おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここのところ、天気が悪いですねえ。あと数日、天気がぐずつくみたいですが。
天気が悪いと、お出かけするのが大変なので困ります。
まあ、そこまで”行かなきゃ!”って思わなくても良いんですけどね。

日曜日は、夫の伯母の旦那さんの法事があって、夫が出席。私は子どもを連れて少し遅れて行って、親戚の人たちに顔見せに行きました。
出かけるぐらいの時間にポツポツと雨が降り出して、そうするとクルマに乗せるときにひとりが雨に濡れちゃってかわいそうなんですよね。
たいていうーやんをおんぶしてのーやんを抱っこするので、先にのーやんをクルマに乗せることになるのですが、
案の定、のーやんは仰け反り!チャイルドシートの上に立つ!わめく!!
”ちょっと!うーやんが雨に濡れちゃうから早くしてよ!!”と、押さえつけですよ。

それで、お昼ご飯も、雨が降っていなければどこかデパートのフードコーナーで済ませられるけど、雨降ってると、車から降ろせないんですよね。
誰かと二人だったら、一人一人連れて行けば、多少濡れても仕方ないかでいいけど、
二人を連れて行くとなると、ベビーカーで連れて行かなきゃ行けないし、そうするとベビーカーも濡れちゃうし。
で、親戚宅に行く途中に屋根のあるデパ-トを必死に思い出してみたのですが、思いつかない!あっても、日曜日だから他の客でイッパイだろうしなあ~。
結局、親戚宅を通りすぎてしまい、それでもまだ思いつかなくて困っていたら、夫から電話があって”じゃあ、親戚の家に人がいるから言っとくよ。”
でも、その親戚の家の子はもう大きくなっちゃってるから、赤ちゃん用のイスとかないだろうに、ウロウロ歩く二人どうやって食事を??と思いつつ、
親戚宅へ向かいました。
そしてやっぱり、ふたりともじっとしてない!しかもそこの家は掘りごたつなので危ない!
そこで、最終手段。二人乗りベビーカーを家に上げさせてもらって、そこに座らせて食べさせました。
ベビーカーで座って食べるのは、過去何回かあるけど、家にいるのにベビーカー、しかも他人の家。
うーやんものーやんも、全然落ち着いてくれなくて(当たり前)、ほとんど残してしまいました。
仕方ないねえ、今回ばっかりは。
その後、夫や親戚の人たちが集まり、しばらく遊んでもらったのでした。
なかなか親戚が一同集まるってことがないですからね。こういうときじゃないと顔を合わせられないので、
お昼ご飯を食べさせてる時には、”来るんじゃなかった”と後悔したけど、その後遊んでもらったし、行って良かったです。

うーやんものーやんも、遊んでもらってよかったね!
スポンサーサイト
2009.06.30 23:10 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
去年の28日は、のーやんが我が家に帰ってきた日。怒濤の忙しき日々の始まりです。

退院したのは26日。
退院時にふたりとも2000グラムなかったので、”一緒に退院はムリだねえ~。”と看護師さん。
てっきり一緒に帰れるものだと思っていたので、”そ、そんな!”と、とっても悲しかったです。泣いちゃったりして。
”退院するのに1ヶ月ぐらいかかっちゃったりします?”と聞くと、”そんなにかかるわけないよ~。まあ、長くて1週間じゃない?”
……あ、そんなものでしたか…。ホッ。
そしたら、のーやんが2日後には帰宅。私のあのときの涙って一体…。

でも、うーやんがまだ入院中だったので、ミルクを届けたりして病院には通っていたのですが。

NICUにはうーやんのーやんよりももっともっと小さい子がいたし、二人よりも先に生まれたのにまだ家に帰れない子もいた。
お母さんは、その子のために毎日病院に通って、母乳をあげたり搾乳して看護師さんにあげてもらったり。
小さな命のためにお母さんも頑張っている。毎日が不安だろうな。それこそ泣きたくなる夜もあると思う。でも頑張ってる。自分よりも頑張ってる子供のために。

うーやんものーやんも、体重は少なく生まれて入院も少し長引いてしまったのですが、彼らは本当にそれだけだったから、すぐに退院できたんですよね。
そう考えると、本当に二人に感謝しなくちゃいけないと思う。

ところで、”2000グラム満たないから退院できなくて…。”という話をすると、ほとんど帰ってくる言葉が、”え?2000グラム?2500グラムじゃなくて?”という言葉。
私も本で読んだときに”2500グラム”と書いてあったので、てっきりそうだと思っていたのですが。
私が退院するときに、看護師さんたちが慌ただしく乳児用のベッドなどを用意していて、聞いたら”三つ子が生まれる”ということだったので、
”ひょっとして、三つ子が生まれてNICUが満床だから、うーやんのーやん”君たちは元気だから大丈夫!”と、半追い出され状態だったんじゃ??”
もしかしたら、3つ子の世話で忙しくて、うーやんのーやんまで手が回らないから、”2000グラムで退院で平気でしょ~”ってなったんじゃないか?
二人が退院してバタバタ忙しくなって、でもまだまだ小さくて「扱い」が大変だったときに、夫とそんな話をしてました。
2009.06.28 23:17 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
のーやん、うーやんに噛みつかれてばかりです。
右腕ヒジのあたりに、”一生モノかも。”と思うような噛み痕も。多分、オモチャの取り合いとかの延長で噛みついてるだろうから、
言葉が話せるようになれば、噛みつき癖も消えるかなあ、と思ってるのですが。ん~、不安。噛みついたり手を出したりするのが、1番手っ取り早い攻撃方法ですもんね。
この間実家に帰ったときに聞いたら、私は噛みつき癖はなかったようです。
姉の上の子供は、すぐに噛みついて、当時住んでいたアパートの大家さん宅の子供を噛んだり、姉の友達の子を噛みついたりしたそうです。
うーやんも、そうなるかなあ~。のーやんに噛みつくぐらいならいいけど、他の子に噛んじゃったりすると心配ですよね。
のーやんも噛みついたりしてるのを見たので、お互い様なんだけど。

昨日、昼寝をしていたとき。
いつもはうーやんの方が先に起きるのに、昨日はのーやんの方が先に起きてしまって。
うーやんは一人で起きても、静かにしてくれるのですが、のーやんはキーキーと奇声を発してうーやんに気を遣うことをしません。
ちょうど昼前だったので、食事を作らないといけなくて、”うーやん、起きたら起きたでいいや。しかたない。”と思って台所に立っていたら、
”ぎゃあ~。”といううーやんの泣き声。”起こされちゃった?”と、二人のところへ行ったら、のーやんがうーやんの上に乗っかってました。まったくぅ。
”だめだよぉ。”と、のーやんを降ろしたのですが、のーやん、楽しそうなんですよね。
うーやんは、よほど眠かったのか、ひと泣きしてまた寝てしまいました。”じゃあ、寝かせておくか。”と、台所に戻ったら、またしばらくしてうーやんの泣き声が。
またまたのーやんが上に乗っかってました。
完全に楽しんでるな、のーやん。

いつも、のーやんが寝てるときは静かにしてあげてるのにねぇ、うーやぁん。
今度は、のーやんの上に乗っかっちゃいな!……いやいや、ダメダメ。
2009.06.26 20:21 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デパートにて。

オモチャ売り場の前を通ったらオモチャ遊びスペースがあったので、ふらふら~っと寄ってみました。
ベビーカーに乗せていたので、”降ろして遊ばせたら、帰るの嫌がりそうだな。”と、のーやんがのけ反って大泣きする姿を想像し、さっさと行こうとしたら、
のーやんがすでに降りようとしている!
1週間ぐらい前から、ベビーカーから降りたがるようになってしまい、どこか手をかけられるところがあると、そこに手をかけて出ようとしてしまうんですよね。
バックルで留めてあっても、すり抜けようとしてしまうんです。”困ったなあ。”と思ってるのですが、今回もまさしくソレ!
”ちょっとぉ!出ないよ!”と、押さえつけようとしたら、夫がうーやんをベビーカーから降ろそうしてました。…”え??降ろすの?”
そして、少しの時間遊ばせたのですが。
うーやんは、”終わり~。”と、ベビーカーに乗せたら素直に乗ったけど、のーやんは……はああ~。疲れる。
やっぱり男の子なんですよねえ~。
ペットコーナーの檻に入ったイヌを見ただけで、”ひぃぃ~。”とかいうクセにさ。

その後、電化製品のテレビコーナーで、ジャズコンサートが流れているテレビがあって、それを見せたら、のーやん、”うぇ~い。”と、手をあげて喜んでました。
どういう趣味だ??
うーやんは、ベビーカーの前の手すりに手をかけて、じっくりと聞いてました。

今はベビーカーで移動しているけど、たまにベビーカーの正面に立ったりすると、うーやんが手を出してくるんですよね。
多分”歩きたい。”っていってるんだろうなあと思いつつ、そのままにしてます。

歩き出したら大変だぞ~。
しかも最初のうちはヨチヨチだからな……。時間に余裕を持たないと。
2009.06.25 12:58 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
去年の24日。うーやんがNICUから産科病棟へ戻ってきた日。そして、26日には退院です。

のーやんは、一足先に戻ってきていて、私はのーやん一人の育児で既にへばっていたのですが、24日、看護師さんが”うーやんが来るっていう噂があるんだけど。”
マジで??のーやん一人でさえヒーヒー言いながらやってるのに、これでまた一人増えるの??嬉しいというよりも、恐怖。
”だって、二人になって、夜泣きされたらどうすんの?二人一緒に対処できない!”というのがはじめに思ったこと。
とりあえず、初日は二人を廊下に連れ出し。まあ、うーやんはミルクの飲みが遅かったので、授乳室にほとんど常駐状態でもあったけど。

次の日、ヤバイヤバイ、と看護師さんに個室が空いていないか?速効聞いてみました。”一人でも大変なのに、二人いて大部屋じゃあ大変です!”
看護師さんも、”それはそうよねえ~。”と、調べてくれたら、ちょうど一部屋レベルの高い部屋が空くということ、料金なんかどうでもいい!と即答で”そこで良いです。”
とりあえず一安心したのでした。結局、個室は1日だけなので、さほどビックリすることもなくて良かったのですが。
授乳室にいたら、夜泣きで困っているお母さんが来て、”大部屋だから、他の人に迷惑かけるから授乳室に来た。”ということ。
その人は、大部屋が空いてなくて個室にいたのだけど、個室に予約が入ったら大部屋に移動したとこのこと。”こんな事なら個室にしておけば良かったあ。”と後悔してました。
もう一人、同じようなお母さんがいて、個室に移動できないか看護師さんに聞いてました。間一髪、私の方が早かった!アブねえアブねえ。

うーやんがなかなか産婦人科病棟に戻ってこれなかったのは、ミルクの飲みが悪かったために、黄疸が消えなかったことが原因。
普通は、生まれて体重が少し減ってもミルクを飲むからすぐに戻るし、黄疸も尿と一緒に排泄されるらしいのですが、うーやんは、まず飲むのが遅い!
二人の世話をしなくてはいけなくなったとき、ミルクは看護師さんに手伝ってもらっていました。
とりあえず私がのーやんにおっぱいを吸わせ、でもそれでは足りないからミルクを飲ます、その間に看護師さんがうーやんにミルクをあげるという感じだったのですが、
のーやんにあげ終わっても、うーやんはまだ。1時間ぐらいかかっちゃってました。のーやんが終わると私が交代するのですが、慣れてないからダメなんですよね。
哺乳瓶の乳首をなかなか口に入れてくれなくて、入れても飲まないし。
のーやんは、看護師さんに「飲みっぷりの良い弟くん」と評判だったらしいのですが、うーやんは看護師さん泣かせでした。
もう一人、私と同じぐらいの時間帯に授乳していたお母さんも、”なかなか飲んでくれない”と半ノイローゼ気味でした。私とそのお母さん、いつも居残りでしたから。
看護師さんにもいろいろ意見があるみたいで、絶対にミルクは3時間おきに飲ませないとダメ!っていう人と、柔軟に対応してくれる人と。
それでも病院の方針があるので、飲ませてはいたけど、
”この子にはあげるミルクの量が多いんだよね。だから飲むのに時間がかかってさあ。ミルク飲み終わって、少ししたらすぐまたミルクじゃあお腹空いてるわけないんだよ。”
と言ってくれてました。まあ、それでも結局あげてましたけどね。そういってもらった看護師さんに救われた気がしました。
でも、今でも、うーやんは、のーやんが飲むミルクの量よりも少ないから、ミルクは好きじゃないか?飲みたくないんだよね、きっと。

そんなんで、せっかくの個室もほとんど部屋にいなかったような気がするんですけど…。
まあ、のーやんが相変わらず大泣きしていたけど、初めて親子3人で過ごして、とっても不思議な気分を味わいました。
2009.06.24 23:55 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
相変わらず、うーやんものーやんも寝相が悪いです。
のーやんは、それでも一緒に寝ている布団からはみ出しても、上下に移動してるぐらいなのですが、
うーやんはふと目が覚めると、私の横にいたり、はるか下の方にいて、布団からはみ出していたり。
6畳の寝室にシングル2枚とセミダブルを1枚敷いて、寝室のほとんどが布団であるにもかかわらず、そこからはみ出すうーやん。

昨日、朝起きたときにうーやんが布団からはみ出していました。
動かして起きてしまってもイヤだったので、そのまま寝かせておいたのですが、しらばくして”ふええ~。”と寝ぼけながら起きてしまいました。
”起きちゃったか?”と思ったのですが、様子を見ていたら、おもむろに”へ、へ。”とはいはいで布団の上の方まで移動して、そのままコテンと寝てしまいました。
きっと、床の上で寝てたので、どこそこが痛くて起きちゃったんだと思います。

ね?うーやん。床の上に寝てるとイタイでしょ?ちゃんと布団の上で寝ようね。

うーやんは、誰に似たのか、早起きです。(とゆーか、親が遅いだけ。)
うーやんが起きても、私がなかなか起きあがれず布団の上でグダグダとしてるのですが、うーやん、起き愚図が全くないんです。
もちろん自分で起きたときだけですが、起きて一人で遊んでいたり”だ、だ。”とか何かしゃべっていたりするのですが、全然機嫌が良いのです。
うーやんが起きてものーやんがまだ寝てるときもあるし、そこはホントに助かってます。

そして、「おかあさんといっしょ」などの子供向け番組も喜んで見るようになりました。
一緒に踊ろうとしたり、なんか好きなキャラクターや歌が出ると嬉しいみたいで、喜びます。
そいで、うーやん、なぜかNHKのお天気お兄さんの平井キャスター(夕方と夜のニュース天気予報担当の人)が好きみたいで、
”あ、平井くん出たよ。”と教えてあげると、パッと見て、すごく嬉しそうな顔するんですよねえ~。
天気予報が好きなのか?と思ったのですが、平井キャスターが好きっぽい感じがするんですよね。
初恋か?うーやん。
2009.06.23 21:05 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
去年のことなのに、本当にうろ覚えです。
激動の一年で、今までの平穏な日々から比べたら、いろんな事が起こった一年で、忘れないだろうなんて思っていたのに。
忘れるもんですね。

去年の22日は、確かのーやんが、NICUから産科病棟へ戻ってきた日だったと思います。
帝王切開した19日はほとんど動けず、20日は痛み止めか何かの点滴があったために管にまかれて点滴を持ちながらどこそこ行くため、とても不便。
20日にNICUに行って、二人に対面したんだっけ。でも会えたのは嬉しかったけど、体が不自由だし重いしで、長時間は無理でしたね。
21日もそんな感じで、”産後の入院ってこんな感じなんだ。”とてっきり勘違い。
動く量も少ないために、切開のキズもさほど痛まず。”私って結構回復早いかも。”と思ったけど、のーやんが戻ってきてからは、痛み止めを毎回もらってました。
母乳を飲んでくれれば、多分病室で授乳できたのでそんなに動くこともなかっただろうけど、
ミルクだったし看護師さんからは、”一応授乳の時は毎回授乳室に来てください。”と言われたので、3時間おきに授乳室へ移動、ミルクを作って授乳。
そいで、授乳室が狭いんですよねえ!人数が少ないときには良いけど、多いと点滴を持ちながら流しへ行ってミルク作って、オムツ替えて、っていうのが大変でした。
数日後、点滴がとれて、”ラク!!”って思いましたもんね。

夜中なんかには、のーやんが夜泣きしてしまって大変でした。
私は、”大部屋の方が安いから。”と大部屋にしてしまったのですが、他の二人は管理入院の方たちだったので、迷惑がかかると悪いから、と廊下へ。
今考えると、廊下だって泣き声が響くから、大迷惑だったんですけどね。
昼間も授乳の間に寝て、なんて事はほとんどできなかったし、うーやんの様子の見に行かなくてはならなかったし、キズは痛いし。
もう~、とにかく必死!って感じでした。
のーやんが軽くて良かった、って今ちょっと思います。あのときはホントに片手で抱けましたからね。
授乳室に行くたびに”ちいさ~い。”って言われて。

切開して麻酔をかけられて。その日の夜寝るとき、それでもまだ”ひょっとしたら、急に容態が変化して、死んじゃったりして。”なんて思ってました。寝るのが少し怖かった。
死んだ父に恨まれてるんじゃないか?と考えたり、した。出産で命を落としてしまった人に申し訳ないと思ったりもした。
でも。ふと、恨まれてるんじゃなくて、見守られるんじゃないか?って思った。ガンバレって応援してくれてるのかなと思えた。
感謝しなくちゃ、と何となく気持ちが吹っ切れた気がした。
そうだよ、そのときは”感謝しなくちゃ。”って思ったのに、日々の忙しさを理由にもう忘れてる。
子どもたちが元気でいてくれているのも、きっとみんなが見守ってくれているからなんだ。

今、ふたりは立って歩こうと、一生懸命練習してます。
思い通りにいかないとギャンギャン泣いて訴えたり、”手を貸して。”と愚図ったり、歩けると嬉しそうに笑ったり。離乳食も、一生懸命食べて。
クルマに乗せてると、仰け反って嫌がったり。クルマから降ろすときには嬉しそうに”早く出して。”と、手を出してきたり。

こんなに成長しましたよ。




2009.06.22 00:45 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
19日、20日と、伊豆高原へお泊まり。
”泊まっても1歳じゃあ印象に残らないしなあ~。”と、泊まることを悩んでいたのですが、幼稚園など行きだしたら泊まることもできないし。
それに、私だって離乳食地獄から解放されたい!と思い、奮発して予約。
”赤ちゃん風呂があります”というペンションの”売り”も魅力的。夫がいつも大変な思いをしてお風呂に毎日入れてくれているし。

夫は午前中だけ仕事だったので、私が支度(当たり前か)。
子供ができる前、自分の荷物だって”あれでもないこれでもない”とまとめられないのに。泊まりに行くときはいつもバタバタで、イライラばかりなことですが、
今回も案の定。しかもうーやんのーやん昼寝してくれないし、離乳食はだらだら食べるし。ったく、もう~。
そして、何とか出発。
伊東のマリンタウンというところに、足湯ができたというので、そこに寄ってみました。
少しマリーナを散歩して、海を泳いでいる魚を見て。
足湯に到着。
のーやんは、やっぱり”ひぃ~。”って感じで、足をつけてもヒザを曲げてお湯から離してしまってました。ビビリ過ぎだぞ。
そしてうーやん。のーやんのソレを見ていたので、とりあえず足にお湯をかけてあげました。そしたら嬉しそうだったので、座らせて足をつけてあげたらとっても和んでました。
温泉好きか?うーやん。
そして夫も、そうか、とのーやんの足にお湯をかけてあげて、落ち着かせてから座らせたら、のーやんも和み。
バシャバシャと、足で水面を叩き始めたので、”ハイ、終わり~。”
その後、私がお手洗いに行っている間に夫がオバさん軍団につかまったらしく、戻ってきたらオバさん立ちに囲まれ、うーやんのーやんは愛想を振りまいていました。
手を振ったりニッコリ笑ったりするから、余計にオバさんたちが喜び、なかなかサヨナラしないんですよね。そして”がんばってね。”と声をかけてもらって。ありがたや。
ペンションに向かう間に寝てしまったので、しばらくドライブしてペンションへ。
高台のほぼ一番上で、見晴らしが良い!行ったときにはちょっと曇っていたので、しっかり見えなかったけど、海が一望、大島も見えるみたいで、キレイだろうなあ。
うーやんは部屋につくなり、大泣き。多分家じゃないから落ち着かなくて泣いたんだろうなあ。
やっぱりわかるんだよなあ~。
なので、持参のオモチャで遊ばせたりペンション内を探索したり。
そうこうしてるうちに食事の時間。離乳食もしっかり準備してくれるんです。
ふたりのは、ごはんとキュウリのすり下ろし、かぼちゃの煮物、ホウレン草のクリームスープ、バナナ。
やっぱりいつもと勝手が違う、っていうことで落ち着かない様子。特にのーやん。
それでも全部食べてくれました。エライエライ。
そして、ホタルのいる公園がある、というので、連れて行ってもらいました。
公園までシャトルバスが出ていたのですが、平日なのに結構人がいるんですよね。ビックリ。
私、初めてホタルを見ました!
池のところをたくさんのホタルが飛んでいて、光ると光が池に反射して、たくさんのホタルが余計にたくさんに見えて、とても幻想的でキレイでした。
うーやんのーやん、ホタル見たの覚えてくれてるかな?…くれてないな、きっと。親が喜んでたし…。
歩いている途中、ホタルが飛んできて、ペンションのオジさんが捕まえて、それを”ほら。”と見せてくれたのですが、うーやん、喜んで手を出して触ろうとしてました。
”きれいー。”って思ってくれたのかな?
帰りのクルマでは、相当眠かったみたいで、愚図り愚図り。帰ってきて、急いでお風呂に。
赤ちゃん風呂は、大人の足首上ぐらいの深さのお風呂です。
初めて家族全員ではいるお風呂。うーやんのーやん、赤ちゃん風呂楽しんでくれるかなあ~?
…と思ったら、のーやん、ビビってなかなか座ってくれない。”ちゃんこしなよ。”とムリに座らせたのですが、
慣れなくてイヤなのか、すぐに立って隣にある普通のお風呂に入っている私の方へ来てしまいました。うーやんも同じく、慣れなくて。
結局、4人で普通のお風呂に。うーやんのーやんは立っちしてお風呂。それじゃあわざわざ赤ちゃん風呂のところに入らなくても良かったのになあ~。
その赤ちゃん風呂のある場所は露天風になっていて、海が見渡せます。朝風呂もできるので、入ったら気持ちよさそうです。
夜はグッスリとまではいかず、何回か泣いて起きましたが、まあ合格。
ベッドは、シングル2つに希望すれば延長ベッドをつけてくれます。
ウチのふたりは、ゴロゴロするので延長ベッドから落ちないか?心配だったし、
3つのベッドをくっつけてもどうしても隙間ができてしまうので、その隙間にはまって起きて泣くって感じでした。
朝食もしっかり食べてくれて、エライエライ。

こういう泊まりの部屋は、危ない物があったりガードなどがないので、常に目が離せないのが大変ですね。
でも、ふたりが寝たあとはお酒で乾杯してゆっくりさせてもらったし、とってもいい誕生日が過ごせました。

20日は、伊豆シャボテン公園へ行きました。ベビーカーに乗って、公園内の動物を見て。
ゆっくりした時間が過ごせました。

しかし疲れた。

帰ってきて、うーやんのーやん、”あんよしたい。”とせがまれ大変でした。夫は夜仕事だったし、私も荷物整理や離乳食の準備があるのに~。
多分、シャボテン公園で他の小さい子たちが歩いている姿を見て、”自分も歩きたい。”と触発されたのでしょう。
あんよに付き合っては、少し離れて家事やって、とやっていたのですが、台所に立っているときにふと二人を見たら、自主練習してました。
二人して立って、頑張って歩こうとして、尻もちついて。かわいかったなあ~。

夕方前に帰ってきてから、二人とも寝てなかったので、夕食後少ししたら愚図り。眠たいし、あんよの練習したいしで。
少し早めにお風呂に入れて寝かせました。
うーやんは、ミルクもそこそこ飲んで、いつもは飲み終わるとうつ伏せになるのに、ならないでそのまま寝ちゃったからなあ。相当眠かったんだね。

うーやんのーやん、お疲れ様でした。
2009.06.21 13:38 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
19日は、うーやんのーやんの1歳の誕生日。
3~4ヶ月頃からは、”これからが大変になるから~。”なんて言われて。”今でも十分大変だよ~!”と思ったモノですが。
確かに、生まれたての頃は初めてのことだらけで右も左もわからず大変だったし、月齢が上がってくれば心配ごとが増えたりして、楽な時期はないのですが、
寝返りができるようになり、離乳食が始まって、おすわりができ、立っちができ、伝い歩きができてきて。”あのころは寝てただけだったのに。”と、言われた言葉が理解できるように。
”1歳?じゃあ、目が離せないでしょう?”と言われるようになって、やっと”ホント!本当に目が離せないです!”と即答で同意できるようになりました。

はじめの1、2ヶ月は何もわからず、イライラばかりしていた。
家事と育児の両立で、体重が激減。今考えるとやせられて良かったのになあ~。今は元に戻っちゃったし。
でも、3ヶ月目、実家に帰って”ミルクをもっと飲ませなよ。”という姉の声で、気が楽になった。
その後、ミルクの量がなかなか増えない、ということで悩んだこともあったけど、
今になってみると、”彼らは自分で必要量をわかって飲んでいたんだよね。”と思える。
子供は、エライんだ。ちゃんとわかってるんだ。
病気も風邪とかはあったけど、大きい病気もせず(あ、水疱瘡があった)。夜泣きも心配で心配で仕方なくて、
対処法などをアドバイスしてもらったけど、結局”夜泣き”の部類に入らないようなモノばかりだった(今のところ)。
”ふたりだから、お母さんが大変だってわかってるんだね。だから夜泣きも病気もしないんだよ。”って言われたことがあるけど、本当にそう。
この子たちは私のことをわかってくれてるんだ。やんちゃな事はするけどね。

はじめのころは、”カワイイ。”なんて思えるような余裕がなかった。
でも、だんだん彼らと向き合えるようになって、愛おしさが増してきた。彼らが少しでも良い環境で暮らしていけるように、楽しく一緒に生活していきたいと思えるようになった。
どんな子供に、どんな大人に成長していくんだろう、という楽しみもできた。そして、彼らの成長を見守っていかなければという責任感も少し出てきた。

うーやんのーやん、私たちのところに来てくれてありがとう。
そして1歳の誕生日、おめでとう。

2009.06.19 11:48 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日。6月17日。
去年のこの日は、私が入院した日です。うーやんものーやんも、まだお腹の中にいたのです。
この一年本当にあっという間で、”もう一年経ったの???”という感じしかないのですが、確かに1年前の17日に不安と嬉しさを感じながら、入院したんですよね。

お腹の中にいた子が、今は立っちゃってるよ~。考えられない~。

立っちゃってる、もそうだけど。
もう~、最近は自分の思うようにならないとギャンギャン泣いて泣いて、うるさいうるさい。
朝、夫がゴミ出しに行ったときに近所の人に”お子さんの声聞こえますよー。”って言われたらしいです。
私も、たまに放っておきますからね。ヘヘへ。
なんか”相当イタそう”とか”寂しい”とかで泣いているときには、そばに行くようにしているけど、それ以外でケンカしてオモチャ取られて泣いてるくらいじゃ放っておきます。
”わああ~ん。”ぐらいならまだOK!それが”ぎゃあああああ~~!”って泣いたときには行く、みたいな。
”ぎゃあああああ~~!”ってときには、噛みつかれていることが多いですね。うーやんの場合は髪の毛を引っ張られたとか。
寂しいときは、”ふえええ。”って泣くというか愚図るのでなんとなくわかります。

子供は泣くことで、何かを訴えるというのはわかるけど。ん~、うるさい。
うーやんは、”ないないないないない。”っていうようになりました。別に何かが”ナイ”訳ではないのですが。その言い方がすごくカワイイ。
2009.06.18 22:45 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は、写真館へ行ってきました。生まれてから、ちゃんとした写真撮ってなくて、もうすぐ1歳ですから…。割引券ももらったし、ということで。
チェーンの写真なのですが、割引券には”事前に予約を入れてください”の文字。”どうせそんなに忙しくないだろうから当日電話しても大丈夫でしょ。”と思っていたら、
”今日は、お昼しか空いてないんですよ~。”しかも”明日は定休日です。”ナニ??そんなに混んでるの?で、お昼の予約を入れて、急いで支度をして行きました。

何着でも着られるということだったので、3着着ることにしました。1着は、家族写真。
それにしても、写真館のお姉さんたちは大変ですねえ~。写真を撮るだけだけど、あれは重労働の部類に入れていいと思います。
オモチャを駆使し、指しゃぶりをしないように常に見張り、シャッターチャンスを逃さない。…凄すぎる。
最初のウチは、お姉さんに混ざって、”こっちだよ~。”とか”お~い!”とか、声をかけてカメラの方を向かせるようにしていたけど、
だんだん、それが逆に”迷惑かな”って思うぐらいの集中力で子供をあやしてました。ハイテンションで。
お姉さんたちを見てる親も疲れました。

うーやんが撮影途中で愚図り始めてしまったんですよね。
お昼時で食事もあげてなかったし、何回も服を着たり脱いだり、あんなハイテンションで接せられたら、そりゃあ疲れるよなあ~って思ったんですけど。
一応レトルトの食事を用意しておいたのですが、それをあげながらというのは到底ムリだったので、急いでパンを買ってきて、”餌付け”しながらの撮影。
なんとか、無事撮り終えました。
そしてなんと、料金が5本の指を越えてしまいました。やっぱりふたり分は、デカイ。

赤ちゃんモデルとか、大変だろうなあ~。
2009.06.17 16:26 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやはや、のーやんには困りものです。

ウチには1畳弱のサークルがあり、大人が跨げるほどの高さのもので、まだ買ったばかりの頃は、それはそれは重宝したものでしたが。
最近では、知恵がついてきて、サークルの中にあるあらゆる”足場”を使い、サークルの外を覗き、あわよくば出てしまおうとでも思っているかのような高行動もたまに見られたり。
まあ、足場というのはオモチャが入ってる100円ショップのカゴとか、ブロックが入っているカゴとか、カゴ系なので、それを取り除けばいいという気もするのですが。
カゴがないとサークル内は”片づけられない人たち”状態で、足の踏み場がなくなってしまうのでねえ~。困っちゃいます。
この間は、食事をテーブルに運んでいたら、”ゴトン!”という音と同時にのーやんが泣き出したので何だ?と思ったら、サークルの外に落ちてしまってました。
まったくぅ~!!
うーやんは、あまりカゴなんかに登ろうとはしませんね。まだそういう考えがないだけかもしれませんが、それよりもカゴの”中”に入りたがってます。
パッとサークル内のうーやんを見ると、何でか知らないけど、カゴの中に座って和んでたりします。出すと怒ったり(汗)。よくわかんないヤツです。

またテレビの前の、段ボール及びイス型収納ボックスで作られた壁も、のーやん、破ります。
それらを適当に2段重ね(はじめは一段だったのに、月齢があがるとともに2段に。)にしてるだけなので、破られて当然といえば当然なのですが、
のーやん、上の収納ボックスを押したり引いたり。ちょっと目を離すと壁を破りテレビの上の物をあさっています。
うーやんは、自分から壁を破ろうとはしないのですが、のーやんが破ると自分も段ボールに登ろうと順番を待っています。
(そのふたりの姿が笑えるんだよねえ~。しばらく放っておいて観察するときもあります。)

それに、チャイルドシートに乗せると立っちゃったり、体をよじって嫌がったり。前まではそんなことなかったのになあ。
”ウチの子は、車に素直に乗ってくれるからラクですよー。”なんていっていたのに。撤回だな、撤回!
ベビーカーもスゴイ嫌がるし。
うーやんは、嫌がったり素直に乗ったり。気分に寄るところが大きいみたいですが、その”気分”がどんなんなのか?本人にしかわかりません。
まあ、遊び場で遊んで、遊び足りないと確実に嫌がりますね。そんなときにふたりを無理やり乗せるの、結構体力いりますよ。

さらには、ホントに数日前からなのですが、のーやん、一人乗りのベビーカーに乗せているとベビーカーの座るところの上に立ってしまうんですよね!
危なくてしょうがないです。

男の子だからかなあ~、と思うようなイタズラというかやんちゃぶり。
”ダメ!”っていうとわかるみたいで、ジーッと私の顔見るんですよね。それで、特にテレビの前のボックスを動かそうとするときは、
私がいると怒られるのわかってるから、”動かしたいんだけどなあ~。”って顔して、私の方見てるんですよね。まったく。

ホントのホントに、目が離せないです。

2009.06.16 23:08 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ふたりとも、本当に一歩、二歩、三歩、四歩…ぐらいですが、歩けるようになりました。

うーやんは、おすわり状態から自分で立っちができるので、立っちしたら、”こっちおいで。”とかいうのですが、まだ、”へえ~。”と笑って、なかなか一歩が出ません。
でも歩きたい気持ちはあるようで、”歩かせろ。”といわんばかりに私の手を取ったりすることもあります。
のーやんは、自分で立っちはできないので、少し離れたところに立たせてあげて、”おいで。”とやると私のところに来ようとします。
のーやんは、私の手を取って歩かせてもらうとかいうのがあまり好きではないのか、自分からやりたいとはあまり言いません。
うーやんが練習してると、”オレもやりたいかも~。”って感じで寄っては来るときもありますが、たいていは見てることが多いです。
…最初のウチは寄ってきてたから、”行ってもうーやんがやってるからかまってもらえない。”とあきらめてるのかな?
でも、壁伝いに歩いたりするのはのーやんの方が圧倒的に多いですね。

この間、近所の公園に連れて行って、初めてクツを履かせて歩かせてみました。
やっぱりクツを履いた状態が慣れていないために足がもつれちゃってましたね。うーやんはそれでも歩きたがっていたのですが、
のーやんは歩かないで、すぐ座っちゃってました。数歩歩いては座り、また歩かせるのですが座り。
クツの試着をした店の店員さんが、”クツを嫌がる子もいるから、家の中で履かせているお母さんもいるみたいですよ。”ということ。
ん~、うーやんものーやんも、クツ嫌いみたいだなあ~。まあ、ずっとクツを履かないで一生を終える子はいないから、平気だとは思うけど。

離乳食は、エビ、アサリをクリアしました。ハムも少しだけあげてみたけど、大丈夫そうです。
だんだん食材が増えると、バリエーションも増えますね。
…とかいいながらいつも同じようなものばかり作ってしまってます。まだまだ大きさも小さく切ってしまうんですがねえ~。イカンイカン。
野菜も食べて、魚、肉、と食べて。
なんとなく、大人の料理よりも手をかけて、栄養のバランスも良いような気がします。
子供のはちゃんとご飯、汁物、主菜、って作るけど、大人の分はかなり適当です。

大人と一緒のを食べるようになったら、”なんか急に品数減ったよね。”とかふたりに言われそう…。


2009.06.14 12:05 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、のーやんは指さしが好きです。
今まで”本”といえば、カミカミする物でしかなかったのですが、のーやん、本を”見る”ようになってきました。
まだページをめくったりするのがなかなか難しみたい、それにまだカミカミして、本が破れてしまったりしてるけど。
指を指したモノを、”それはキリン、それはウシさん。”とか教えてあげるのですが、まだそれを真似して口にするということはないです。
あ、でも昨日、バナナを指さしたので教えたら、”バ、バ、バ。”と言ってました。エライエライ。
うーやんは、のーやんがやり始めた頃にはまだやらなかったのですが、昨日あたりから指さしをやり始めました。
でも、のーやんほどじゃないですね。本が好きじゃないのかな?
のーやんが見てる本を奪い取ったりはするのですが、自分がみたいというよりも”のーやんが持ってるから”欲しいってかんじで。
でも、ふたりで”これなに?”と指さしをされると、どっちに答えればいいのか、悩みます。お母さん、ヒマなしで答えてます。

ボール投げも、のーやんはやるようになりました。
ちゃんとこっちに返してくれるんですよねえ~、うまいことに。のーやんは”投げる”ことでボールを楽しみますが、うーやんはなめて楽しみます。
なので、取り合いになってのーやんが勝つと投げて、それをまた奪い合いして、のーやんが勝つとうーやんが泣いて、また投げて奪い合いして。
うーやんが勝ってボールを奪うと、ボールをなめて誰にも渡さないので、のーやんが泣きます。
…早くキャッチボールができるようになってくれると静かになるんだけどなあ…。

ブロックは、もうずーっとふたりの遊び道具で、二つ持ってカチカチ鳴らすのが好きです。
それをやったときに、”上手に鳴らせるねえ。音が出るねえ。”なんて言っていたものだから、喜んでカチカチ鳴らしてます。
あと、ブロックが入っている箱に数個のブロックを入れて(とゆーか、他のを出して)、手でブロックを動かしてガラガラと箱の中で鳴らす、
これはうるさいので辞めてもらいたいのですが、飽きずにやってます。

まだまだ小さいクセに、”好きなブロック”があるんですよねえ。
別にどれでも一緒じゃん!と思うのですが、たくさん入っているブロックの箱の中から、”コレじゃない、コレじゃない”と選り好みしたりして。
なんか、その選んでる姿が妙に笑える。結局カチカチ鳴らしたりなめたりするだけなのにね。

お好きなモノは見つかりました?


2009.06.11 10:35 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
食べるの、うーやんは圧倒的に遅いです。
離乳食を食べるのも、のんびり。そして、口にものが入っているときには絶対といっていいぐらい頑固に口を開けません。
ヨダレが、うーやん、全然出ないんですよね。なので、飲み込んだりするのにけっこう苦労してるんじゃないか?と思うのですが。
のーやんは、30分でよだれかけがびちょびちょになるぐらい、ヨダレの垂れ流し状態。
だからなのか、食べるのも早いです。
昨日あたりから、風邪で喉が痛いのか、粒状の離乳食を嫌がってベーッと出してしまうようになってしまいましたが、
基本、よく食べ、スプーンを口に持っていくと、口に入ってても開けてくれます(口に頬張りすぎてベーッと出すこともあり)。

まだ離乳食を始めた頃、赤ちゃんセンベイをあげたら、ヨダレが良く出るのーやんは、ヨダレでセンベイがふやけるのか、すぐ終わってしまう。
でも、うーやんは、食べるのも遅いし、いつまでも口に入れてるし、何でか知らないけど、キョロキョロしてるしで、
のーやんが食べ終わってるのに、うーやんはまだ3分の2ぐらいしか食べてないってことがよくあったんです。
そのころは、まだよくわかってなかったので、うーやんが持っているセンベイを半分折って、のーやんにあげたりしていたのですが。

ここのところ、うーやん、食べ方もうまくなって、のーやんが食べ終わる頃に半分から3分の1ぐらい終わっているぐらいに成長。
でも、のーやんは、自分が終わってしまってるから、うーやんのセンベイをもらおうとうーやんに手を出すんですよね。
以前は、うーやんが”ぎゃあ~。”と泣いて、取られてしまうケースが多かったのですが、
昨日!
センベイを取りに来た!とうーやん、思ったのか、”いやああ~。”と声を出して首を振ってセンベイを持っている手を振って阻止!
そして、急いで大きい欠片のまま、口に入れてしまいました。
その一連の動作がめちゃめちゃ面白かった!ビデオ取りたかったなあ~。
なんだ、うーやん、普段チビチビ食べてるクセに。ちゃんと大きい欠片でも食べられるんじゃん。
そして、2枚目。うーやんにあげたセンベイが割れてしまったので、片割れを私が持っていたのですが、
うーやん、その片割れを見て、”早く食べればもらえる。”と思ったようで、急いで自分の持っているセンベイを頬張ったのでした。

うーやん、コミカルすぎるぞ。
2009.06.09 11:12 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オモチャの取り合い、最初のうちは取り合う程度だったのが、だんだん激化してきて、噛みついたり髪の毛を引っ張ったり。
うーやんは、”わあ!”と声を出して威嚇したり。そしてオモチャを取られると大泣きしたり。
全く困ったモノですが。

この頃の特徴なんでしょうかねえ~、噛みつくのは。これにはホントに困ってます。
のーやん、私によく噛みつきます。加減を知らないからけっこうイタイんですよね。”イタイっていってるでしょ?!”と、けっこうマジに怒っちゃいます。
うーやんも、この間のーやんに噛みついて歯形つけてたし。

昨日は、うーやんに噛みつかれ、”イタイ!”と思って噛まれた痕を見たら若干の血が…。薄いけど服の上から噛んだのに。これじゃあ歯形がつくわけだよ~。
そして、お風呂上がりにマグマグで麦茶をあげたのですが、飲み終わってしばらくマグマグのストローを噛んでたんですね。
ストロー噛みはふたりとも大好きで、カミカミしてるヤツを取り上げるとものすごい勢いで泣きじゃくります。
そいで、例によって取り上げて、でもまだ口をモグモグさせていたんです。うーやん。
”何を口に入れてるの?!”と、調べてみると、なんとストローの破片!
おそろしや、うーやん、ストローを噛みきってました。

敵にまわすとコワイぞ、のーやん。気をつけろ!
2009.06.08 22:08 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちょっとのーやん、ビビリ過ぎです。
先日、ホームセンターのペットコーナーでイヌとかネコをガラス越しに見せたのですが、そんなガラス越しでも、”ひぃ、ひぃ。”と怖がってました。
大丈夫かなあ~、のーやん。
うーやんは全然平気なんですよね。
ウチの近所のネコがひなたぼっこしていたら、しばらく見ていたと思ったらずんずんと近づいて、ネコの背中をわしづかみ。
噛まれたら困るので、”ダメ!”と急いで離したのですが、ネコって意外と子供には優しいんですよね。
ちょっと迷惑そうだったけど、フーとも何とも言わずに寝てました。
私の実家のネコにも”キャハハ。”と嬉しそうに近づいていって、逆にネコがすたこらさっさと逃げていく始末。
のーやんは、興味はあるけどコワイみたいです。

車で少し行ったところに、花壇がきれいに整備されているところに行って、”お花だよ~。キレイだねえ。”というと、
うーやんは、ニコ~ッと笑います。
それに引き替えのーやん、終始ブス~ッとしたまま。”オレ、花には興味ないし。”とか思ってるのか?
まあ男だから、興味の対象ではないのかな?”キレイ。”と思うよりも”何なんだ?コレは。”的な感じで手を出してました。

ふたりとも、一体どんな子に成長するんだろう??
ちょっと心配だけど楽しみです。
2009.06.07 18:21 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子供がいなかったときと、いる今。
生活のすべてが、といっていいぐらいになにからなにまで変わっています。
その変わった一つが、天気。いないときには考えられないぐらい、天気のことが気になります。
明日は晴れか?晴れなら洗濯物が干せるから、バスタオル(遊び場の下に敷いてある)を洗おうかな、とか。
着るモノも考えないといけないので、夜、お風呂に入れる前にタンスの前で肌着を入れたり出したり。
朝は寒いけど昼間は暑くなるから、タンクトップに半袖の肌着を着せよう、とか。朝も昼も気温が変わらないからちょっと厚手の長袖だな、とか。
ここんとこ、天気が暑かったり寒かったりなので、テレビの天気予報は必ずチェックですよ。

それでもやっぱり、鼻水が出始めて、それがなかなか治らないので、かぜ薬(シロップ)をあげるように。
2月に風邪をひいたときにあげたときよりも、飲み方がうまくなってるぅ。こぼさずに飲めるし、のーやんは”ズーッ。”とすすって飲むんですよ。
”こぼすのもったいない!”って思ってる感じで。酒飲みのオヤジみたい。笑える。
飲ませはじめて3日ぐらいかなあ、経つのですが、昨日あたりからのーやんが咳が出るようになってしまいました。
病院行かないとヤバイかな。

そいで、いつも離乳食の後に薬をあげるのですが、ふたりが食べ終わった後に薬の瓶を持ってきてあげるんですね。
で、瓶を持ってくるとうーやんものーやんも、瓶を凝視。
”飲みたい?飲む?”なんて言いながら瓶を見せると、のーやんはイスの上で立ちながらダンス。うーやんも”へえ~。”と満面の笑み。
このダンスと笑みを見てしまうと、思わず”風邪が治ってもあげちゃおっかなあ~。”と思っちゃいます。

そして一昨日いつもあげているバナナを、”バナナだよ、バナナ。”と言いながらあげたら、のーやんが”バ、バ、バ。”と真似して言いました!
めちゃめちゃ親バカで、”言ったよ!言った!”と思って、もう一度言わせようと何度も”バナナ。”を繰り返したのですが、1回だけでしたねえ。
そしたら今度は、昨日、うーやんが”バ、バ、バ。”と言ったんです!
でも、それも1回だけ……。

まあそんなに早くはムリだろう、とは思いつつ。
真似して声を出してくれるとすごーく嬉しい!
2009.06.05 23:36 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつも、うーやんのーやんの離乳食が終わった後に、大人が夕食を食べます。そのときにはふたりをサークルの中に入れておきます。
私たちの食事をテーブルに運ぶと、”今日は何食べるの?”とチェックするように、サークルからのぞき込むのですが。
その後、ふたりが食べられそうな豆腐とかトマトなどがあるときには、サークル越しにエサやり(?)。
ある程度納得すると、それぞれオモチャで遊び始めます。
それが、ふたり一緒にサークル越しに来てくれて、同時間ぐらいにオモチャで遊び始めるとイイのですが、それがずれてしまうとちょっとした騒動になるのです。
なぜか?というと、ひとりがサークルの縁近くで座り込んでしまうと、もう一人が来ると踏んでしまうんです。
そして、なぜかそれはうーやんがのーやんに踏まれるケースが圧倒的に多いのですが。
うーやんも気が済んだら、もっとサークルの真ん中あたりで遊んでくれればいいのに~。私がいる近くのところで落ち着いちゃうもんで、後から来たのーやんに踏まれることになるんだよ。
のーやんも、”うーやんがいるから。”なんて、気を遣ってないですからね。思いっきり踏んでます。
で、うーやんがギャンギャン泣いて、ご飯を早く食べるか、そそくさと食事を撤収させるか、になるわけです。

昨夜も、またうーやんが泣かされ、しかもふたりがそれぞれ遊んでいるときに、何を思ったのかのーやん、突然うーやんの上に乗り始め。
多分、のーやん的にはスキンシップしようとしたのだろうけど、うーやんにとってはただの迷惑だったみたいで、
しかもうーやんが泣いても懲りずに乗っかり続けたために、夫が仲裁に。

その後、うーやん、よほどのーやんのことが気に入らなかったのか反撃に。
サークルのゲートを開けた後、ふたりでテレビの前に陣取っているとき、”ぎゃあ~!”というのーやんの声にビックリして見たら、
のーやんの右の手首のところに歯形が。しかもかなりクッキリ。のーやん大泣きですよ。
そして、いつもうーやんが先にお風呂にはいると、後からのーやんが出てきたときにすごく喜ぶのに、今回はムシ!
”のーやんが(お風呂から)帰ってきたよ。”といっても、ムシ!!
私がお風呂に入っていたときも、うーやんはのーやんを噛んだらしく、のーやんのヒジのところにも歯形がついてました。

そういえば、今日もまだふたり、絡んで遊んでないなあ~。早くも亀裂が生まれてしまったのか??
仲良くしておくれよ、うーやん、のーやん。
2009.06.04 14:31 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実家へ行ったり来たりしているうちに、うーやんのーやん、鼻風邪をひいてしまってます。
ずっと朝方寒かったり、何となく肌寒かったりする日が続きましたからねえ~。昼間もなんとなく窓を開けてしまっていたり。
早く良くなってほしいなあ~。

そして、うーやんのーやん、立っちが上手になってきました。
はじめはうーやんが積極的に立っちをして、自分で拍手をして自画自賛したりして喜んでいて、のーやんは全然立っちしようとしていなかったのですが、
ここ数日で、のーやんが手を出してきて、”歩かせろ。”とせがむようになってきました。
昨日なんか、昼夜で部屋を何往復しただろう??”もう止めない?”と手を離そうとしても離してくれないんですよね。
”じゃあ、自分で立っちしてみなよ。”とムリに離すと、”ふえええええ~~!”と反論、ヒドイと泣かれるし。
うーやんは、”歩きたい”というよりも立っちするのが楽しいみたいですね。立てると”上手だねえ。”なんて褒めたりするから、それが嬉しいのか?
うーやんの方が歩き出すのが先かもしれない、なんて思っていたけど、もしかしたらのーやんの方が先かもしれないな。
まあ、どっちが先でも良いけど……。これからの大変さを考えるとアタマがイタイ。

昨日は、またまた近所のデパートへ行ってきたのですが、そこで先客がひと組、男の子の兄弟が遊んでいたんですね。
”まあひと組だけだからイイか。”と一緒に遊ばせてもらったのですが、お兄ちゃんの方が、さすが弟がいるからか、とっても面倒見が良くてビックリしました。
自分の持っているオモチャをうーやんに貸してあげたり。弟くんのほうは、オモチャを取られると取り返そうとしていたのですが。
上の子、下の子で、やっぱり違うのかなあ。
うーやんは、けっこう積極的に兄弟くんのところで遊んでいたりしたのですが、のーやんは全然動かないで、私のそばに。
移動しても、兄弟くんたちのところに行くというよりも自分の好きな場所へ移動したり、遊び場の積木みたいなので遊んだり。
だんだん慣れてきたら少しずつ仲間にはいるようになったけど、”うーやんのーやん、随分違うなあ。”と思ったのでした。

その兄弟くんのお母さんが、最初はすごく印象の良い方だったのですが、話を聞いていると、
”双子は育てるのがラクですよ。”を連発。なにしろ、そのお母さんがいうには”下の子ができたら、上の子が赤ちゃん返りしちゃって大変だった。”とか、
”うちは学年が3つ違いだから、学校に行くようになると入学と卒業が重なっちゃってお金がかかって大変。だけど双子は1回だから良いですね。”だそうです。
……オマエ、双子を育てたことあるのかよ!!その上で比べて言ってるなら別に良いけど、ふたりの男の子しか育てたことないだろ!!
赤ちゃん返りとふたりの子を一度に育てるのと、一緒にすんじゃねえ!!!
お金のかかり方だって、双子の方が大変だろ!兄弟なら服とか靴とかおさがり使ったりできるけど、双子は何でも一度に揃えないといけないんだぞ!
入学と卒業が重なるって、中学と高校だけだろ?!双子なんかずーっとだぞ!ずーっと!!

というように、双子を連れていると、”大変ねえ。”と言ってくれる方と”大変だけど一度に育っちゃうからラクよ。”という方がいます。
私としては、”双子も大変。兄弟がいるのも大変。もちろん一人でも大変。”と思っているし、ある面”一人よりはラクかな。”と思える部分もあるので
何を言われても”そうですね。”と言えるのですが、”~と比べて双子はラク。”とか、”ラクだな。”と思っている部分だけをピックアップされて、”ラクだ。”と言われても、
”それは違うだろ。”と思っちゃいます。
……けっこうカチンときたので、ストレスを発散させていただきました。
2009.06.03 11:36 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
28日から昨日まで、夫が仕事やら結婚式やらで家を留守にするために、私たちが実家に帰ったり母がこっちへ手伝いに来てくれたりで、バタバタでした。

うーやんのーやん、だんだんいろんなことがわかるようになってきて、夜なかなか寝付けなかったり寝ても目が覚めてしまったり。昼寝もできなかったり。
彼らは彼らなりに気を遣うようになってきたみたいです。
また、やはり母が世話をしてくれると少なからず私たちのやり方と違うため、それが慣れないような感じもあったり。
まあ、それはやり方云々だけではないモノもあるけれど。
今の時期は言ってわかるような年でもないし、でもだんだんたくさんのことをわかり始める時期でもあるので、
”できれば夫には家にいてもらって普段通りの生活をしてもらえると助かるんだけど。”と思っちゃいますねえ。

というのは、寝かしつけもそうだけど、お風呂!
これは、いつも夫に任せているため、たまに私が入れたりすると、やっぱりふたりとも緊張するみたいです。
やり方も違うだろうしねえ~。
実家に帰ったときに私が入れたのですが、お風呂用のイスがなかったこともあり、ふたりを立たせて頭を洗ったり体を洗ったり。
うーやんは、立たされているのが不安だったみたいで、お風呂も違うしで、すごく挙動不審にキョロキョロ。
しかも母が、お尻がウンチで汚れているにも関わらずお風呂に連れてきてしまったため、私も慌ててお尻を洗ったり、頭からお湯をかけたりしたので、ギャンギャン泣き。
体も洗い終わって湯船につかっても、ギャンギャン泣きは収まらず。
それを教訓に、のーやんには絶えず”大丈夫だよ~。”声をかけて、頭からお湯をかけるときもそーっとそーっとやったために、”ヒンヒン。”ぐらいで済みました。
一昨日、母が家に手伝いに来てくれたときには、母がお風呂に入れてくれたのですが、今度もやっぱりうーやんギャン泣き。のーやんはグズグズ言っていたみたいで、
すぐにお風呂から上がってしまいました。
昨日は昨日で、夫の帰りが遅いために母がまだ帰らない間にシャワーに入れたのですが、それもうーやんは挙動不審でした。
夫が入れるときには、全然といっていいぐらい泣かないので、”やっぱり慣れた人が入れないとねえ~。”と思うのでした。
今日も夫は帰りが遅いんだよな…。でも、昨日ほどじゃないから待ってることにします。
これでまた私が入れたら、お風呂キライになりそうだし…。私もヘコむし…。

私の場合は夫がお風呂に入れてくれるのでとても助かってますが、旦那さんの帰りが遅いとかでお母さんが入れなくてはいけないお家なんかは大変だなあと思いますね。
お風呂入れるのってかなりの重労働(入れるだけじゃなくて着替えとかもありますからね)だし、それが”×2”でしょう?
一人を入れている間、もう一人のことが気にかかるし。

昼寝は、実家にいたときには、人がいたりすると嬉しいみたいで眠れなくて、でも誰もいなくなるとスーッと寝入ったりして。人がいると気を遣うのかなと思ったのですが、
家にいるときは、母がいても、私が添い寝してあげて母は静かにしてくれたら寝てくれました。家にいるってことで安心してくれてたんですね。

もうすぐ1歳だもんね。と思いつつ。
家にいること、家じゃないところにいること、人がいること、そういうことまで、しっかり考えられるようになってきているんだってことが嬉しかった、そして少し疲れた数日でした。
2009.06.01 11:05 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。