おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中のおやつに卵ボーロをあげました。

うーやん、なかなか欲深なヤツで、一つのお皿に二人分を用意すると
全部”自分のモノ!”みたいにのーやんにあげようとしないんですよね。
まあ、のーやんは食べるのが早いけど、うーやんは遅いので、
自分のペースで食べたいっていうのもあるのかもしれませんが。
お風呂のあとにごほうびをかねて喉の潤しのためにイチゴやゼリーをあげているのですが、
イチゴを一つのお皿に入れて、”はい。”と手渡ししていたら、
うーやん、それが気に入らなかったのか、イチゴを拒否!
前々から、イチゴをあげているとうーやんが”私のイチゴ!”って感じで
のーやんを押したりしていたので気になってはいたのですが、まさか拒否するとは・・・。
それで、なんでもいちいち別々のお皿を用意するように。

で、今日。
いつもはのーやんが先に食べ終えて、うーやんのモノを奪うというパターンだったのですが、
今日は、なぜかうーやんが先に食べ終えてしまいました。
で、のーやんのお皿にはまだ3粒ほどの卵ボーロが。
それをめざとく見つけたうーやんが、卵ボーロを奪いに行くと、
のーやんは”いやああああ~。”と、お皿を死守。
パッと見たら卵ボーロがなかったので、うーやんが略奪に成功したのか?と思ったら
のーやんの方が一枚上手で、3つ、自分の手に持ってました。
獲物を逃して悔しがるうーやん・・・。ふと下を見たら卵ボーロが落ちていたので、
うーやんに”ほら、あったよ。”と渡してあげました。

すると、うーやん、”ふふ。”と嬉しそう。
しかしうーやん、ハッと気がついてのーやんの方を確認、”まだバレてない。”
・・・と思ったのかどうかはわかりませんが、卵ボーロを手の中に隠して
廊下の方へ歩いて行ってしまいました。そして、廊下を行ったり来たり。
私の方を見てニッと笑ったり、ボーロのにおいを嗅いでみたり、
口に入れる素振りをしてやめてみたり。”早く食べないとのーやんに獲られるよ。”
それでも廊下を2往復くらいしてから、影に隠れて食べてました。

行動が単純すぎるぞ、うーやん。
まったく、コミカルなヤツだ。
スポンサーサイト
チャックで閉じられているオモチャがあります。
(そういえば、チャックっていうの、もう古いのかな?・・・)
しかしまだ、うーやんものーやんもチャックを開けることができません。
しかしそのオモチャ、二人ともけっこうお気に入り。

そんなとき・・・。
うーやんは、”うわああ~。”と叫びます。
チャックを開けて欲しいときだけでなく、何かのふたを開けて欲しいときや
音の出るオモチャのスイッチをつけて欲しいとき。
なにか要求するときには必ず叫びます。
以前は、半泣き状態だったので”一体何があったのか?ケンカか?”と
心配して”何したの?”なんて聞いていたけど、”なんだよ、開けてほしいのかよ!”と、
”そういうときは泣かないで、開けて(つけて)って言えばいいでしょ?”
と何度もいうのですが、うーやん、かたくなに叫ぶだけです。
”パンパカパンツ♪”は言えるクセになぜ”あけて”が言えないんだ?!
そんなに頼むのがイヤなのか???
そういえば、食品保存用のタッパに入っていたオモチャが取れない、と
”ふたを開けろ!”と泣いていたけど、最近自力で開けられるようになったなあ。
”頼まなキャならないくらいなら自分でやってやるぅ!”とか思ったのかな?

そしてのーやん。
最初は”あ~!あ~!”とオモチャを持って情けない顔で寄ってくるのですが、
その後、のーやんは可愛いヤツで、
”そういうときは開けてっていうんでしょ?”というと、
”…って~。”といいます。「開け」とか「つけ」の部分がまだ言えないみたい。
それがまた言い方がカワイイんですよね~。
なんか、気持ち上目遣いで”お願いちまちゅ。”みたいな顔して。
で、開けてあげると”へへ~。”と笑います。
”はい、どうぞ。開けたよ。”というと、”はい、どーじょ。”
…ココは”ありがとう”だぞ、のーやん。まだ真似することしかできません。
うーやんのーやんのお友達だいちゃんが家に遊びに来てくれました。

以前、広場で遊んでいるときにそのだいちゃんのお母さんから声をかけてもらって、
だいちゃんとうーやんのーやんの誕生日も近いことから
いろいろと、育児についてアドバイスをしてもらったり様子を聞いたりさせてもらったり。
いつもお世話になっているので、新しい家のお披露目をかねて、
だいちゃんのお友達の別の双子ちゃんたちも呼んでもらって、遊びに来てもらいました。

いきなり、双子ちゃんが玄関入ってきてくれない、というアクシデント。
そ、そんなに警戒しなくても・・・。
だいちゃんは、慣れない場所だからか?お母さんにベッタリ。
”いつもこうだから困っちゃう。”そうで、だいちゃんは恥ずかしがり屋さんです。
しかし、やはり多胎児パワーというのか、
双子ちゃんの方は、まごついたのは最初だけ。あとはオモチャで遊ぶ遊ぶ。
その双子ちゃんも男女の双子だったのですが、
男の子はブロックが好きだそうで、ずっとブロックで遊んでました。
うーやんのーやんも、人見知りはしないし、
人のお宅にお邪魔しても我が家のような振る舞いだし、
なんというか、ふたりいるから気が大きくなる(安心する)んでしょうかねえ??

”お友達”とはいっても、いつも遊んでるわけではないので
みんな好き勝手に遊んでました。
オモチャの取り合いもなく、一安心。
数時間後、帰るということで、みんなで”バイバ~イ。”
恥ずかしがり屋の子にありがちである”帰る頃になれてきた”だいちゃんも
笑顔で”バイバ~イ。”
すると、のーやんと双子ちゃんの男の子が笑顔でハイタッチ!
なんなの??
双子の男の子同士、特別な友情が生まれたのか??

そういえば、双子ちゃんの女の子の方もかなりワガママ娘らしく、
そのお母さん曰く”我が家のドキンちゃん”だそうで。
女の子の方が積極的で、男の子はその後に続くそうなんです。
ひょっとしたら、そんな勝ち気な相方を持つ身、
通ずるモノがあったのかもしれない・・・とか思う母なのでした。

久々に晴れた。
ずっと家の中とか家の前とか、そんなところでしか遊ばせてあげられなかったので、
今日は公園へ。・・ってか、晴れたときは公園だけど。

公園には、幼稚園生があふれかえってました。
どうやら遠足に来ている様子。・・・しかも2校・・・。
それなりにばらけてはいるし、うーやんのーやんが遊べない遊具もあるので
まあせっかく来たことだし、と思って遊ばせました。
ふたりが好きなすべり台には、幼稚園生がイッパイ。
だけどふたりとも、そんなことは気にせずに果敢によじ登ってました。

女の子は、”赤ちゃんだ!”とかいって、気を遣ってくれるのですが、
男の子は全然気にしない、というか気持ち邪魔者的な感じで、
自分よりも小さい子がいることをまったく気にしてないんですよね。
まあ、全部がそう、というわけではないけれど、
”上の子が女の子だと子守とか手伝ってくれるけど、男の子だと・・・。”
という世のお母さん方の嘆き(?)はそういうことか、と実感。

うーやんのーやんが普段遊べない、ロープでできた塔があるのですが、
幼稚園生が塔を登って遊んでいるのを見たふたり、特にうーやんが
それに登りたがってました。何度か挑戦してましたが・・・。

ゴム板でできたトランポリンがあって、それでうーやんのーやん、遊んでいたら、
幼稚園生が来て、ポンポン跳ねる跳ねる。
のーやんは、それがイヤだったみたいで、愚図り始め。
でも、うーやんは”おぉ、おぉ。”とかいって、それなりに楽しんでいる様子。
そのうち幼稚園生も増えてきて、数人の女の子がうーやんに近づくと、
うーやんがニコっ。
その笑顔が幼稚園生には嬉しかったらしく、”カワイイ~。”と、
その子のグループの中で、うーやんが人気者に。
うーやんも全然人見知りしないで、素直に遊ばれてるもんだから
私もしばらく見守ってました。のーやんが愚図っていたので助かりました~。

うーやんは、意外とお姉ちゃんに人気があるのか?
この間支援センターに行ったときにもなぜか一人のお姉ちゃんに遊ばれてました。
そのお姉ちゃんは、姉妹できていたらしいのですが、妹には知らんぷり。
多分ママを妹にとられたような気がして寂しいのかなあ~、とも思ったのですが。

まあ、とにかく人見知りしないうーやんでヨカッタ。
うちには、「せんせい」という磁石で描くやつがあります。
うーやんは、殴り書きが好きでよくそれで遊んでいるのですが、
”こえ、こえ。はいどーじょ。”と、何か書いてくれとせがまれます。
なにせ絵を描くのが苦手なアタシ。
”子どもができたらアンパンマンぐらいは描けるようになっておいた方がイイよ。”
というアドバイスを受けていたので、いつも描くのはアンパンマン。
でも、うーやんものーやんも喜ぶんですよね。
調子に乗って、描けるレパートリーを増やし、イヌ、ネコ、ゾウなど・・。
それなりに描けば、”わんわん、にゃあ~。”とか
ちゃんとわかってくれるもんなんだなあ~と一安心。

それでさらに天狗になって、バイキンマンとドキンちゃんを練習。
これもクリア。そして今度は
カレーパンマン、しょくぱんマン、メロンパンナちゃんへステップアップ。
しょくぱんマンは、ヘタをするとホラーマンになってしまうんですよね。
しかし、うーやんのーやんはまだホラーマンを知らないためにギリギリ気味のクリア。
カレーパンマンは、輪郭がすごく難しいんですよね。
夫も、”カレーパンマンは難しい。”と自主練習。
私自身は、私のカレーパンマンの方が上手いと思っているのですが、
夫は、”オレのは実物に忠実に書いてるから上手い。”といってききません。

”じゃあカレーパンマン書いて、うーやんのーやんに見せてみれば?”と提案。
よし、と夫。さっそく書いて、”これだ~れだ?”とのーやんに聞くと。
”な~んだ、コエ?”を連発。
うーやんに聞いても、”な~んだ、コエ?”という答え。
残念ながら、カレーパンマンと認識してもらえなかったようです。
私が描くと、ちゃんとカレーパンマンとわかってくれて、
”これ誰だ?”なんて聞かなくても、カレーパンマンの人形を持ってくるんですよ。

子どもは正直だなあ~。
お風呂から順番に出すとき。
のーやんが先に出る場合はいいのですが、うーやん。
彼女は、最近”かまって病”みたいのがひどくて、
先にうーやんを着替えさせて、その後にのーやんを迎えに風呂場まで
行こうとすると泣くんですよね。泣くというか拗ねるというか。
なので、”じゃあ一緒に行こう。”と一緒に連れて行くのですが、
それでも、のーやんを拭いてる間とか抱いて移動させたりする時とか
泣いちゃうんですよね。
それじゃあ、と、風呂場から居間へ連れてくるときにふたりを抱っこするように。

で、抱っこしたときに脱衣場にある鏡を見させて、
”あ!うーやんだ。のーやんだ!”などとすこし鏡で遊ばせるんですが。
ふたりを抱っこしてるときに、
”たあやんにチュ~して。”というと、ふたりとも”ちゅ~。”
”じゃあ、うーやんとのーやんとでチュ~は?”というと、
のーやんは乗り気で”ちゅ~。”とやるのですが、うーやんは顔を背けて拒否!
でも、彼女の様子だと、”イヤ”というよりも恥ずかしいみたいな感じです。

うーやんが嫌がるのがほとんどなんですが、
そんなときは、ふたりがオモチャの取り合いとかケンカしたときが多いですね。
のーやんも、”チュ~は?”と言っても知らん顔してるときもありますし。

特にケンカなどせずに平穏に終わったときにはチュ~とかしてます。

でもだんだんと、うーやん、チュ~を要求されるのがイヤになってきたのか
自分が着替え終わったあとはテレビを見たりして
のーやんを風呂場までお迎えに行かない日が出始めました。
”行きたいけどさ~・・・チュ~してとか言われるのがイヤなんだよね。”
なんてぼやきが聞こえてきそう・・・。

ふたり抱っこせずに済むので”しめしめ。”とほくそ笑む母親なのでした。
でも、チュ~するかしないか?うーやんが拒否する姿を見るのは楽しいんだけどね。
この間、デパートに出かけたときに絵本を数冊買ってきました。
なかなかねえ~・・・。
自分自身のこだわりとして、中身(ってゆーか絵)を確認して買いたいっていうのがあるので
ついつい子どもを待たせて愚図られてしまうんですよね。
今のところは、ふたりとも絵本の話には全然ノッてこないので
指さしができるように写真のモノと、短い文の絵本を買うようにしています。

今回は、トーマスの本とムシの本を買いました。
トーマスは、お古のトーマスのおもちゃとDVDがあるので
より楽しめるように、そして親としては機関車の名前がわかるように。
買ってきてそうそう、ふたりとも絵本に食い付いてくれました。
やっぱり見たことがあるから、馴染みがあるんでしょうねえ。
”お!コイツ、見たことあるやつじゃん。”って感じで。
でも機関車たちの紹介的な本なので内容があまりなく
しかも、指さしできるような脇役(ネコとか)も少ないので
だんだん見る回数も減ってきてます(涙)。

そしてムシの本。これが・・・。
指さし用の絵本やカードなんかにムシが出てきたりしてるのですが、
うーやんものーやんも実物を見たことがないはずなんですよね。
去年の秋頃には公園なんか行っていたけど、
なにせ私がムシ大嫌い人間なので、なるべく触れないようにしてましたし。
でも、いつまでもムシを無視するわけにもいかず。
これから春に向かって、散歩なんかしたりしたら必ず出くわしてしまうだろうし。
しかも確実に”あい!”とか渡させれるだろうし。
おお~~~~~!!!考えただけでもオソロシイ!!背筋が寒い・・・。
・・・で、本題。
やっぱりムシの絵を見ても、”ふえ?”てなもんだと思うので
せめて写真で見せてあげようとムシの本を探したのですが。
私が見たデパートではあまりムシの写真の載ってる絵本がなかったんですよね。
カブトムシだけとかっていうのはあったんだけど、
できればムシ全体を網羅してくれてるとありがたいと思ってそういうのを探したのですが
なかなかない。
ん~。ムシはママさん方には不人気なのだろうか?あえて買うこともないか、みたいな。
あんまり見たくないしね、実際・・・。
それで、「ペット」っていう感じで、いろんな生き物が載ってる図鑑みたいのがあって
パラパラとめくったら、ウサギとか犬とかも載ってるし、
クワガタとかカブトムシが載っていたので、”これなら。”と買ってみました。

でもねえ・・・。
やっぱり親が好きじゃないと、ダメですね。
まず私が本を開こうとしないから、子どもも本が視界に入ってないんですよね。
”これじゃあイカン!”と、決死の思いで開いて見せてみるのですが、
ウサギとかは”カワイねえ!”でいいのですが、だんだんムシのページになってくると
”うわあ!気持ち悪いねえ!”とか”ひえええ!”とかいって
ページを早くめくってしまうもんだから、子どもも興味が失せてる様子。
・・・ヤ、ヤバイ。私が見せたら思いっきり逆効果じゃん・・・。
さらに失敗したことに、それはペットとしての生き物の紹介本。
カメとかも載ってるのはいいのですが、ギザギザのついた珍しいカメが大きい写真で
メジャーなミドリガメが隅っこに小さく載ってるのです。
これじゃあ、うーやんのーやんが勘違いしてしまうんじゃないのか?!
と、激しく不安です。

もう1冊、ムシが絵と写真で載っていたので中身もよく確認しないで買った本には
”ダンゴムシが丸くなる様子”が3枚ぐらいの写真で紹介されていて、
夫とふたりで”なにこれ~!足がムニムニたくさんあって気持ち悪~い!”と
すぐ閉じてしまいました。
この間子どもたちと見たけど・・・ちょ、直視できん・・・・。
結局子どもの前でも”気持ち悪いね~。”って言っちゃうし。

もう、ムリしてムシの絵本は買わないにしよう。
多分ココの地方でしかやっていないCMだと思うのですが、
毎日夜8時前にやるCMがあります。
ブタ数匹が”パンパカパンツ、パンパカパンツ♪”と
パンツを上手にはけたとか歌う歌があって、
うーやん、その歌が大好きなんですよね。
そのCMが始まると、ニタ~っと笑って、”始まった!”と嬉しそう。
そしてなぜか、お腹をポンポンを叩くんです。

今まで何回かそのCMを見て、私の頭に残ってしまって
ナニゲに”パンパカパンツ♪”とか歌っていたんですよね。
多分、それをうーやんが聞いていて好きになったのかなあと思うんですが。

お風呂に入る前、浴室の前でスタンバってるときも
”パンパカパンツ♪”と歌ってお腹をポンポン叩いたりしてるときもあったり
お風呂の中から歌ってるのが聞こえてきたり。
よほど気に入ってるみたいです。

うーやんはテレビが好き、というかテレビで流れてくる歌が好きで、
ケロロ軍曹の歌も好きです。
自分が好きなテレビ番組のチャンネルを変えられると泣いて訴えます。
まったく・・・。今からこんなテレビ好きで大丈夫なのだろうか?

まあ、テレビのCMとかの歌とかって口ずさみやすいしわかりやすいし、
それよりも親がふたりしてテレビ好きだから、仕方ないんですけどね。
テレビなどに限らず、うーやんは歌が好きで
何か歌を歌ってあげたりすると、自分も歌おうとしたり体を横に揺らしたりします。
今日は、”月が~出た出た~~♪”とのーやんに歌ってあげていたら
うーやんは少し離れたイスに立っていたのに、喜んで体を揺らしてました。

のーやんは、テレビに特に執着はないみたいで、
テレビを見るよりもオモチャで遊んだりしてる方が多いです。
CMの真似とか歌なんかは、うーやんのを見て覚える感じです。

のーやんは、物差しゲームが好きで
食べ物のカードや布のオモチャなどをランダムに並べて
”リンゴはどれ?”とか”ライオンはどれ?”とか質問すると
ちゃんと正解をたたき出してくれます。
かなり神経を集中させてる様子なので、そう長くは出来ないんですけどね。
”この子、ひょっとして天才?!”とか親バカ思想炸裂してます。
うーやんは、そういうことにはあまり興味がないみたいで
勝手にカードを”あい、あい!”と渡してきて邪魔(?)します。

それぞれ、興味の対象が違っておもしろいなあと思います。
クルマで30分ほどの所にキレイに整備された公園があって、
そこには遊具も結構あるので、よく連れて行っていたのですが。
昼寝が午後1回だけになってからはご無沙汰。
クルマで帰ってくる途中で寝てしまうんですよね・・・。
そうすると午後に寝なくなってしまうので、行かなくなってしまったのです。

でも今日は、ポカポカ陽気だし。
「おかあさんといっしょ」のCDを購入したのでそれを聞かせれば何とか!
と、久々に公園へ。
いつも行く公園の前を通り過ぎるとき、のーやんが”バイバ~イ。”と一言。
のーやん、行くと思っていたのかしら?
行く途中、うーやんが寝てしまいました・・・。

駐車場にクルマを止めて、テコテコと歩き出すふたり。
前までは、”コッチだってば!!””そっちは行かない!”とか
遊具のところにたどり着くまでにかなり時間がかかっていましたが、
今回は、早い!とゆーか早く感じる!
以前は効果がなかった”先にスタスタと行ってしまう作戦”も
だんだんと効果が出るようになったし。
きっと、いなくなる(見えなくなる)”ってことがどういうことなのか
わかってきたんでしょう。カワイイやつらよのう。

ふたりともすべり台が大好きです。全然怖がりません。
前に来ていたときには、すべり台の上まで行くのに手を貸さなければならず、
また滑り降りるときにも一応見ていてあげないといけなかったので
私ひとりで行ったときには、上までふたりを抱っこしてあげて、それから
ダッシュで下まで下りて、”ハイ、滑ってイイよ~。”とやってたのですが、
今回は、ひとりでちゃんとよじ登れてる!
感動~!!
のーやんは力がついてきているので、大抵はよじ登ることができるのですが、
うーやんはのーやんに比べて力がないので、登れるところと登れないところが
まだあるんですよね。でもココのは自分で一生懸命登ってました。
そういえば、ちょっと高い段差があったりすると、
うーやん、”あ~い。”と”手を貸せ”といってくるのに今回はいわなかったなあ。

そしてそこのすべり台にロープが格子状になって登れる所があって、
”さすがにそこはムリだろう~。”と、特に触れなかったのですが、
のーやんが”そこを登る!”と果敢に挑戦。
足をロープにかけるのが難しいのと、ロープが終わる上の部分で
手をかける場所が届かないので、苦戦していましたが、手を貸して登れました。
うーやんも、”じゃあ、私も!”という感じで挑戦。
やっぱりのーやんと同じように苦戦。
でもふたりとも、”降りる?”という問いかけに”イヤイヤ。”して
最後まで登り切りました。
・・・といっても3段だけど・・・。

公園に行っても、”ふたりに手を貸すことができないからなあ。”と
遊具で遊ぶことを躊躇して、いつも歩くだけだったのですが、
これからは遊具で思いっきり遊ばせてあげられそうです。

でも、ふたりで遊んでると、なんかすべり台とかでも
気持ち占領してるような・・・って思うコトもあるんですけどね。
階段とか登るのもまだまだ遅いし。
”双子だと、自分たちで遊んでくれるからラクでしょ?”とよく言われます。
まあ、二人で遊んでくれる・・・こともあります。
でも、”ラク”ということはなくて、双子な故の忙しさの方が多いわけでして・・・。
とにかく一緒に遊んでくれる時間よりもけんかの時間の方が圧倒的に多いです。

歯磨きのあとに、洗面所でうがいをする順番でケンカ。
先にうがいをした方も、ステップから降りずに狭いステップ台でケンカ。
外で遊んでも三輪車の取り合いでケンカ。
家の中で遊んでも、おもちゃの取り合いでケンカ。
・・・ったく。おもちゃなんかたくさんあるんだから、他ので遊べばいいのに
人が使っているものが欲しいんですよねえ~。
私が台所に立っていて、一人が抱きついてくると
”オレも!私も!”と、二人してすり寄ってくるし。
うーやんは、のーやんがどこかぶつけて痛がって私の所に来ようとすると
自分も(別にどこも痛くないくせに)”イチ~!”と痛がるふりして
のーやんよりも先に抱っこしてもらおうと急いで私の所へ来たりします。

今日、磁石のペンで絵が描ける「せんせい」というおもちゃで遊んでいました。
先にうーやんが遊んでいたのですが、のーやんも遊びたかったらしく
ペンを取り上げてしまいました。
うーやんは磁石の板の上に覆い被さって、のーやんが描こうとするのを阻止!
”うーやんが先に遊んでたんだからペンをうーやんに返しなさい!”
と叱るのですが、のーやんは知らん顔。何度か叱ったのですが、言うことを聞かない。
すると、うーやんがのーやんの頭を”イイ子イイ子。”となでなで。
のーやんもそれで満足したのか、すんなりとうーやんにペンを渡しました。

・・・ん~。深い・・。
”叱るだけじゃダメなんだよ~。”と、うーやんに教えてもらいました。
うーやん、えらいぞ。のーやんもえらい!

夕食の支度をしているとき、のーやんがトミカのおもちゃで遊んでいました。
うーやんも遊びたかったらしく、
とゆーか、うーやんは「一人で」遊びたかったらしく、二人でトミカを取り合い。
うーやんが私のいる台所までおもちゃを持ってきてしまいました。
当然泣きじゃくるのーやん。
うーやんは、彼女の常套手段である「覆い被さり」で、おもちゃを死守!
”二人で遊べばいいでしょ!”とうーやんからおもちゃを取り上げ、元の場所へ戻すと、
今度はうーやんが泣く始末。しばらく放っておくと、のーやんが、
トミカのおもちゃの一部を持って”はい、どじょー。”と、うーやんに手渡しました。
うーやんもそれで改心したのか、おもちゃの場所に戻って二人で遊び始めました。

・・・ん~。深い。
新生児の頃は、寝て泣いてミルク飲んでおむつ換えてもらって、というだけだった二人が
1年半経って、相手のことを考えてあげられるまでに成長してる。
私が教えなくても、しっかりとわかってる。
とゆーか、教えられてる。そんな二人の姿を見て癒される。
こんなこと、毎回毎回見られるわけじゃないけど、こんな姿が嬉しい。
のーやんは、とにかくよく動きます。
しかし、足がすこし(とゆーかだいぶ)内股なので、
転ぶ回数は、うーやんよりも圧倒的に多いです。
また小走り気味に歩くんですよねえ~。落ち着いて歩けばいいのに。
まだ転んでも手が出ないので、おでこにはキズが・・・。
そんなんで、ちょっと歩き方がヘンなので心配です。

年末、のーやんが下痢と嘔吐を繰り返し、風邪をひいてしまいました。
うーやんも下痢をしたのですが、のーやんの方がひどく・・・。
3日ぐらい症状が続いてしまい、少し痩せました。
普段はとってもよく食べてくれるんですよね、のーやん。
食べ物を口に持って行けば、とりあえず口を開けて食べてくれます。
うーやんが嫌がって食べないものも、”じゃあのーやんに。”と
あげると食べてくれ、二人分食べきってしまうこともあります。
最近はキューリの浅漬けがお気に入りで、おかわりを要求されます。
また、彼は食べるのも早いので、極端に遅いうーやんのお皿に
自分の好きなもの(キュー里とかお肉とか)が残っていると、
わざわざいすから降りて、うーやんの分を奪いに行きます。
ちゃんと自分のお皿にのせるのが可愛いんですよねえ~。
うーやんは、もともといらないものの場合は”はい、どうぞ。”と
のーやんにあげるのですが、ただ食べるのが遅いだけの場合、
”お!おお!!”と、怒ってのーやんの手を振り払おうと必死。
このやりとりがおもしろくて、つい笑っちゃいます。

前まではマカロニやポテトサラダが好きだったんですけどねえ・・・。
突然食べないようになってしまいました。
ブロッコリーとかニンジンのゆでたのはあまり好きではないみたい。
これが食べられると、メニューも楽になるのになあ。

ふたりしてフォークとスプーンの練習をしています。
だんだんと上手にはなってきてますが・・・つい手を出してしまうんですよね。
それでへそを曲げて食べてくれなくなってしまったり・・・。
まだまだ自分でももどかしいのか、結局手で食べたりしてしまうんですけどね。
今までご飯は私や夫があげていたのですが、最近はご飯も自分で食べたがり
最終的に手づかみになるので、ご飯粒が手にくっついて・・・涙。

好きな遊びは、ものを投げたり(危ない)トミカなどで遊んだり。
絵本も好きで、電車や車の本を”読んで!”と持ってきます。
ただ、読み聞かせが好きというよりも指さしが好きで、
”飛行機は?”とか””トラックはどれ?”とか言うと、喜んで指さしします。
形もだんだんと理解し始めているのか、形のパズルもできるようになりました。
うーやんは、まだ形はよくわかってないみたいなんですけどねえ。
指さしもそうですが、のーやんはこちらの言っていることが
確実に理解できているようで、”持ってきて。”といえば持ってくるし
”~はどこにある?”とか聞くと、どこからか持ってきてくれたりします。
うーやんも、だんだんと持ってきてくれたりするようになりましたが、
”どこにある?”というのは、ちょっとまだよくわかってないみたいです。

言葉は、うーやんの方が早くて、
”たあやん、とうと。”とか”はいどうぞ。”とか、
うーやんがいう言葉がいえるようになる、という感じで、
のーやんだけが口にできる言葉はまだないです。
歌もまだ、うーやんほど歌ったりはしないです。
ただ理解はのーやんの方が早いですからね、しゃべり出したらうるさそう。

のーやん、靴を脱げます。調子が良いと履くこともできます(たまたま?)。
けっこう親のやることをしっかり見て、真似してみたり。
”結構のーやん、頭いいんじゃないの?”なんて、
密かに親バカ思考な父と母なのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。