもしろいってワケじゃないですよ!でも大抵おもしろい。)コンビだと思うけどな。

皆さん、ブラマヨおもしろいですよ!

あ、あとFUJIWARAもおもしろいです。応援してください。
山梨県の富士急ハイランドにある温泉施設「ふじやま温泉」に行ってきました。

いやあー、癒された癒された。
お昼ご飯には、カツ丼(なんか地元?の豚肉を使っているらしい)も柔らかくて美味しかったー。
そして寝られるトコロもあって、”ちょっとだけ寝るか。”と思って横になったはずなのに、
2時間近く寝てました。しかも友人に起こされて…。
私だけだったら、一体どんだけ寝ていたのか不安。

昼と夕方と2回入ったのだけど、昼は気持ちぬるめで、心地好い感じ、
夕方はけっこう熱めで遊園地とかで遊んで冷えた体を温めるのに良さそうな感じでした。

温泉よ、癒しをありがとう。
ニューヨークに住むバツイチのラリー・デイリー(ベン・スティラー)は、なかなか定職に就けず、アパートを追い出されそうな状態。
息子のニックとは週2回会えるのだが、父親として良いところを見せられない。
なんとか仕事に就こうと職業安定所を訪れたラリーは、自然博物館の夜の警備員の仕事を紹介してもらうが…。

ただただ、素直におもしろかった!!
夜になると動き出す博物館の人形たち。彼らの息づいている姿がおもしろかった。
話、というか人形たちやラリーの行動なんかは、”これぞ王道!”というぐらいの王道をいってるので
特に目新しいおもしろさというのはない。
けれど、子どもの頃に”人形たちが動き出す”と想像したことが、そのまま実際に目の前で起こっているような、
子どもの頃にクリスマスでホールのでかいケーキを目の前に出された時のような輝きとワクワク感を感じることができた。
これは、そういう楽しみ方をする映画だと思う。
もちろん、粗さがしをすればたくさんあるけど、”それはそれ”と、気にしないで見るのが、イイと思う。
…そーじゃなきゃ、つまんない映画になってしまう…。

それにしても、ロビン・ウィリアムズは、悲しくなるほどに精気がなくなって見えましたねえ~。
私生活でいろいろあった(らしい)けど、一気に老け込んだ感じがしたのが、ちょっと悲しかった。
んー、またそういう風な目で見てしまうのも良くないのだろうけど…。好きな俳優さんだから、前のような元気さを取り戻して欲しい。
”自分はただの蝋人形だ。”って言っていた、あの哀愁漂う自嘲気味のはにかみ笑顔が、彼らしくて好きだ。
あと、ミニチュア同士のやりとりも笑えた。ラジコンカーを運転するシーンもかわいかったなあー。
フン族のも笑えた!!最後の”マキカカ?”ってのがチョーおもしろい!ハマった!!

オススメ度…★★★★☆(子どもと一緒に見て楽しめる映画。)
今日は、夫の仕事仲間の奥さんとランチへ。
夏過ぎあたりから、”会いましょう”と言っていたのに、やっと今日実現。
お子さんのいる方のなので、2,3時間で帰っちゃうのかなーと思っていたのですが、
夫さんからの許可も得て、のんびりできるということ。

”こんなコト話しても大丈夫かなあ~…。”と言いながら、”ええ。”と聞いている私に、結局話している彼女。
”ここから先は、言えないー!”と、笑っている彼女に、”えー!何ですかあ?気になるぅ~。”と私。
と、結局、”コレ、ゼッタイ誰にも言わないでくださいね。ゼッタイですよ!”と、結局話しはじめる彼女。

”私って意外と聞き上手なのかもしれない…。”
帰り道、一人車を運転しながら、今日の情報の収穫にニンマリしたのでした。
夫が学生時代から付き合っている2人の親友が、仕事を休んではるばる東京から会いに来てくれました。

夜、4人で楽しくおしゃべりして、お酒を飲んで、ステキな時間を過ごしました。
”フーッ。”とテレビを見てくつろいでいたら、親友が、突然ケーキを持ってきて、”おめでとうー!”
夫の誕生日のお祝いと、長期出張の激励をしてくれました。
夫にとっては、本当にサプライズだったようで、とっても嬉しそうでした。
良い友人を持って幸せ者だなあ、夫よ。
そして、ありがとう。友人さん。

夫よ、キミが羨ましいぜ。
…と、思ったけれど、もちろん私にも大切な絆を持っている友人がいる。
頻繁に連絡はしないけれど、心は繋がっていると信じられる友人がいる。
年賀状出さなきゃ、と思える友人がいる。
数は多くないけど、そういう友人がいるということが、幸せに思えた一日でした。
今日、出かけていて、小腹が空いたので喫茶店に入って、フッと思い出したこと。

昔、学生時代に給食を食べていて、クラスメイトに
”おりくちゃんて、本当に美味しそうにご飯食べるよねえー。”と言われたことがあります。
”ああ、そうかなあ…?”と、自分ではまったく意識したことのないことを言われたので、
多少戸惑いながらも、何となく嬉しかったのですが。
それから、何回か同じようなことを言われたことがあるので、”私は、そーゆう人なんだ。”と自覚するようになりました。

で、グルメ番組を見ている夫が、よく言うのは、
”太ってるヤツって、ゼッタイ得だよな。だって、太ってるヤツが食べているの見ると、美味しそうに見えるもん。”
そういうのは、お世辞にも”ぽっちゃり”とも言えないような体格のタレントさんの時なので、
”ホントだよねー。”と、私も激しく同意したのでした。

そして今日、長い年月を経て、”私が食事を美味しそうに食べるように見える”理由が明らかになったのです。
そうか!そーゆうことだったのか!
未明の地震は、コワかった!
地面が揺れているというよりも、地面の下が揺れている感じで、突き上げるというほどではなかったけど、
さらに大きいのが来るんじゃないか?っていう怖さがあった。

私は布団の中で起きていたのだけど、夫は熟睡中。
今までは地震があっても起きない夫だったので、”この人、夜中に大地震が来たらどーなってしまうのだろう?”
という不安があったのだけど、今回はさすがに”パチっ”と目が覚めた様子。
”……地震?”と、夫。
”うん。結構でかいよ。”と、私。そして、テレビを見ようと起きあがりながら、
”起きてくれて良かったよ。この地震で起きなかったら、これから先大きいのがきた時不安でしょうがないもん。”
”……。”無反応の夫。
ええ~~……。まさかとは思うけど…ひょっとして、寝てる?眠りに落ちるの早すぎない?ま、いいけどさ。
と、テレビで一応震源地などを確認してから、私も寝ました。
でも、余震とか考えるとコワイですね、やっぱり。

そして、朝起きると、
”夜、地震あったんだ。結構でかいじゃん。”
…はあ??アンタ、起きたでしょうが!あんなにハッキリ目を開けたでしょ?!
しかし、夫は全く覚えていない様子。

地震も怖いが、夫の睡眠の神経もコワイ…。どーゆう回路してんの?まったく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。