おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
うーやんとのーやんが産まれてから、1ヶ月経ちました。
やっと、やっと1ヶ月。
毎日毎日がとても長く感じる日々なのに、1ヶ月振り返ってみると、自分がどういうふうにうーやんとのーやんと向き合ってきたのか、よく覚えてないくらい必死、というか…。
”二人いっぺんにぐずりませんように!””どうか!どうか寝てくれ~!!!”と、神に祈る毎日。
”ミルクはどれぐらいのませたら良いんだろう?”とか”二人は何でこんなに目がギンギンにさえちゃってるの?”とか。
そんなことばかり悩んで一日が過ぎていた、同じ事を毎日毎日考えていた1ヶ月でした。

今日、ふと時計を見たら、9時50分。
のーやんを抱きながら、”1ヶ月前の今頃はまだこの子たちはお腹の中にいたんだよなー”なんて考えてしまいました。

ミルクの飲み方がヘタクソで授乳に30分ぐらいかかってしまって、入院中は看護師さん泣かせだったうーやん。
今ではほ乳瓶のハンデはあるものの、のーやんよりも早く飲めます(はじめ勢いよく飲み過ぎてゲホゲホ!とむせるのは相変わらずだけど)。
入院中は、のーやんをほぼ片手で抱けていたのに。他のお母さんたちに”小さ~い。”なんて言われてたのに、今ではその重みをずっしりを感じることができます(同じ月齢の子よりは小さいかもしれないけど)。
毎日毎日は同じ事の繰り返しだけど、着実に大きく成長している彼ら。

月日が流れるのが遅いような早いような1ヶ月。まだまだ悩みはつきないけれど。
スポンサーサイト
2008.07.19 22:17 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
6月19日。
うーやんとのーやんの誕生日でもあり、私にとっては切腹の日です。
新撰組の原田佐之助という人は、切腹したけれど死にきれなくて後にそのキズを自慢していた、という話がありますが。
”麻酔なしで切腹しても生きてる人がいるんだから、私だって大丈夫さ。”と、心に言い聞かせるのですが、いざ当日になってみると…。
やっぱりコワイ。先生を信頼していないわけではないけれど、コワイ。

時間になり、ベッドからストレッチャーに乗り換え、手術室に向かう。
一応、”平気だよ。”という体を装っていたつもりだったのですが、夫は近くの看護師さんに”かなり緊張しているみたい…。”
手術室に入ってから麻酔をかけるまでは、自分なりにしっかりした気持ちでいたつもりですが、いざ始まってしまうと、もう緊張というか怖さのピーク。
”触られてる感じはすると思いますけど、痛いことはありませんから。”と麻酔の先生が言うのですが。そうだとわかっていても、”切られている!”という恐怖から何となく痛く感じてしまうんですよね~。
それで、なんとなく”にゅるっ。”とした感じがしたかな~と思っていたら、”おぎゃ~!”の声。
そして、しばらくするとうーやんとのーやんを、順番に私の顔元に連れてきてくれました。
(そのあたりからあまり記憶にないのですが)しかし感動とはほど遠く、気持ち悪くなってきてしまい、かなりのパニック状態。”気持ち悪い。気持ち悪い。”と連発してました。
すると、麻酔科の看護師さんが”エッ?気持ちが悪いの?”と、慌ててバケツを私の口元に。”気持ち悪いといっても、そ-いう気持ち悪いんじゃないんだけど…。”と思い、”多分吐きはしないと思います。”と私。ココだけはすごく覚えています、なぜか。
そこから先は、全然記憶にないです。

気がつくと、もう病室でした。”生きて帰ってこられた…”っていうのが、まず思ったこと。
子どもはNICUに入っているのか?手術室で一目見ただけなので、”子供を産んだ”という実感がまったくわきませんでした。
夫と実母と姉が来てくれ、NICUにいる子どもの写真を見せてくれました。この子たちが自分のお腹の中にいたのか、と思うと不思議な気分でした。今思うと、あの時点でもうすでにお腹はぺちゃんこだったんですよね。そんなことでさえも考えられないくらい、手術をしたことを覚えてはいるけど、その時間だけ時間が飛んでしまっていて、手術前と何一つ変わっていないような、そんな感覚でした。
2008.07.09 19:33 | 妊娠 | トラックバック(-) | コメント(-) |
明日朝起きたら、一年後になってないかな~…。

うーやんとのーやんが揃ってからまだ一週間も経っていないのに、とゆーか、まだ一週間も経っていないから、わからないことだらけ、オロオロしっぱなしです。
生後2週間頃って、こんな感じなの?と思うことがたくさん。月日が経てば子どもも育って、自分も育てられて余裕が出てくるんだろうけど、まだまだ悟りにはほど遠いです。

あ~あ~。ホント、せめて明日朝起きたら、9月になってないかなあ~。
2008.07.06 21:05 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たった一人の子どものために翻弄される毎日です。

お父さん担当の仕事であるお風呂入れも、なぜか二人でやってます。
慣れるまで時間がかかりそう~…(汗)。

一人でさえ、アップアップの状態なのに、今朝病院から電話が。
うーやんの退院が決定しました!
昨日、病院で授乳をしたときに、結構ゴクゴクとミルクを飲んでいて、体重も増えているというコトだったので、”これなら退院ももうすぐかもね~。”なんて夫と話をしていたのですが。
家に帰ってきてから急に不安になってしまいました。


と、昨日ココまで書いてうーやんを迎えに行ってから、時間が全然取れません(涙)。
この先、どんなになるのか、不安で仕方ありません。
まあ、時間が経って、この子たちが大きくなるのを待つしかないんですけどね。

更新もボチボチになりそうな予感ですが、頑張っていきたいと思います。
2008.07.01 15:34 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。