おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
良いか悪いかは別として。
うーやんものーやんも、夜寝る前に指しゃぶりするので、
1歳6ヶ月検診のときに”できればそろそろやめさせた方がイイかも。”といわれてしまい。
その前から”指しゃぶりしちゃダメだよ!”としかり続けてきたのですが、
どうも、うーやんは夜と朝方、のーやんは朝方と手持ちぶさたのときにしてしまうようです。

それでもなんとかやめさせたい!!と、恐怖支配をすることに・・・。
ちょうどフリマで買った絵本に、ひとつめ小僧が載っていたので、
”指しゃぶりしてると、ひとつめ小僧がお指を取ってっちゃうんだよ。”
のーやんは、それで”コワイ~。”となり、指しゃぶりが減っていきました。
うーやんは、怖いけど、”ヘヘ。”と笑ってごまかし。
それから、指しゃぶりを見つけると、”ひとつめ小僧に取られるよ!!”と注意。

しかし、指しゃぶりしてもひとつめ小僧は現れないことを感づき始めたのか
注意してもだんだんと効かなくなってきました。
”あ!今ひとつめ小僧が窓の外通っていった!”とか”今、ひとつめ小僧が見てたよ!”
など、だんだんとエスカレート。

それでも、”やっぱりひとつめ小僧は来ないよね~。”と思っているのか?
”ちょっとぐらいなら平気でしょ?”と思っているのか?
なかなか治らず・・・。

そのうち、歯磨きも嫌がるようになってきたので、
地方番組のキャラクターの中にある「ムシバーキン」を活用させてもらい
”歯磨きしないとムシバーキンがイタイイタイするよ。”と、歯磨きさせていたのですが。
なにせキャラクターなので、かわいく描かれているためイマイチ説得力がなく・・・。

こうなったら荒治療だ!!!ということで
映画雑誌に付録にあった「プレデター」という訳のわからない妖怪のようなポスターを見せ
”テレビのムシバーキンはかわいく書かれてるけど、ホントのムシバーキンはこれだよ!”
すると、のーやんが”コワイ!コワイ!!”と本気でコワがってる様子。
うーやんも、強がりの笑顔を見せてるけど、絶対怖がってるはず!
”ねえ?コワイでしょう?コイツがうーやんとのーやんのお口にいるんだよ~。”
これで、ふたりともちゃんと口を開けて歯磨きしてくれるようになりました。

しかし、それもだんだん効かなくはなってきてるのですが。
たまに”ムシバーキン、見る?”と聞くと、
のーやんは泣きそうになって、”ヤダヤダ~!”
うーやんも、”コワイ~。”と言いながら、例の如く強がりの笑顔を見せます。

指しゃぶりのほうは、だんだんと固執する感じになってきました。
あまり、無理に外させるのは良くないとは思うんですけどねえ~・・・つい。
うーやんは、少し前歯が出てきてしまって、検診のときにもそれを指摘されているので
うーやんだけでもやめさせたいのですが。

なので、今度は、ムシバーキンを登場させることに。
”あんまり指しゃぶりしてるとね、ムシバーキンみたいな顔になっちゃうよ!”
それでもやめない・・・。
”ひとつめ小僧に連れてかれちゃうよ!””ムシバーキンに連れてかれるよ!”
それでも指しゃぶりは、なかなかやめられないようですが、
脅しはきいてるようで、たまに泣きそうな顔になります。
そういう顔されると、”・・・ヤバイ。かわいそうなコトした・・。”と思うのですが。
”指しゃぶりするぜ~。”とニヤニヤしながら指しゃぶりされると
”ムシバーキン見せるからね!!!”と、反撃します。

そして。
ウチには母が買ってくれた、モンチッチのキーホルダーがあるのですが、
そのモンチッチは、指をしゃぶらせられるようになってるんです。
のーやんが、この間、モンチッチを持ってきて、”指しゃぶりさせろ。”というので、
モンチッチを指しゃぶりさせたら。
のーやん、すかさず”おばけくるよ~。”と、幽霊のように手をブラブラさせて
モンチッチを脅していました。
うーやんが指しゃぶりをしてるのを見たときも、”おばけくるよ~。”と脅してたし。

はあ~・・・。

スポンサーサイト
今日は、海水浴へ。
数日前に”海水浴行こうか?”という話をしていたのですが、
”平日休めるのにわざわざ混んでる休日に行くこともないか。”と
行かないことになっていたのに。
30分ぐらい、区の避難訓練に参加したあと、”海水浴行くか。”と夫。
じゃあ、行っておくか、と支度。
・・・ってゆーか、私、水着持ってないし!!!

波打ち際で水浴びはしたことあるけど、ふたりとも海水浴場は初体験。
砂浜を”あちゅい、あちゅい。”と移動しながら。
波打ち際に着くと、ずんずんと私の手を引いて海の中に入っていくうーやん。
とりあえず、私が行ける場所(ズボンの濡れない場所)まで連れて行かれました。
夫に連れられたのーやん、最初はかなりビビっていた様子でしたが
私やうーやんが”お~い!”と呼んでいるので、ひょこひょこと入ってきました。
入ってしまえばもう安心なのか、とっても嬉しそう。
私が水の中に入れれば良かったのですが、私は立ってることしかできないので
うーやんのーやんも私の真似して突っ立ってるだけ・・・。
やっぱりこういう事は親が率先して楽しむ姿を見せないとダメですね。
お水をかけたら、ちょっと怖がってしまったのーやんに、
”怖くないよ、お風呂と一緒でしょ?お水なんだから。”といったら、
”お風呂?一緒?”と、”なるほど。”と思ったのかどうなのか?
のーやんが好きな、ワニさん(手を地面について足をぷかぷか浮かせるヤツ)をやり始め。
それを見たうーやんも”アタシも!”とばかりにワニさんポーズ。

網を持って魚を探しているオバさんの後ろを着いて歩くうーやん。
調子に乗って、顔に水がかかって海水を飲んでしまい、ゲホゲホするのーやん。

それからやはり海水パンツを持っていない夫が、意を決して海水にお尻を浸けることに。
それで、うーやんのーやんも少し深いところまで連れて行ってもらえるようになり、
夫の腕を浮き輪代わりにぷかぷか浮いて遊んだり。
本当に楽しそうでした。
夫が疲れたら、砂浜で足を埋めて遊んだり。

そして、貝探しをしている女の子にストーカー行為するうーやん。
そのお姉ちゃんの貝探しがとっても面白かったんでしょうねえ~。
お姉ちゃんの持っている買いの入ったこコップを覗いてニコッと笑ったり。
しばらくして女の子が、”あげる。”とうーやんに拾った貝をくれました。
もらったことがよほど嬉しかったのか、
”お姉ちゃん、貝、もらったぁ。”と嬉しそうに、ずっと貝を握りしめていました。

それから夫が替えの服をクルマに取りに行っている間。
のーやんが”オレも貝が欲しい。”というので、貝探しをしていたら、
うーやんがフラフラ~っと、私から離れて。
”うーやん、危ないよ~。”と、迎えに行っている途中、足を崩したうーやん
転んで海水に潜ってしまいました。
”あ!!”と、急いでうーやんのもとに行ったのですが、
うーやんは、なんとか立ち上がろうと顔を上に上げてしまったため、
鼻や口に海水が入ってしまったようで・・・ゴメン、うーやん。
”コワイコワイ!”と大泣き・・・。
しばらくうーやんが落ち着くのを待って、
”怖くないよね?楽しいよね?たあやんがちゃんと掴んであげるから。大丈夫でしょ?”と、
再び水にプカプカ浮かせて遊ばせる私・・・鬼軍曹並み?
今度、水怖がったらどうしよう???

その一件で、うーやんがお姉ちゃんからもらった貝をなくしてしまったので
しばらく貝探しをして。
うーやんのーやんが納得する貝をあげました。
水から上がって、シャワーを浴びに行くとき。
夫が”その貝を貸して。とうとが持っていてあげるから。”といっても聞かないうーやん。
”だから!着替えるときになくすと困るでしょ?!”といっても泣いて渡さない。
のーやんも、”貝!とうと!”と、うーやんに”渡せ。”と援護。
・・・ったく。

そしてなんとか着替えさせて帰宅したのでした。
今回は、それなりに納得して帰宅したからか、家についても愚図りませんでした。
良かった良かった。

今日は、箱根へ避暑。
前から乗せてみたかった船(遊覧船)に乗りました。

子どもができる前、箱根にはよく行っていたのですが、船など乗ることはなく。
ましてや船に乗ろうとしてる人もほとんど見ず・・・。
”こんなんで経営はやっていけてるのかね?”と、人ごとながら心配になるほどでしたが。
それもそのはず、私たちが行くのはいつも平日。
船に乗る人どころか、観光客さえもあまりいない、少し寂しい箱根ばかり。
”やっぱりねえ・・・箱根ももう古いんじゃない?”なんて思っていたのが間違いでした。

今日は土曜日。しかも夏休みも終わりに近づいた土曜日。
しかも中国や韓国からの観光客も増えつつある箱根。
いつもはがらーんとした駐車場にクルマがいっぱい!!!さすが休日~。
そして、遊覧船の切符売り場には人がいっぱい!あり得ない!
そして切符を買って、少し時間があったのでソフトクリームを食べて。
”さあ、乗るか。”と乗船場に行ったら長い行列ができてるじゃありませんか?!
すっかりなめてかかっていた、休日&箱根。スミマセン。

箱根の芦ノ湖には海賊船ぽい船と普通の船があるけど、
運良く、海賊船に乗れました。
まあ、うーやんのーやんには海賊船だとかっていうのはわからないみたいで
”お!海賊船だぞ、海賊船!”といったけど、”ホヘ?”って顔してムシされました。


人の間をぬってなんとか乗船し、展望デッキへ。そこもたくさんの人でしたが、
手すりにのーやんを乗せて、ガシッと掴んでしばし船の旅を楽しみました。
風がとっても気持ちがイイ!
うーやんは、夫に抱かれながら少し愚図っていましたが、
のーやんは手すりの上が”コワイ~。”と下りて、辺りを散策したり
”船~、船~。”と、他の船を指さしたり。
・・・でも、水の上を走ってるっていうの、わかってたのかな?
そして、うーやんの愚図りの原因がオムツであることが判明。
夫が替えてくれたのですが、”オムツ替える場所も捨てる場所もあったよ。”
おお、なんてスバラシイ!!

下船してから、少し歩いたところにロープウェイ乗り場があって。
ロープウェイは、以前乗ったことがあったので乗らないことにしたのですが、
ロープウェイを下から眺めながら、ふたりして”乗った!乗った!”と嬉しそう。
そしてさらに、”乗る!乗る!”と乗りたがり。
遊覧船とロープウェイのセット券があったけど、遊覧船だけしか乗るつもりなかったので
”ロープウェイはまた今度ね。”と、なんとかなだめて、食事をとることに。
少し歩いたところにある、まだうーやんのーやんが立ち始めた頃に行った食事処。
そのときは、ミルクをあげたんだよね~。
今回は、ちゃんと(厳密に言うとちゃんとではない)イスに座ってうどんとご飯を食べて。
私たちも、今までは乗ったことのない遊覧船にも乗って。
なんか、「お休みの日です」って感じ。

そして食べ終わって、また遊覧船に乗るために乗り場へ。
少しお土産屋を見てから乗り場へ行こうとしたら、行きよりもスゴイ行列!!!
イヤイヤ・・夫も基本は平日休みの人なのに、なぜ休日に箱根へ来てしまったのか・・。

なんとか乗船し、今度は展望デッキの手すり近くにもビッチリと人。人。人。
移動した人の場所をすかさず取り、のーやんを抱っこ。
しばらく、”気持ちいいねえ~。”とか水面を見て”泡、泡。”と指さしていましたが、
だんだん飽きてきたのか、ウロウロ移動し始めました。
今度の海賊船には、船長の人形が置いてありました。
ふたりで腕組みしている船長の真似をして喜んだり、歌を歌って踊ったり。
船上じゃなくてもどこでもできるような遊びをして楽しんでいました。

そして、帰りのクルマの中、うーやんは速攻で寝てしまいましたが、
のーやんは少し興奮して寝るまでに時間がかかりましたが、やっぱり寝てしまい。

うちに帰ってきて、のーやんを起こすと、”お家ヤダ!!お家ヤダ!!!”と大泣き。
船に乗れたのがよほど楽しかったみたいです。

疲れたけど・・・。
そんなに楽しんでくれていたのかと思うと嬉しい。
毎日毎日、こうも暑いと出かけるのも億劫・・・。
でも、あんまり出かけなさすぎるのもかわいそうだし、
かといって、公園とかだと暑くて熱射病になっちゃいそう。
お水遊びもさせてあげたいけど、この暑さの中、
ふたりを着替えさせなきゃならない(しかも大人しくしてくれない)事を考えるとげんなり。

なので、行く場所も限られてきてしまうのですが。
最近では、記憶力もよくなってきているうーやんのーやん、
デパートなどの駐車場に着くと、生意気に”またぁ~?!”と言い放ちます。
はあ?なにが”またぁ?!”だっ?!・・・ったく。

今日は、近くのキャンプ場にある川で水遊び。
少し山に行った方にあるので、それなりに涼しい~。
まずキャンプ場のところに着いたら、雨がポツポツ、雷ゴロゴロ。
せっかく水遊びするのに、雨が降ってきてすぐに退散ではつまらない、
・・・とゆーか着替えさせたり帰り支度がわらわらと大変。
”ここに来たら急に雲が暗くなったよね。少し下の方は、晴れてたのに。”
ということで、クルマでほんの2.3分下りたところにある川遊び場に移動してみると、
そこは晴れ。空気も若干暑いけど。
まあ雨に降られるよりは、ということでそこで遊ぶことに。
まず、腹ごしらえをして、水着に着替えて川遊び。
川の石もまだまだ大きいし、少しコンクリートがはられてる部分もあったりするので
うーやんのーやんの手を引きながらなら十分に遊べる場所でした。
(もちろん、私ひとりではムリだけど。)
水も冷たいので、足をつけてるだけで気持ちがイイ!

だいたい1時間ぐらいで、のーやんが”出る~。”とか言い出し。
しかしうーやんは”ん~、ヤダぁ。”
最近、ふたりの足並みがそろわないときが増えてきました・・・。
まあ、でも、私もそろそろ出たかったので、”じゃあ、終わりにしよう。”ということに。


夏の暑さを逃れるために水辺に行くことが多い今年の夏。
”またぁ~?!たあやん、水遊び好きだねえ~!”なんて思われてないかな?




うーやん、大河ドラマの龍馬が好きみたいです。
・・・ってゆーか、福山雅治が・・・。

最初大河ドラマを見始めた頃、”ほら、龍馬だよ、龍馬。”と見せていたのですが。
それから、時代劇などで和服を着た人を見ると”リョーマ!”というように。
”うーやんにしてみたら和服を着てたらみんな龍馬だよ・・・。”と思っていたら。
福山さんが、ビールやら何やらの宣伝に出てるのを見るたびに”リョーマ!”と嬉しそう。
夫が、”うーやん、福山が好きみたいだよ。”
ミュージック・ステーションに出てたときも、”リョーマ、リョーマ。”と
めちゃめちゃハイテンションになっていました。
なるほどなるほど。なかなか見る目があるじゃないの。

それから、日を追う事に”龍馬”を思う気持ちが募っているらしく、
今日の午後、のーやんがテレビのリモコンで遊んでいたので、
主電源を切って、”アレ?壊れちゃった!もうテレビ見られないよ!!”と怒って、
”もう、「龍馬」もう見られなくなっちゃったよ。”とうーやんに言ったら、
”リョーマ?見られない?”と悲しそう・・・。

うーやん、この間一緒に遊んだ双子の男の子もちょっと好きみたいで、
”Sくんと遊んだ~。”とよく言っています。
でも私が思うに、”Sくんじゃなくて、Kくんでは?”と思い、写真を見せて確かめると
SくんとKくんを勘違いしていた様子。
”何?うーやん、Kくんのこと好きなんだ?”と聞くと、”ふふ~ん。”と照れてるし。
”じゃあ、Kくんとリョーマ、どっちが好き?”と聞いたら、
”う~ん・・・・。”と、うーやんなりに真剣に考えて、”リョーマ!”
”じゃあ、とうととリョーマは?どっちが好き?”と聞いてみたら、
そばにいたのーやんは、”とうと!”
うーやんはやっぱり”ウ~ン・・・。”と考えて、”リョーマ!”
少しは気を遣えよ、うーやん。

しかし、実際の龍馬を見せたら、うーやん、どう思うだろう?


そうそう、うーやんの髪の毛がとっても暑そうだったので、
ついに今日、髪の毛を切りました。結構バッサリ。
今までは、それでも女の子っぽかったのに・・・。
なんか全然違う雰囲気になってしまいました。
”うーやんって、こんなに丸顔だった??”と思うぐらいまん丸く見えます。
「火垂るの墓」の主人公の妹の子みたいな感じです。
昨日。

うーやん、初めての虫さされ。蚊とか一般的な虫ではなく。
なんだか緑色の2センチぐらいの毛虫みたいな虫。
その前まで、他の子たちとワイワイと騒いでいたと思ったら、
いきなり”イタイ!イタイ!!”と大泣きしはじめたので、慌てて行った見たら
うーやんが腕を置いた場所にちょうどそのムシがいたらしく・・・。

私はムシが大キライなので、あまりムシをマジマジと見たことはないけど、
他のママさん方も、”こんなムシ見たことない。”
うーやんは、相当イタイらしく大泣きしてるので、”病院に連れて行って薬もらったら?”
泣いているうーやん、さされたらしい場所をみたらちょっとみみず腫れっぽくなってる。
”冷やしてみようか。”と、他のママさんに保冷剤を借りて冷やして。
急いで帰り支度・・・をするものの、双子ちゃん3組なので、なかなか収拾がつかず・・・。

クルマに乗せて家路につく間、うーやん、寝てしまいました。
途中、何度か”イタイなあ~!”と起きてしまっていたのですが、
それでも眠気には勝てなかったみたい。
家に着いて、うーやんを起こすとやはり痛がって泣いてしまったのだけど、
患部を見たら、腫れはそんなにひどくなっていない様子。
”こんなムシだった。”と説明をしたら、手伝いに来てくれている母が、
”それは「オコジ」だよ!私も刺されたことあるけど、ホントにもの凄く痛い。”
本当のムシの名前は「オコジ」かどうかわからないけど、
とにかく珍しいムシじゃないみたいだし、母も刺されたことがあると聞いてちょっと安心。
”でも、ヘタに市販の薬つけてひどくなると困るからねえ。”と、
とりあえず病院に連れて行って、薬をもらうことに。

しかし、クルマに乗せて病院に行く間、うーやんは泣きやみ・・・。
”大丈夫?痛くない?”と聞くと、”う~ん・・・。”と、あまり痛くない様子。
冷やしていた保冷剤も、泣いていたときにはそのままつけていたのに、
病院に着いたときには、”ヤダ~。”と、投げ捨ててしまいました。
”ちょっと、たあやんトイレ行ってくるから待ってて。”といって、
トイレから戻ったら、絵本を勝手に出して読もうとしてるし。
なんか、本当に”一応・・・”って感じで、もらった薬を塗りました。
たぶん、刺されたというよりも触ってしまっただけだけど、
でもムシの毛がトゲトゲしてて痛かった、っていう感じだったと思います。

それにしても、7人の子供がいて、紅一点のうーやんが虫刺されとは。
まったく・・・運が良いのか?悪いのか?


そして今日。

初めての花火。間近で見る花火。
8月の上旬に家の窓からちょうど小さいけど花火が見えて、
”あ!花火だ!”というぐらいのを一度見ただけなので、
音が大きいと怖がるか?心配だったのですが。・・・とくにのーやん。
手伝いに来てくれていた母を駅まで送って、花火会場の近くの土手へ。
うーやんは、出張から帰ってきた夫が抱っこ。のーやんは、私。
数日前から、なぜか突然夕方5時に鳴るサイレンを怖がるようになってしまったので
”大きい音がするよ。”と警告しておいたら、”・・・コワイ。”とのーやん。
”じゃあ、たあやんが手をつないであげるから。そうすれば怖くないでしょ。”
一応それで納得したのーやんでしたが、やっぱり抱っこをせがまれ。

そして、待っている間、夫の知り合いの方が。
”あ、こんばんは~。”などとあいさつをしていたら、
のーやんが、人見知りなのか、恥ずかしいのか、私の肩に顔を埋めて隠れてしまいました。
・・・大丈夫か?花火の方は・・・。
花火が始まると、私にピッタリと抱きついているモノの、顔はしっかり花火の方へ。
でも、”キレイだねえ!大きいねえ!”と言っても反応ナシ。
まあ、怖がって泣いたりはしなかったので、それだけでも良しとしましょう。
うーやんは、楽しんでいる様子。
知り合いの方にもしっかりとあいさつしてお話もしていたし、さすが外交担当。

途中、のーやんが持っていたバイキンマンの人形を落としてしまい、
その知り合いの方が拾って、のーやんに渡してくれました。
そのやりとりで、少しのーやんも落ち着いたのか、
”ピンク~。大きい~。”などと、少しずつ口にするようになりました。ホッ。
そして、最後は”バイバ~イ。”と、あいさつすることができました。

帰りのクルマの中で、”花火~。ピンク~。”などといろいろしゃべっていて、
”楽しかった?”と聞いたら、”ウン。”と返事してくれたので良かったです。
家に着いたら、のーやん、足に7カ所も蚊に刺されていました。
しかし痒がりもせず、うーやんとふたりで”バンバンバンバン!!!”と
テレビに写った自分を見て足踏みして喜んでいたので、良かった良かった。

来年もまた花火見られたらいいなあ~。
今日は、避暑をかねて、町でやっているオモチャ図書館へ。
今日は、うーやんにとっては災難な日で、
私が受付をしてる間に部屋に入っていったうーやん。いきなり”うわー!”と泣き出し。
なんだ?と思っていたら、男の子のママさんが”ごめんなさい、うちの子が・・・。”
ぶつかったのか?と思いながら、よしよし、と慰めていたら、
男の子がいきなりうーやんの頭をパシン!!またまた大泣きのうーやん。
先ほどもぶつかったのではなく、叩かれた様子。
”ウチの子が完全に悪いんで・・・。スミマセン。”と男の子のママ。

それにしても、うーやん、よくそういうアクシデントに巻き込まれるなあ~・・・。


オモチャ図書館での行動パターン。
まず、ふたりとも玉を転がしたり、木のクルマが下に落ちていくヤツなんかで遊ぶ。
コロコロ転がったりするのが楽しいみたい。

そして、うーやんはボールプール。
おままごとの所にも行くけど、お皿や食材があまり整頓されていないので、
適当に触って、すぐに飽きてしまうみたい。
すべり台も少しやったり。
暑くないときには外に置いてある手押し車などがスキ。
のーやんは、クルマ系のモノで遊ぶ。
うーやんにつられて、おままごとスペースで一緒に(?)遊んだり、
その近くに置いてあるシーソーやすべり台で遊ぶ。
それから少し離れた部屋にあるプラレール。
既に作ってあるレールで遊ぶんだけど、電車が壊れていたりするのが多いので、
電車で遊べないときは、またもとの部屋に戻ってきて、クルマで遊んだり。
あとは、外に置いてある手押し車。

まあ、どれかひとつに集中して遊ぶということはあまりなくて
あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。

しかし今日、ふたり、初めてのモノに手を出しました。
それは、「シルバニアファミリー」。
最初、うーやんがウサギやらリスやらの人形で遊び始め。
家の窓から、ウサギの顔を覗かせて”こんにちはー。”とかいって遊んでいました。
あら!やっぱり女の子なのね~。
すると、それを見たのーやんも、”なに?なに?”って感じで一緒に遊び始め。
でも、人形の取り合いになりそうだったので、
”こっちにも何かあるよ。”と、人形の家っぽいモノを出したら、
それがちょうどアンパンマンのパン工場でジャムオジさんやチーズの人形が。
のーやんは、そのパン工場で、木のお風呂にバタ子を入れたりして遊んでいました。

なんだかとっても新鮮。

うーやんは、だんだんと女の子チックな遊びを始め、
家でも、おままごとのコーヒーカップを用意して、”ちゃっちゃ~。”と言って、
コーヒーポットでお茶をつぐまねごとをしたり。
それもちゃんと、”はい、たあやん。はい、のーやん。”と、
人数分用意して、しっかりとテーブルにセッティングしてくれたり。
お弁当の具材がパズルっぽくなっているオモチャがあるのですが、
それでお弁当を作って、”はい、のーやん。”などとのーやんに作ってあげたり。
キッチンセットの流し台で、”ゴシゴシ。”といって、お皿を洗う真似したり。
口もだんだん達者になってきたし、
本当、”もう赤ちゃんじゃない。”って感じがしてきました。

のーやんは、相変わらずうーやんに入らぬちょっかいを出しては泣かされ。
でも、怒ったりした顔などは男の子らしく、本当にムスッとした顔になります。
のーやんは、怒ったら言い訳とか口答えしないタイプかなあ・・・。
すぐに物を投げたりしたりするので、キレたら怖いかもしれない・・・。


いつもお風呂から出るとき、”ハイ、「ダイスキ~」は?”というと、
うーやんとのーやんが「ダイスキ~」と、ギューッと抱き合うんです。
それがかわいくて・・・。
でもたまに”今日はお風呂でケンカしたからやらないよ。”と夫。
”え~、なんで?ダイスキ~ってやらないの?”というと、
うーやんはけっこう嬉しそうにやるんです。
でも、のーやんはなかなかやらなかったり。やってもイヤイヤっぽかったり。
先日、のーやんが先に出るときに「ダイスキ~」とやらないでお風呂から出ようとして
私が”「ダイスキ~」は?”と聞いたのに、
それでものーやんがお風呂から出ようとしたので、
うーやんが怒って、のーやんの後ろ姿に何やら罵声(?)を浴びせて。
のーやんが、お風呂のドアをバン!と閉めてしまったら、
うーやんの”うわ~~ん。”という泣き声。「ダイスキ~」とやって欲しかったみたい。
普段なんだかんだとケンカしても、うーやんはのーやんのことがスキなんだなあ、と。
”ほら、泣いちゃったじゃん!”とのーやんに言ったら、
のーやん、ちゃんともどって「ダイスキ~」してました。

うーやんが先に出るとき、同じシチュエーションになってものーやんは泣かないですが。
というか、うーやんが何もせずにドアを閉めてしまうことは滅多にないし
あっても、”してないじゃん?”というと、
”しょうがないなあ~、たあやんがそういうなら。”って感じで嬉しそうに
またもどってのーやんや夫に「ダイスキ~」とやったりしてます。


単純なようで複雑な乙女、うーやん。
のーやん、舵取りをよろしく。
こんにちは、ボク、のーやんです。

今日は、「子どもの国」へ行ってきました。
本当はサファリパークで動物を見せてくれるはずだったけど、
サファリパークのゲートにはたくさんのクルマが止まっていて、混んでいたので
とうとが”ムリして混んでる日に行かなくても・・・。”と言って、
「こどもの国」に行くことになりました。
まあ、ボクはお出かけできるならどこでも良いんだけど。


「子どもの国」は山の方にあるから、少しは涼しいかと思ったけど、暑かったです。
ボクもうーやんも、子どもの国には初めて行くのでどんな所なのかワクワク。
クルマを止めて、入り口まで少し距離があって、”ベビーカーに乗る?”と言われたけど、
ボクもうーやんも乗らずに歩きました。
・・・でも歩くと時間がかかるから、と途中からベビーカーに乗せられてしまったけど。

そして、子どもの国に入ってから、途中で買ったパンを食べました。
とうと達がいつも食べている”ファミチキ”も食べました。
とってもおいしかったので、たあやんの分をほとんど全部食べてしまいました。
ボクたちに内緒であんなにオイシイものを食べていたなんて。とうと達はズルイです。
”ファミチキ”をたくさん食べたので、パンはあまり食べられませんでした。

それから水遊び場へ行きました。入り口からとっても遠かったです。
途中、階段が危ないので階段だけは抱っこで下りたけど、あとは全部歩きました。

お水遊び場にはたくさんの人がいました。
ボクたちも、水着に着替えてお水に入りました。
最初にたあやんに連れて行ってもらったところは、
ちょっと深そうだったけど、うーやんがどんどんとお水の中に入っていってしまいました。
なので、ボクとたあやんはうーやんの手に引かれる感じで、お水に入りました。
そこは、小学生ぐらいのお兄ちゃんお姉ちゃんがとっても多かったので
他の場所に移動して、そこは砂利が敷いてあったりして浅かったので、そこで遊びました。
でも、遊ぶには少しお水が少ないかなあ・・・。なので、歩いたりしていました。
うーやんは、浅いところに寝そべったりして遊んでいました。

ボクは、お水遊び場のお水を飲むのが好きなので、
そこのお水も飲もうとしたら、とっても臭かったので飲むのをやめました。
たあやんもとうとも、”ココのお水は濁っていてとても汚いから飲んじゃダメ!”
と怒っていたけど、うーやんは少し飲んでしまったみたいです。
ボクたちが遊んでいたところには、ボクたちはまだ滑れないけど、すべり台もあって、
そのすべり台から水が波みたいに来て、遊んでいたうーやんにかかっちゃったみたいです。
うーやんは、鼻にもお水が入っちゃったみたいで、泣いていました。
鼻が赤くなっちゃってて、ちょっと面白かったです。

お水で遊ぶのはとっても楽しかったけど、
暑かったので1時間ぐらいで終わりにしてお着替えしました。
ボクは、また少し日に焼けてしまいました。
さすがに疲れたので、帰りはベビーカーに乗りました。
乗りながら、お昼に残してしまったパンを食べました。とってもおいしかったです。

それから園内のレストランに入りました。
とうとは、ビールが飲みたかったみたいです。
でもレストランの中はとっても涼しかったので、良かったです。

駐車場までは、また頑張って歩きました。
うーやんは、途中でほかの子がおんぶされてるのを見て、自分もしてもらいたくなったのか、
たあやんにおんぶしてもらっていました。

帰りのクルマの中では、すぐに寝てしまって、
気がついたらお家に着いていました。
いつもだったら、お家に着いてからクルマのドアが開く音がすると起きるけど、
ボクたちはお家についても、まだしばらくは寝ていたらしいです。
だって、とっても疲れたんだもん。

でも、楽しかったのでまた行きたいです。
こんにちは、ボク、のーやんです。

今日は、午前中、双子の男の子のJくんとSくんが遊びに来てくれました。
お外で遊ぶつもりだったけど、あまりに暑かったので、
お家の中で、一緒に遊びました。
ふたりともとっても”ワンパク”で、
ボールテントを倒してボールを外に投げて出したり、
手押しグルマでベビーサークルに激突したり、あっちこっちウロウロ。
ボクもうーやんも、ふたりのパワーに圧倒されてしまいました。
でも、JくんとSくんがたくさん遊んでくれたので、
ボクたちも思いっきり遊ぶことができたので嬉しかったです。

たあやんは、”やっぱり男の子ふたりだと、違うねえ!”と言っていました。

お昼ご飯を食べたあと、Sくんが”お家帰る。”と言いだしたので、
お外に出て少しお庭で遊んでから、帰っちゃいました。
もっと一緒に遊びたかったのに・・・。

そのあと、ボクたちはお昼寝をして、夕方にお祭りに出かけました。
電車に乗れたので、ボクはとっても嬉しかったです。
うーやんは、電車に乗るまではとってもハイテンションだったくせに
電車に乗ったら急に不機嫌に愚図ってしまいました。
なんでだろ?混んでて座れなかったからかなあ?うーやんの思考はよくわかりません。
電車から降りたら、オジちゃんオバちゃんたちが太鼓や笛を鳴らしてました。
ボクもうーやんも、その音に合わせて手を叩きました。楽しかったです。

道路にお店がいっぱい並んでいました。人もたくさんいて、ちょっと怖かったです。
でも、途中でたあやんがポテトを買ってくれて、
ポテトを食べながら歩きました。普段だったら怒られるのに・・・。
他のお姉ちゃんやお兄ちゃんたちもバナナとかを食べながら歩いていました。
お祭って楽しいなあ~。
そして、座れる場所でおにぎりを食べていたら、とうとの先輩が来ました。
そこで、先輩の家族のみんなと少し食事をしました。
でも、とうとがビールを飲んでしまって、全然席を立とうとしないので
ボクもうーやんも飽きてきてしまって、あちこち探索しました。

先輩の家族とバイバイして、お祭に戻ったら、さっきよりもたくさんの人!!
それに、ボクもうーやんも疲れてしまったので、抱っこしてもらいました。
途中で、アンパンマンの風船を買ってもらいました。
でも、うーやんは小さい風船の方が欲しかったみたいで、それをずっと持っていたら、
そのお店のオバちゃんが、”双子?”と聞いてきたので、
たあやんが”ハイ。”と応えたら、その小さい風船をおまけでくれました。
ボクは、そのときは”双子で良かったなあ。”と思いました。
・・・でもボクはピンクの風船が欲しかったのに、オバちゃんがくれたのは緑色の風船。
歩きながら、”ピンクの風船がイイ!”とだだをこねたら、怒られました。

それから神社の前で、たくさんのオジちゃんオバちゃんたちが
太鼓、笛や鐘で音を出して踊っているいるのをみました。
ボクもたあやんに抱かれながら、一緒に踊ったり手拍子しました。

お祭ってとっても楽しいなあ。
ぼくは、ああやってたくさんの人が音を出したりしてるのを見るのが大好きです。
うーやんも大好きです。
アレって、ボクも参加できるのかな?一緒に太鼓叩きたいなあ。


土曜日、家の庭のコンクリートの部分で三輪車に乗らせてみました。
家の前ぐらいなら道路に出ても良かったんだけど、
義母がいたので、”危ない。”とか言われちゃいそうだったのでやめました。
すると、最初のうちは喜んで乗ってたけど、すぐに飽きられ・・・。
三輪車に「乗る」よりも「押す」方が気になったみたいで、一生懸命押してました。
そして、たまに乗ってみたり。

青と赤の三輪車。もちろん青がのーやんで赤がうーやん。
それなのに、なぜかのーやんはしばらく自分の三輪車に乗るとうーやんのにも乗りたがり。
うーやんの三輪車に乗ろうとするたびに、
”ダメ!!!!”とうーやんにどつかれてました。
・・・まったく、のーやんはなぜ、うーやんのモノに手を出そうとするんだろうか??

それにしても乗るよりも押してる時間の方が長い気が・・・。
”あんまり三輪車には興味がないのかなあ?”
確かに狭いコンクリート部分を行ったり来たりしてるだけだし、
自分でこげるわけでもないから、面白くないのも仕方がないかなと思ったり。
まあ、だんだんとこげるようになったりすれば楽しくなるでしょう!

そして夕方。
夫が、”じゃあ、せっかくだから散歩するか。”と、三輪車に乗せて散歩することに。
すると、ふたりとも喜んで乗ってくれてる!
やっぱり午前中は、私ひとりでふたりの相手をしていたから、
自分の思うように乗れなかったのがイヤだったのか?
ふたりともしっかりとペダルに足を置いてこいでる感じが出てて、なかなかカッコイイ!
本当にふたりともよほど嬉しかったのか、
通りすがりの人に”こんちは~。”と自分からあいさつ。
一度も三輪車から降りることなく、しかもそろそろ家だとわかったら、
”こっち!!!”と、家の方向じゃない方に”行きたい!”といい出す始末。
仕方がないので少し遠回りして帰りました。

そして今日。
夫の友達と一緒にお昼ご飯を食べて。
夕方、また”散歩しよう。”と三輪車に乗せました。
うーやんは、”バイク~。”と、ちょっと勘違い。”違うよ、チャリチャリだよ。”
まだペダルの上に足を置いてるだけの状態だし、
ハンドルは大人が操作してるので、本当に乗ってるだけなのですが、
なんだか、三輪車に乗ってるっていうだけで、
”よくココまで大きくなってくれたもんだ。三輪車なんて乗っちゃって。”と、
ふたりの成長を感じずにはいられません。

今日は、なぜか途中からふたりとも三輪車を降りて押してました。
”たあやん、とうと。”とかいってイスを叩いて、私たちに三輪車に乗れ、というので
自分たちが押したいんでしょう。

早く自分たちで三輪車を操作できるようになってもらいたいなあ。
公園で楽しそうに三輪車を一生懸命こいでる姿が見たいなあ。

9日から12日まで、夫が出張のため、母に手伝いに来てもらいました。
”もうそろそろひとりで乗り切れるかなあ~・・。”と思いつつ、つい手伝いの依頼を。
前回手伝いに来てくれたのが3月。
あのときから、寝かしつけのときに母がいると気になってしまうのか寝てくれなくなったので
”今回は、どんな感じになるんだろう?”と、ちょっと不安を感じながら。

ふたりとも、一緒に遊んでくれたりするので慣れてはくれるのですが、
”抱っこ”となると、”たあやん~。”といって、母が抱っこするのを拒否してました。
階段の上り下りは、私がうーやんを抱っこするので、のーやんは自分で上り下りしてました。
そこまで拒否らなくても・・・。
まあ、いつもだったら”オレが先だ!アタシが先!”と泣いて困るので、
それがないだけでも、とっても助かったのですが。

寝るときは、いつもは”寝る前はオモチャでは遊ばせない”としてるけど、
母がいるためにそういうルールもおざなりになり、
オモチャで遊んで興奮するし、母がいるから余計に嬉しいしって感じで
なかなか布団に行かないし、寝かしつけも苦労・・・。ふう~。


そして。
ウチには、一台だけ足こぎのクルマがあるのですが、それが一台だけなので
使うときには必ずケンカ・・。
のーやんが先に乗っているにもかかわらず、その後ろに乗り込むうーやん。
そして押したり掴んだりして、のーやんを泣かし、降ろさせる。
うーやんが乗っていれば、後ろから(勝手に)押すのーやん。
”でも、だからって今からもう一台買い足すのはバカらしいから、
三輪車を買ってあげようか考えてるんだよね~。でも、2台買うのも大変だし。”
などと話していたら、”じゃあ三輪車買ってあげるよ。”と、母。
ありがたやありがたや。三輪車を買ってもらいました。
ウチの庭は砂利なので、庭では三輪車で遊べないけど・・・。
公園とか持って行ってあげようかな、と思ってます。
でも、三輪車2台をひとりで押すのは大変かなあ?
他の双子ちゃんのママさんはどうしてるんだろう?


しかし、夫がいないので、すぐには組み立てられず。
今日、子どもたちが寝てから夫が組み立ててくれたので、明日あたり乗らせようかな。
早くうまく乗れるようになるといいなあ~。


今日は(も?)支援センターへ。

ふたりとも、スタスタと歩いていったと思ったら、パズルのある場所へ。
まだ全然できないけど、興味はあるんだなあ~。
8ピースぐらいの少ないヤツでも、まだ形作るということができないので、
とりあえず木のパズル。それなら取っ手がついているし、ひとつひとつはめ込むだけなので。
最初のころ、うーやんは、場所はわかっているのにはめることができなくて
結構苦労していました。
だけど最近は、もう”ココ~。ココ~。”と、楽々とやってのけるようになりました。
のーやんも、以前までははめ込んで遊ぶことをしなかったけど、
最近はちゃんとはめて。以前はできなかった動物のパズルもできるようになりました。
なんだか嬉しいですねえ~。
良くある厚紙のパズルも、これから少しずつ練習させていこうかと思います。

そして。
うーやんがパズルに飽きて、どこかへ遊びに行っている間に、
少し月齢が上かな?という男の子が、牛乳パックでできたイヌで遊びはじめました。
そこへ、戻ってきたうーやんが、”アタシも~。”と、イヌを取ろうとしたら、
男の子が”イヤ~!!!”と、イヌの取り合いになってしまいました。
私もその子のママも、”ダメダメ!!”と、ふたりを引き離して。
・・・なんてやっていたら、”アレ?誰かと思えばおりくさん。”と知り合いのママに遭遇。
その男の子ママと友達だということ。”あ、すみません。”とか謝りながら。

その後、大型ブロックで道を造って遊んでいたら、その男の子たちも一緒に遊び始め。
最初のうちは、平和にそれぞれが遊んでいたのですが、
男の子とのーやんが、大型ブロックの取り合いをはじめました。
その闘いはすぐにのーやんが負け、”ふええ~。”と泣き。
それを見たうーやんが、のーやんの助太刀をするつもりだったのか、
男の子が持っていたブロックを奪おうとして、またまた取り合いに・・・。
でも、さすがに相手は少し上の男の子、
私たちがふたりを引き離したのも手伝って、ブロックは男の子に手に。
うーやん、”これは勝てない。”と思ったのか、再び闘いを挑むことなく泣き崩れ。
”ヤダヤダ!”と泣きながら、イスのカバーを噛んでいました。
最初は”そんなところ噛んじゃダメだよ!”と、噛むのをやめさせたのですが、
”・・・そうか!悔しくて噛んでるのか!”と思って、少し気の済むまで噛ませました。
それで少し気が済んだのか、私のヒザの上に。
”みんなのブロックなんだから、お友達が持ってるの取っちゃダメだよ。”と言い、
”ほら。もうみんな遊んでるよ。”と何度か言うと、うーやんも遊びはじめました。

”なんだ~。いつの間にか強くなったねえ~!”と、私の知り合いのママさん。
もう~・・・いつものーやん、負かされっぱなしです・・・。
うーやんは意外と優しいところがあって、
以前ものーやんが誰かとオモチャの取り合いをしているのを見たときに、
自分も助太刀に行って、いらぬケンカをすることがあるんですよね。
のーやん自身は、あまり取られたことに執着はない(いつものことだから?)みたいだけど。

こういうでことで痛みや悔しさを経験しながら、
人に優しく、柔軟な考え方ができる子になってくれればいいなあ~、という親の願い。

それにしても、その子が知り合いのママさんのお友達で良かった。



今日は、サークルで一緒になるUさんのお宅へお邪魔しました。
新しいプールを買ったから遊びましょう、という嬉しいお誘い。
同じくサークルで一緒のSさんも加わって、いざプール!

ん~・・・ウチのプールよりもデカイ~。これなら4人入っても大丈夫そう。
”ウチもこういう大きいのが欲しいなあ~・・・。”
今のプールは小さいし、のーやんが石を入れてしまって若干空気が漏れてしまってるし。
ああ~、ヤバイ。見ると欲しくなる~。

Sさんの娘さん、Kちゃんは”昨日足をすりむいた”箇所が痛いらしくて、水に入らず。
ウチの子たちとUさんの息子さんKくんと3人で水遊び。
アンパンマンの水遊び道具とか、もの凄く充実したラインナップに満足の二人。
うーやんは、ホースから水が出てるのが楽しいみたいで、ホースで遊んだり、
のーやんは、いつもの如くプールの外に出たり入ったり。ゾウさんじょうろで遊んだり。
Kくんは、いつも遊んでる感じと違うからか、しばらくしたら水遊び終了。
”なんで~?いつももっと遊んでるじゃ~ん。”
Uさんにしてみたら、せっかく出したのだからもっと遊んで欲しい様子・・・。
わかるわかる、その気持ち。
それからうーやんは、裸になって寝転がるという自分のプールのような振る舞い。
のーやんは、Kくんが出てからしばらくして”出る~。”と、終了。
部屋の中でジャングルジムで遊んでるKくんとKちゃんがうらやましかったみたいです。
すると、うーやんもひとりじゃ寂しくなったのか、終了~。

その後、おやつを食べながら、4人でお部屋で遊びました。
Kくんはとっても平和主義者で、うーやんたちがオモチャを使っても全然気にしてない様子。
う~ん、少しはその姿を見習えよ、うーやんのーやん!
Kちゃんは、すごく人なつこい子で、とってもニコニコ。
アンパンマンの手押し車が気に入ったみたいで、うーやんと取り合いしたりしてました。
大抵はうーやんの手に渡ってしまっていたのですが、
それでも、”ごめんね。”というと、”アハハ!”と、笑ってくれました。
う~ん、少しは譲り合いの精神を見せろよ、うーやん!
やっぱり、うーやんのーやんは、日々”競争”だから、鍛えられてるんだろうなあ。
ん~・・鍛えられてるっていうか、気性が荒いというのか・・・。

K君の誕生日がつい先日だったそうで、新しいオモチャがいくつか。
その中で、うーやん、のーやんとKちゃんが食いついたのが、
「トミカの山道ドライブ」とかいう、クルマが勝手にグルグルと回って動くヤツ。
3人とも、ちょっと他のオモチャで遊んだと思ったら、またすぐクルマを動かして。
ケンカすることもなく、誰かふたりで一緒に遊んでいたり。
そのたびにスイッチをつけたり消したり。
でもKくんは、それではあまり遊ばないらしく。家にあると、そんなモノなのかなあ。

みんなで家の中を走り回ったり、個々で適当に遊んだり。
なんだか4人ともとっても和んで遊んでいるので、なかなか帰るきっかけが見つからず。
”あれ?Kくん、眠くなってきたかな?”なんていって、
Kくんがの寝室に行ったら、みんなでぞろぞろと移動。
そこでまた、みんなテンションが上がってしまって、寝るどころじゃなくなってしまい。
パッと時計を見たら、もう2時過ぎ。
みんな、”2時頃には昼寝させる~。”とか言ってたのに!
それでも、全然眠い雰囲気もなくて、遊びたいモード全開。
ホントにそろそろ・・・、とようやく帰れる雰囲気になったのが3時。

”じゃあねえ~。”と、バイバイするときに、Kくんが大泣き。
ママが言うには、”ひとり置いてかれるのがイヤだったみたい。”
う~、そんなに楽しんでくれたのねえ~。嬉しいわ。

うーやんものーやんも当然、クルマに乗ったら即寝。
1時間ぐらいドライブしてから帰ったのですが、それでも起きない。
無理に起こしたら愚図ってました。
相当疲れたんだね、ふたりとも。・・・そりゃ、そうだ。

お友達と一緒に遊んでる姿を見るのは本当に嬉しい。
まだ遠慮や気を遣うことのできない年だから、
取り合いしたりケンカしたりするんじゃないか?ってとっても心配で、
お友達遊びさせるのに気が引けるときもあるけど、
こういう姿を見られたときは、一緒に遊ばせて良かったと思う。

うーやんは、Kちゃんとハグしたんだよねえ~。
Kくんには拒否されてたけど・・・。


今日は、夫の実家で人寄せ。
朝からいろいろ準備が忙しい・・・と言いたいところだけど、
私はうーやんのーやんがいるため、いつもと変わらぬ朝。
そして夫の実家にいても、うーやんのーやんのお相手。手伝いはできません・・・。

義姉の子どもひとり、義兄の奥さんを動員して、お客さんのお茶だし準備。
うーやんのーやんも遊んでもらったりしていたのですが、
なにしろある程度は静かにさせておかないといけないし、
湯飲みやらお菓子のお皿やら、ちょっと危険なモノがいっぱい・・・。
”ああ、そっちはお客さんがいるからいけないよ~。””音の出るオモチャはダメ!”
なんていろいろ制限されて、のーやんがヘソを曲げてしまい、”外に出る!”
それは幸い。逆に外に出てた方がせいせい遊べてイイじゃん、と思い外に出ようとしたら、
塾を終えて来た義兄の子どもふたりの姿が見えるやいなや、”お外行かない!と泣き。
うーやんは、それでも外に行きたいと言ったので、ふたりで庭で少し遊んでいました。

ふたりともいとこのお姉ちゃんお兄ちゃんがいるので、大興奮。
別に一緒に遊んでもらってる、というわけじゃなくても、
みんなが遊んでるスペースに一緒にいるだけで嬉しいみたいなんですよね。
逆に、ふたりとも私の存在を忘れたかのようにはしゃいじゃって・・・母、悲し。

お客さんたちは昼過ぎまでいたので、それまでお昼ご飯はおあずけだったため、
そうとうお腹が空いてしまった様子。
お客さんが帰ったあと、食事などを片づけていると、
食べ残し(手をつけていないモノ)をつまみ食い。
さらに仕出し弁当だったので、お弁当好きのうーやんが”おべんとう!”とうるさい。
なんとか片づけて、お昼ご飯。
のーやんは嬉しがっちゃって、何度も”座ってなさい!”と私に怒られながら、
うーやんは、しっかり座ってお弁当の海苔巻きなどを食べてました。
まあある程度腹ごしらえができたところで、
のーやんは部屋の外に出たり入ったりして遊びはじめました。
するとうーやんが”アタシも!”と、真似し始めて。
それから甥っ子がご飯を食べ終えたので、ペットボトルでチャンバラごっこ。
本当に楽しそうでした。
食べ終えた早々にカロリーを消費している感じ・・・。

この時点で2時前。
”どうする?昼寝させる?”
”でも、今から昼寝だと、今興奮してるから眠れないだろうから、遅くなるよね。”
”・・・じゃあ、このまま昼寝ナシにしようか。”

それから夫が、”水遊びさせよう。”と、噴水ができる筒状のビニールを出し始め。
”え?!着替えがない!!”と、甥っ子姪っ子は残念がっていたけど、遊びたそう。
うーやんのーやんも、みんなが遠巻きに見てるから、なかなか噴水の中に入っていけない。
義兄の奥さんが、”じゃあ、下着を脱いでそのうえにまた服着て遊べばいいよ。”
といってくれて、結局甥っ子姪っ子も水遊び。
”子どもはイイねえ~・・・。”という大人の嘆き。
しばらく遊んでいたけど、その噴水のヤツは水を出しっぱなしにしておかないといけなくて
水がもったいないので、終了~。
ああ~・・・、無料の水が無限に使える場所があれば・・・。

それから甥っ子姪っ子たちは、家の中で宝探しゲームを始め。
うーやんのーやんは、みんなが遊んでるのを見て”アタシもやりたい!ボクもやる!”
しかし、できないので適当に後をくっついて歩いてみたり、
宝と称した紙をひらひら落として遊んでみたり。
みんなが楽しそうに遊んでるから、うーやんのーやんもテンション上がって眠くないみたい。
まあやっぱり動きは多少鈍くなってきてるかなって感じだったし
もう夕方だったので、そのまま帰宅(・・・といっても隣同士の家だけど)。

夕ご飯を作っている間、案の定眠そうだったので、お風呂に入れて。
”お昼ご飯たくさん食べたから、夜は軽くてイイだろう~!”と思って素麺に。
しかし予想を反して、食べる食べる。
やっぱり、水遊びしたりなんだかんだでカロリー消費してるのね。

そして、しばらく遊んで、愚図りはじめたので、布団へ。
のーやんは布団に入っても、大きな声出したりしてたし、急に”重い!重い!”と愚図り。
”何?重いじゃなくてどこか痛いんじゃないの?”と聞いたら、
夫が、私がお風呂に入ってる間にのーやんが下痢っぽいウンチをした、というので
お腹をさすってあげていたら、即入眠。
いつもなかなか寝付けないうーやんも速攻で寝た様子。
その時間、8時10分。おお~~~。
昼寝ナシは、寝るまではホント大変だけど、寝たあとのこの余裕がイイねえ~。
・・・しかし、私も眠い・・・。

昨日に引き続き、遊び倒した1日。
こうやって、だんだん体力がついていくんだなあ~。
そして、母の身体がさらにしんどくなり、ふたりに追いつけなくなり・・・。
だんだん昼寝もしてくれなくなり、母の疲れは溜まり・・・。
ああ~・・・どうしよう??
今日は、双子サークルのグループでお出かけ。双子が3組・・・。
ちなみにうーやんは、紅一点!・・・だけど、全然そんな雰囲気はナシ!
水遊び場や動物がいる施設に行ったのですが、
初めて行く水遊び場に、6人の中で先頭を切ってスタスタと歩いていってしまいました。
”身体は小さいけど、負けてないよね~!”と、褒められ(?)ました。

今日は曇っていて、ここ数日の暑さは感じられず。
しかも、水遊び場は上から霧状に降ってくるため、近寄ると確実に濡れる!
子どもの着替えはあるけど私の着替えはないので、濡れることもできないため
遠巻きに見守っていると、のーやんが”たあやんも~!”と私を呼びに来るのですが、
”たあやんは行けないよぉ。”というと、自分もあまり入りたくない様子。
うーやんは、先頭を切って入っていったものの、頭から濡れるのがイヤみたい。
他の双子ちゃんは、1組は水遊び場に興味がないらしく。
もうひと組は、元気に水遊び場で遊んでいたのですが、お母さんが
”ちょっと、服がびしょ濡れだから脱ぎなよ。”と、脱がせたのがきっかけで
水遊び場よりも他のことに興味が沸いてしまった様子。
結局、うーやんとのーやんは、小川ができているところで足をつけて遊び。
他の子たちは、大きいお絵かきボードに絵を描いて遊んでいました。
そして、しばらくしてうーやんのーやんもお絵かきに加わり・・・。

お昼ご飯は、うーやんがビックリするほど食べてくれました。
・・・といっても、パンしか持って行かなかったけど・・・。無精な母でスマン。
今回もまたまた”ちゃんと座って食事をする”イイ子を演じたふたり。
”ちゃんと座ってエライよね~。”と、点数稼ぎ。
しかし、うーやん、サンダルが汚れている、と愚図り大泣きしてマイナスポイント。

昼ご飯のあとは、また水で少し遊んだり、水遊び場の周りを走り回ったり。
水着を持って行かなかったので、紙オムツ一丁で元気に走り回ってました。
そして動物を見に行こう!と、お着替え。これがまた一苦労・・・。
でも、みんな双子ちゃんだから着替えのペースの時間が同じだから嬉しい!

動物コーナーで、6人並んでレッサーパンダやカピバラを見て。
ひとりがふらふらと移動すれば、ほかの子たちもわらわらと移動。
誰かがこっちに来れば、誰かが向こうに行ってしまう。
”お~い!こっちだよ~!”とか大声で呼んで。
なんかホント、プチ幼稚園だよ・・・。

”もうそろそろ帰りたい・・・。”という親の心。
”じゃあ、あっちに汽車があったから、それに乗ろうよ。”と帰り道に近づける作戦。
・・・しかし、途中にあった、ゲームセンターによくあるオモチャの乗り物で撃沈。
新幹線やバス、トーマスなど6台ぐらいの乗り物がおいてあったのですが、
6人みんなで、あっちに乗ったり、こっちに乗ったり・・・。
ホントに良く飽きもせずに、いろんな乗り物に乗ってました。
カラオケバス、とかいう乗り物にマイクがついていて、歌声を披露していたうーやん。
男の子たちはやっぱり新幹線とかが好きみたいで、何度も定員オーバーになってました。
途中、一人のママさんが、”そこにあるソフトクリーム食べたいなあ。”
じゃあ順番に買ってこよう、と一人が買いに行くと、
うーやんのーやん、あともうひと組の双子ちゃんが汽車の方に歩き出して。
”なんで?このタイミングで行くわけ???”
で、連れ戻してソフトクリームを買うも、私のは全部うーやんに食べられました・・・。
のーやんは、最初のうちだけであとは”いらない。”と、乗り物で遊んでいました。

そして、なんとかみんなが満足したあたりで、やっと汽車の所まで移動。
チケットを買ったりなんだかんだで、さらに時間がかかったけど、
なんとか汽車にも乗り。みんな楽しんで乗ってくれました。

さすがに疲れたのか、汽車から降りたらすんなりとベビーカーに乗ってくれました。
そして、双子ベビーカーを3台並べて記念写真。
帰り道、うーやんとのーやん以外の子たちは、駐車場に着くまでに寝ちゃってました。
ふたりとも、ホントベビーカーで寝てくれないよなあ~。

クルマの中でも、”アンパンマン!!”と、アンパンマンのCDをかけろと要求。
”この人たち、眠くないのかな?”と思いながら、アンパンマンの歌を流したら
それで満足したのか、ふたりとも速攻で寝てくれました。

親も疲れたもん。子どもだったらなおさら疲れるよー!ってぐらい遊んでくれました。
みんなと遊べて良かったね、うーやんのーやん。
月曜日、ウチにもついにエアコンがつくということで、
取り付け工事のため外出せずに家で待機していたのですが。
”こういう日に限って、いつもと比べて暑くないから出かけられたのになあ。”
扇風機はつけていたのですが、私もさほど汗をかくこともなく、
のーやんも汗をかいていない。・・・うーやんは汗っかきだから汗かいてたけど。
”まったく、うーやんはホント、汗っかきだねえ~。”なんて思いながら、
”今日はお出かけできなくて体力を使わないから、昼寝ナシかな?”
そんな日の前の夜に限って、うーやんが何回も起きて愚図ったりしていたので
寝てもらいたいのに・・・と、ささやかに期待しながら、
のーやんを見ると、アクビをしている!まだ午前中なのに!
よしよし、イイ感じじゃないか!と思って、ふとのーやんに触れてみると、
めちゃめちゃ熱いっっ!!また熱が上がっちゃってたんだ!!
考えてみれば、朝、元気はあったけど着替えのときとか熱かった気が。
急いで体温を計ると、38度5分。・・・ムムム~。

お昼前に取り付け業者が来たのですが、そのぐらいからのーやんがグッタリし始め。
寝かせてあげたかったのですが、2階に上がってしまうわけにもいかず。
とりあえず小さい布団を敷いて”横になってれば?”と促したら、
最初は業者さんが気になってなかなか寝てくれなかったのですが、
だんだんと本当にだるくなってきた様子で、横になってくれました。
1時近くなってもまだ工事してるので、お昼をあげることに。
”のーやんがあんなだから、あんまりたべないだろう。”と、少なめにうどんを茹でたら
ふたりともパクパク。もう食べ終わってしまったのに、”おかわり。”とのーやん。
”もうないよ~。”と言ったけど、イスから立ち上がろうともせずに
頑として”オレはおかわりを待つ!!”って感じだったので急いで茹でて。
お腹がいっぱいになったのか、イスに座りながらウトウト。
抱いたら寝るかな?と抱いたら、抱かれ心地が悪かったらしく、ジタバタ。
布団に寝かせたら、業者さんが入るにもかかわらず寝てしまいました。
それから、工事が終わってうーやんも寝てくれて。

でもやっぱりのーやんの身体はほてりっぱなし。
うーやんものーやんも、保冷剤とかで冷やされるのがキライなんですよね~。
この間支援センターの先生が、”脇の下を冷やすとイイですよ。”と教えてくれたので
タオルをまいた保冷剤を脇の下に当てると、すごいイヤそうな顔して・・・。
おでこなんかにおいて冷やそうとしても、”ヤダ~。”と振り払われちゃったり。

夕方に起きて、のーやんにかぜ薬をあげたら、吐いてしまいました。
それ以後もだるそうで、起きあがらないのーやん。大丈夫かなあ・・・。
夕ご飯は、とりあえずのーやん抜きで食べていたのですが、
”朝まで生きてました”という新鮮な魚を、夫がのーやんにあげたら、
それがよほどおいしかったらしく、起きあがって食べ始めようとしました。
で、豆腐や魚などを少しずつあげていたら、また吐いてしまいました。
”やっぱりダメかあ~。”とは思ったモノの、のーやんが食べたそうなので、
また少しずつあげて、また吐かれて。
食欲はあるんだねえ~、ってことでまたまたうどんを茹でて食べさせて。
そしたら、体温が少し下がってくれ、のーやんもいつもの元気を取り戻してくれました。

寝るときには、また体が熱かったので、ちょっと心配しながら。
こういうときは、私の方が熟睡できません。
何度となくのーやんの身体を触って、熱くないか確認して。
”あんまり私が触りすぎるから、逆にのーやんも熟睡できないんじゃ???”って気も。

ふと、のーやんが。
”・・・おもちゃダメ・・・。”と寝言。
その後、少ししてフッとのーやんを見たら、
”パンパンパン、パンパンパン・・・”と、拍手しながら「おかあさんといっしょ」中の歌、
「ドンスカ応援団」を歌ってる・・・。しかも、ちゃんと小声で。
”起きてるのか?”と確認したけど、寝てる様子でした。
どんな夢見てるんだ?
考えてみたら、のーやん、以前高熱が出たときにも、やはり「ボロボロロケット」という
「おかあさんといっしょ」中の歌を、振り付け付きで歌ったんですよね。
まあ、もともとうーやんものーやんも歌を歌うのが好きだからいいんだけど。

”どうなってんの?”と、我が子ながら、のーやんの思考回路を解析したくなるのでした。



イヤイヤ、ホントに暑いです・・・。暑い、しか言葉が出てきません。
外に連れ出すのも何となく億劫だし、またまた支援センターへ行きました。

今日の支援センターは、いつもとは全然違ってガラガラ。
それで気がついたのは、混んでいる方がうーやんのーやんのワガママがかき消される!
今日は空いていたし、最初のうち、なぜか二人で一緒に遊んでいたので
私も二人の相手ができて良かったなあ、なんて思っていたら・・・。
自分が並べたおままごとの食材を、のーやんがボトボト落とした事にキレたうーやんが、
のーやんを引っ掻き、置いてあった皿で頭をバシバシ!
そういうコトするときのうーやんの顔って、ホント、怖いんですよね・・・。
”ダメダメ!”と止めたけど、その姿を見ていたママさんに、”こわ~い。”と言われ、
そそくさと逃げられてしまいました。・・・ショック。

それでもふたりで遊ぶことをやめないふたり。仲が良いのか?悪いのか?
レゴブロックで遊びはじめたので、のーやんに”大きいブロックで道作って遊ぼうよ。”
その誘いに乗ったのーやんは、ブロックを運びはじめ、
”じゃあ、トンネルを造ろう!”と、ブロックを積んでトンネルを造りました。
すると、それを見たうーやんが”わああい。”と、寄ってきて。
案の定、ふたりでブロックの置き方でちょっとピリピリムードになり・・・。
結局、笑顔でキレたのーやんが、うーやんが好きなトンネルを壊し大泣き。
のーやんは、たいてい笑顔(または真顔)でキレたときには、謝らないんですよね。

それでもなぜか、またまたふたりでレゴブロックをはじめる二人。いい加減にしたら?
今度は、シャチの取り合いから始まって、ゾウ、ライオン・・・。
そしてまたまたキレたのーやんが、ゾウを投げつけ。
”もう!そんなにケンカばっかりするなら帰るよ!!!”
するとうーやんはその言葉をムシ、のーやんは、”帰ろう。帰ろう。”と逆ギレ?
うーやんは帰る気配がなかったので、帰ることを諦めてのーやんを叱りつけ。
”もうイイから別々に遊んでよ。”と、プチ懇願。
でも、そんなことをやってるうちに体操の時間になったので、
”片づけ手伝ってよ~。”と、片づけさせたので、二人とも少しは気が紛れたらしく
それからは一緒の場所で遊んだり、別のことして遊んだり、先生に相手してもらったり。

パズルも二人でやったけど、ふたり別々のパズルをやってくれました。
のーやんは、パズルを受け取ると、テーブルの上にバラバラにしてしまいます。
なので、私が作ったりしてるうちに少し飽き気味になってきてしまうのですが、
うーやんは、パズルを壊さずに一つ二つピースをはずして、それをまたはめるという、
何とも親孝行なやり方でパズルをしてくれるので助かりました。

これからまだ暑いから、支援センター通いになりそうだなあ・・・。


そしてハンバーガー。
今日は、ふたりにとって記念すべき初マクドナルドの日となりました。
CMで見てるからか?うーやんが”ハンバーガー。ハンバーガー。”とうるさい。
”じゃあ、帰りにハンバーガー買ってくか!”というと、マジで嬉しそう。
これは買わないわけにはいかないな・・・。
そこでパン屋さんのハンバーガーを探したのですが、こういう日に限ってなのか、ナイ。
2件探したけどなかったので、もうふたりをクルマから降ろしたりするのがツライので
マクドナルドで買うことに。ハンバーガーをふたつ。嬉しそうに袋を持つふたり。
のーやんは途中で”重い。”と言ったので、私が持ったのですが、
うーやんはずっと持ってました。そして途中、覗き見するというフライング。
そして帰ってきて、ふたりとも速攻で袋を開けてしまいました。
”オイシイ。”と嬉しそう。
うーやんものーやんも、ここ2日ぐらい食が細くて、あまり食べてくれなかったので、
”これでハンバーガーを全部食べてくれたら嬉しいなあ。”と思っていたら。
3分の1ぐらい食べただけで、あとは遊んでしまいました。
・・・そうか!ピクルスとかカラシとか、抜いてもらうの忘れてた!!
ピクルスが不味かったのかなあ???
でも、それらがないところを渡してみたけど食べず、
私が食べていた食パンを”食べる”と言いだしたので、もういらなかったのかな?
ん~・・・。
でも、”ハンバーガーおいしかった?また食べたい?”と聞いたら、
”食べたい!”と言っていたので、良かったです。


暑いからか、ふたりとも食事に関しては、ここ最近すごく食べムラがあります。
うーやんが特に一昨日あたりから、(また)食べなくなってしまったのですが、
彼女が言うには、”歯が痛い。”らしいです。
”ホントに~?”とは思っていたのですが、ホントに痛いのか?お菓子も食べず。
大好きなトウモロコシも食べず、冷たいお茶を飲んでも”痛い~。”というほど。
う~ん・・・。先週2歳児検診では虫歯は言われなかったし、
口内炎か何かできてるのかなあ?
夜中も起きてヒンヒンと泣いたりすることがあるので、歯痛が原因なのか?
あまりひどいようなら病院に行ってこなきゃ。

夜中起きてしまうこと、ご飯をあまり食べてくれないこと。
そんな些細なことことだけでも、
普段”元気でいてくれること”のありがたさを感じる今日この頃なのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。