おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週の金曜日から日曜日まで、
群馬に住んでいる夫の親戚の家にお泊まり(夫は仕事の手伝い)に行ってきました。
そして、”ずっと旅行連れてってないから、どこか行くか?”ということで、
月曜日も、いろいろ悩んで結局横浜でお泊まり。
イヤイヤ、疲れた~。

とりあえず、長期のお出かけは荷物整理が一苦労・・・。
自分のだったら何となく適当でイイか、と思うのだけど、
子供のぶんは、”汚したときのための代えの服を・・。””寒かったらどうしよう?”
など、いろいろ考えてしまって、
しかもふたり分だから、”この日はおそろいの服がイイか?でも汚されたらヤダし。”
と、悩みがさらなる悩みを生み、プチ混乱状態。
結局、自分の分と同様、”何かあったら向こうで買えば良いんだから。”と投げやりに。

金曜日は、夕方過ぎに群馬の家に到着。
1年前にもお泊まりしたけど、ふたりともさすがに覚えていなかっただろうなあ。
夜、お餅つきがあって、
つきたての餅にまぶす上新粉に興味津々のふたり。
親戚の家の子、かんちゃん(ふたりと同じ年)は、すでに上新粉でお遊び。
うーやんがそれを見て、”やりたい~。”
”ダメだよ!”とは言ったものの、オバさん方に”ひとりがやってるのにムリだよ。”
”・・・やっぱりそうですよねぇ・・・。”と、結局好きに遊ばせることに。
うーやんは調子に乗って、上新粉を顔につけて遊び
それだけでは足りなかったらしく、私の顔も白くされてしまいました。
のーやんは、夫が面倒見ていたので遊ばせてもらえなかったみたいでしたが、
私は、お餅を団子にしたりする手伝いをしていたので、
うーやんの方まで手が回らなく、気がついたら服が真っ白・・・。

去年はふたりを追いかけ回すのに必死で、ご飯すらまともに食べられなかったけど、
今年は、つきたてのお餅を食べられたので嬉しかった~。
大根おろしで食べるお餅、サイコー。

土曜日は、夕方からお祭りが。
うーやんものーやんも”わっせわっせ、やる?”と、それがすごく楽しみみたい。
先月のお祭りは、自分たちも一緒に歩いたりして参加したので、楽しんでくれて、
”この服、わっせわっせの~。”と、その日来てた服を指してそう言ったり、
太鼓を叩いたりしたので、太鼓がすごく好きになったみたいで、
行きのクルマの中でうーやんが、”タイコ、持った?”と聞いてきたり。
でも、今回は見るだけ~・・・。
だけど、纏や山車が何基も出るし、たくさんの行列がくるので興奮したんじゃないかな。
1時間強ぐらい、外でずっと行列を見ていて、
うーやんは途中で、”おうち帰る~。”と、ちょっと飽きたのか寒かったのか?
お祭り好き女だから、自分が参加できないのが納得いかなかったのか?
それでものーやんが最後まで見ていたので、うーやんも最後まで見てました。

まあ、うーやんのーやんの、今年のお祭りの最大の収穫は、お祭りの山車や纏よりも
クレープに付いていた生クリームを思う存分食べられたこと、でしょう。


金曜日は群馬の家で、土曜日はホテルに泊まったのですが、
ふたりとも、慣れない場所で興奮もしただろうし気を遣っただろうし、で
二日とも、寝入りは時間がかかりましたが、寝入ってしまえば爆睡状態でした。
あ、でものーやんは、ホテルの時は、
ホテルの掛け布団のシーツがイヤだったみたいで、
シーツが足にかかるたびにイヤがってなかなか熟睡はできてない様子でした。
うーやんは、お気に入りの毛布を持参していったので、よく寝られてみたいです。
今度から、のーやん用に毛布を持って行こう~。

それと、ホテルのお風呂が大浴場だったので、
うーやんは夫と、のーやんは私と入ったのですが、
のーやんが、浴場に着くと、”うーやんと入る~!とうとと入る~!”と大泣き。
浴場の雰囲気になれなかったんだろうけど・・・たあやんじゃダメなんかい?!
夜遅い時間だったので、早くお風呂から出て寝かせたいのに
お風呂に入ってくれないし、大泣きしてるし・・・。
”じゃあ、もうお風呂はいらなくてイイから!脱衣所で待ってればいいじゃん!”
幸い、脱衣所と浴場がガラス戸で仕切られていて見えるので、
”それでイイや!”と思っていたら、”お風呂入る~!”と言いだし、
何とかお風呂に入れることができました。
やっぱり初めての場所だったから、怖かったのかなあ・・・。

月曜日は、横浜。
アンパンマンミュージアムと、その周辺を散策しました。
ホテルから、日本丸、汽車道と歩き、観覧車に乗り。
お昼ご飯には、散策中に見つけた船の浮き輪からインスパイアされたドーナツを食べ。
ミュージアムに行く途中にいたハトを追いかけ、捕まえようとするうーやん。
しかし逃げられて捕まえられず、蹴る真似する悪いヤツ、うーやん。

アンパンマンミュージアムでは、
顔写真付きの根付けと、キーホルダーを作りました。
そして、それができあがるまでの時間、メロンパンナちゃんに会いました!

半年前にもこのミュージアムに来て、
そのときはアンパンマンやおむすびマンに会ったりして、
ふたりとも嬉しかったはずだけど、あまり表情として出したりはできなかった。
それから半年、アンパンマンのキャラクターもわかり始めて、
”またアンパンマンミュージアム行きたい~。”と言えるようになって。
でも、”メロンパンナちゃん”といえるようになったのはごく最近。
”メロンパンナちゃんに会えて、喜ぶかなあ。”とちょっと気になったけど、
”あ!メロンパンナちゃん!”と、ふたりともめちゃめちゃ嬉しそう!
メロンパンナちゃんの近くに寄ってなかなか離れないふたり・・・。
そして、メロンパンナちゃんが帰ろうとして、通路を歩いているのを
一生懸命追いかけるのーやん。
”ちょっと!そっち行くとうーやんととうとと離れちゃうよ!”というと、
”・・・タッチする。”
メロンパンナちゃんとタッチしたいだって。そんな好きだったの?
じゃあ、とメロンパンナちゃんを追いかけ、タッチしてもらいました。


うーやんのーやん、4日間お疲れ様でした。
昨日の夜は、家族みんな、早寝でぐっずりでした。
”楽しかった~!でも、家が一番イイね!”
そんなふうに言ってくれる日が来ると嬉しいな。
スポンサーサイト
血液型による性格はあまりあてにはならない、とは言いますが。
私は、自分がO型なのをバッチリ当てられてしまうことが多いし、
夫は夫で、もろにA型に当てはまる性質なので、
血液型による性格の違いを、参考程度に考えています。

夫の家族はみなさんA型、兄姉と結婚した配偶者もA型、よって子供ももちろんA型。
自由気ままなO型にとっては、とても息の詰まる家族&親戚方なのです。

なので、何とかうーやんとのーやんにはO型になってもらい、
せめて私たち家族の中だけでもO型が優勢でありたい!と思っているのですが、
出産した病院で、退院時に血液型を聞いたら、
”ふたりともA型だよ。”と、何ともショックな言葉。
しかし”でも、血液型は母親の影響を受けるからねえ。”と看護師さんに言われ、
ママ友との話の中でも、”血液型は変わるらしい。”という言葉で
かすかな希望を抱いています。

”のーやんはA型でしょ。うーやんは・・・O型っぽいなあ。”
と、単に”親の顔に似ているから性格も何となく似てる気がする”という
イメージで、勝手に想像する夫。
・・・とかいう私も、なんとなく、そんなイメージを持っていたのですが。

最近、風呂上がり、体を拭くときに下に敷いてあるバスタオルが
めくれていたりすると、”あ。”とかいって、わざわざ直す仕草を
うーやんがするんです・・・。直した後は、ひとり納得したような顔するし。
神経質かい?!っていう・・・。

O型でも、こだわりがあったり気になったりする部分はあるので、
まだ希望は捨ててはいけない、と思いつつ。

うーやんのA型って、なかなか厄介な気がするから、できれば避けたい・・・。
うーやんものーやんも、電車が好きです。
今日は、近くの鉄道会社でイベントがあるので行ってきました。

ちょうど、一昨日、昨日と、夫の出張のため母が泊まりで手伝いに来てくれていて、
電車で往復してくれるため、駅まで送り迎えしたので
”ばあば、ごっとん?”と、母が電車に乗ってくる(そして帰る)と何度も確認。
のーやんは、”ごっとん、乗りたい~。”と、
ふたりとも、「ごっとんモード」だったために、イベントも楽しみだったようです。

鉄道会社内の敷地に入ると、簡易的な遊び場があったり、フードコーナーがあったり、
誘惑がたくさん・・・・。
しかしとりあえず、目的の電車の運転席試乗には、愚図らないうちに行きたい!
途中、記念写真を撮って、電車の中に。
動いていないけれど、電車に乗れたので嬉しそうにくつろぐのーやん。
運転席の試乗は、少し並んだだけでできました。
せっかく制服を着せてくれるというのに、ふたりとも”着ない~。”と拒否。
一応電車には乗せたりはしているけど、
一番前の車両に乗せたり運転席などは見せたりしていないので
いまいちよくわかっていない様子。

そして今度は、電車の洗車を見学。
ガソリンスタンドのカーウォッシュのような感じで、ブラシをかけて洗車します。
私たちは電車内に乗り込んで、キレイになる様子を見学できます。
小学生ぐらいの子供たちは、”うわあ!すげえ!!!”などと大興奮。
うーやんのーやんも、窓の外を見て、ブラシでキレイになっていく様子を見て、
初めはよくわかっていない様子でしたが、
”クルマに乗ったときに、クルマがキレイになってくのやるでしょ?あれと一緒だよ。”
と説明すると、”あ~。”と納得した様子。

その後、フードコーナーで、初めて天津甘栗を食べ、はまった様子。
・・でも、たあやんもとうとも、クリ、好きじゃないんだよね・・・。

そして移動水族館のコーナーでは、ヒトデやウニ、ペンギンを見学。
ヒトデを持ち歩いてる子がいて、それを見たのーやんが、
”とって、とって。”と、自分もヒトデを持ちたいと言いだし。
しかし、私には・・・・その勇気がない・・・。
うーやんと夫が次の場所に移動して、私ものーやんに見えないように隠れたりしていたのですが
のーやんは、ひとり、水族館ブースに座ってヒトデをジッと見ていました。

その後、鉄道会社の建物内でやっていた駄菓子屋で、ラムネを買い。
そのまま帰ろうとしたら、
うーやんが、”輪投げやりたい。”と輪投げコーナーまで引っ張って連れて行かれたので、
輪投げをやり。うーやんはお菓子をゲット。

バスのコーナーでは、うーやんはバスガイド、のーやんは運転手さんの制服を着せてもらい
写真をパチリ。
のーやんは、制服を着せてくれたお姉さんに、”こんにちは。”とごあいさつ。
・・・ったく。女の人には弱いんだから。”2歳になった。”とアピールまで・・。

まだまだ”電車を楽しむ”というところまでは遠いけど、
ふたりとも楽しかったようで、
帰ってきてから、”新幹線のビービー(DVD)見る~。”と言って見始めて、
電車が出てくると、”コレ、乗ったね!”と嬉しそうに話していました。
”またごっとん、乗りたい~。”とか言ってたし。

また来年行こうね。
そのときにはのーやん、電車マニアになってるかなあ・・・。
寝付きの良い子、悪い子、いろいろいると思いますが、
うーやんは、寝付きが悪い子の部類に入れてイイと思います。
本当にまったく・・・寝付きが悪い。
イヤ、ひょっとしたら、のーやんが寝付きが良すぎるので、
つい比べてしまって、”悪い”と思ってるだけなのかもしれないけれど。

眠くないから眠れない、というのなら仕方がないと思うのですが、
うーやんは、あくびしたり目をこすったり、眠いオーラを出してるくせに
モゾモゾと動いたりして、なかなか寝付けない様子なのです。
”モゾモゾ動いてるから眠れないんだよ。ジッと静かにしてれば眠れるの!”
と言っても、モゾモゾ。こっちはイライラ。
のーやんは、布団に入ってからある程度すると、あくびをし出すので、
そうするともう眠りに入るサイン、すーっと寝てくれるのですが。

まあ、私があまり寝付きの良くない方なので、
うーやんを責めるには、気持ちがわかりすぎるので寝付けなくてかわいそうなのですが。
あまりにモゾモゾと動きすぎて、布団から出てしまうので、
これから寒くなるのに、風邪でもひいてしまわないか?心配です。
うーやんは暑がりなので、寝付いてから布団を掛けても剥いじゃうんですよねえ~。
「寝返り」とうよりは、もはや「移動」と言っていいぐらいの大移動をするので、
スリーパーを着させると「移動」できなくて寝付きが悪くなるかなあ、と思ったり。

のーやんは、一時期はうーやんと同じようにひどい寝相だったけど、
だんだんと少ない「移動」に変わってきました。
”寒いかな?”と思って、布団を掛けてあげると、
そのうちに暑くなって、布団から出ようとして上に上っていく、というパターンです。

去年の冬は、布団から出たものの、寒くなってくると”うえ~ん。”と泣く。
なので、私がもう一度布団に戻してあげて、という繰り返しでした。
今年の春先の終わり頃になってから。朝方寒くて目が覚めたりすると、
自分で布団に戻ってくるようになりました。
しかし、まだ布団をめくって入る、という芸当はできなくて
私が布団をめくってあげると、そのまま頭から突っ込む・・・
しかしそれでは窒息してしまうので、私が抱っこして体制を戻してあげる、に変化。

そして今、布団に足から入るという、見事な進化を遂げました。
まだ、布団をめくるということはできないようで、
足からズリズリと布団に入ってきます。
私が気がつけば、布団をめくって入りやすいようにしてあげてます。
毎回毎回、起こされなくなった分だけラクになった!!


うーやんの寝相が良くなる日は来るのだろうか・・・。
女の子なのにあんな寝相の悪さじゃかわいそう過ぎる。

今日は、紹介してもらったサークルの見学に行ってきました。
本当は先週行くはずだったけど、夫がその週で初めての休みだったので
子供たちと遊んでもらうことにして、急遽キャンセル。

今回は、フィンガーペインティングという、体を使って絵の具で絵を描こう!という遊び。
ムム、服が汚れるのを覚悟で・・・。

見学に行くと、フィンガーペインティングの他に、
先週の遊びだった小麦粘土でも遊んでイイとのこと。
できれば、小麦粘土で遊んでもらいたいなあ~と思っていたら、
みんなが小麦粘土コーナーに集まっているので、
うーやんのーやんもそちらに移動してくれて・・・良かった。

何ヶ月か前、小麦粘土は町のサークルの時に作ったことがあるのですが。
そのときは、まず作ることから始め、しかもみんな初心者のためうまく粘土にならず。
”やっとできた”というころには、もう終わりの時間・・・。
しかも、うーやんは、そのときまだ、”手が汚れるのがイヤ”な人だったので、
小麦も触らず。
のーやんも粘土のさわり心地がイヤだったらしく、あまり興味を示さずだったのですが。

今回は、すでに作ってくれてある!
うーやんも、公園などでの砂場遊びで手が汚れるのが気にならなくなってきてる!
粘土で遊ぶための型抜きなども充実してる!
なので、ふたりとも、かなり楽しんでやってくれていました。

粘土をこねて形を作る、というのはまだまだムリで、
うーやんは、棒で粘土を平たくするのが気に入ったようでした。
のーやんは、型抜きで少し遊んで、それから粘土を持ち歩きながらフラフラ・・・。
指輪のように、指に巻いてあげたら喜んで、”こっちも!”と指を出してきたり。
”今度お家でも粘土作って遊ぼうか?”と聞いたら、”うん!”と大喜びでした。

そして、二人とも粘土遊びが一段落したら、フィンガーペインティングにも興味が。
”まあ、汚れてもイイ服だし。”と、やらせてみました。
敷いてあった紙代わりのプラスチックシートに、筆でなにやら書き書き。
ただ筆を動かしてるだけなんだけど、結構真剣にやっていました。
さすがにコレは家ではできない・・・。

うーやんは、よほど楽しかったようで、家に帰ってきてからも
”こねこね~んど。”と、テレビで流れるフレーズを何度も言って喜んでいました。
夫が帰ってくると、”あのねえ!こねこねねんど!”と、
粘土で遊んだことを報告。
”ああ!粘土で遊んだんだ。粘土って、絵本に出てくるくねくね新幹線だ。”というと、
のーやんが、”そうか!アレだ!”と、夫の言っている絵本がわかったようで
ニターッと笑っていました。

町のサークルで遊んだときには、”ウチの子は粘土は嫌いかなあ。”と思ったけど、
やっぱり、月齢が進んでいくと、そのおもしろさがわかったりして
遊べるようになってくるんだなあ、成長してるんだなあ、と感じました。

コレで、次の雨の日の遊びは決まった!
今日は、一日フルコースで遊ばせよう!ということで、
近所のデパートへ。
午前中は公園で遊ばせて、お昼を食べさせてから、
デパート内を散策または支援センターで遊ばせよう!と意気込んでいったものの・・・。

デパートの駐車場に着いて公園に行こうとしたら、
うーやんが、”ヤダヤダ!コワイコワイ~!”と泣きながら拒否。
のーやんは行く気になってるのに・・・。
”何がコワイの?”と聞いても、”ヤダヤダ!”
・・・まあ、確かに「何が」っていえる訳もないけど。
普段はあまり行かない公園だし、過去何回か行ってもイヤな思いをしたこともないし。
結局、強引に連れて行ったのですが、
行けば行ったで楽しんでるんですよね・・・。一体何???

うーやんは、たまに”コワイ~”と言って、行きたがらない場所があります。
それがいつも決まっている場所かどうか?までは覚えていないのですが、
とにかく、何の変哲もない場所なはずなのに”コワイ”というときがあります。
それが本当に”コワイ”のか?それとも、
ただ単に他に行きたい場所があるのだけど、他に言葉が見つからずいうだけなのか?
そのあたりは、きっと永遠の謎かもしれない・・・。

私自身は霊感とかはないけど、
子どものころって、誰でもそういう感覚が鋭いんじゃないか?って勝手に思ってます。
霊感・・・というよりも、野生の本能というか、場の雰囲気を読み取る力というか。
大人になってもそうだけど、
何となく落ち着く場所があったり、初めて会った人なのに昔から知ってる感じがしたり。
そういう感覚が子どもの方が敏感だから、きっとうーやんも、
何かを感じ取って”コワイ”って表現になってるんじゃないかなあ、と。
コワイと思ったけど、ただの思い過ごしで
行ってみたら遊具もあったりして気が紛れて怖くなくなった、みたいな。

ちなみに、まだ家の敷地内でそういうことをいわれたことはありません。
最近、しつけってどういうことなんだろう?って、本当に考えます。
それは、もちろん人それぞれ違う意見があって、
どれが正解ということがない、だからみんな悩んでいるのだけど・・・。

食事に関して、遊び友達とのつきあいに関して、身支度に関して、などなど。
2歳なんだからまだ”しつける”ことなんかできるわけがない、と思う反面、
何でもかんでもやりたい放題にさせておくわけにもいかないし、とも思う。
でも、ある程度は自由にさせてあげないと、子ども自身伸び伸びとできないんじゃないか?
じゃあ、その”ある程度”ってどれぐらい???

そんなのは自分の物差しでしか測れないことはわかっているんだけど、
どうしても、よその子たちと比べてしまう。
自分の都合で、その物差しの長さが変わってしまう。

子どもの成長が早すぎて、母親としての成長が追いついていかないのがとっても歯がゆい、
今日この頃。


そんなんで、食事時のしつけには、毎回毎回イライラし、悩んでいるのですが。
うーやんものーやんも、だんだんと自分で食べてくれるようになってきてるし、
外食をするときに、割り箸などにとても興味を持つので、
先日購入した「エジソンのお箸」というのを持たせてみることにしました。
箸の先端は物をつかみやすいように少し平たくなっていて、
持つところも親指、人差し指と中指を入れる穴があって、正しい持ち方ができる、というやつ。
私自身、箸の持ち方が間違っているので、
子どもにはゼッタイに正しい箸の持ち方をマスターしてもらって、
キレイに食事ができるようになってもらいたい!

そんな箸の練習初日のメニューは焼きそば。
ごめん、箸を使わせる気は全然なかったから・・・。

うーやん。
うーやんはもともと箸にすごく興味を持っていたので、箸が持てて嬉しい様子。
穴に指を入れて、でも、うまく箸を開閉できず。
焼きそばを、箸の上に器用にのせて、犬食い・・・。
それでも、”上手に使えるねえ!”とほめてあげたら、とっても嬉しそうでした。
そして、穴から指が抜けるのを恐れて、コップや汁椀などを片手で持って飲んでいました。
のーやん。
彼もまた、箸を持てて嬉しそう。
しかし、指が硬くて、穴を指に入れるもののなんだかとっても気ぎこちない。
なかなか扱いづらそうで、”手で食べよう~。フォークで食べよう。”などと浮気。
でも、”自分の好きな食べ方で食べてイイから。”などというと、
箸を持ちたがったり。使ってもうまく使えず手で食べたり、
いつものように遊びながら食べ。

うーやんは結局、焼きそばはそのまま犬食いをしてしまいました。
その時は、私も自分の分を食べていたし、
うーやんが一生懸命だったので、そのままにしておいたのですが、
私が食べ終わって、のーやんに箸を持たせたりしているときに
”こうやって、箸を広げるんだよ。それで、こうやってつかんで食べるの。”と、
箸の使い方を、手取り足取り、ふたりに改めて教えてみました。
ちょうど枝豆をおかずに出していたので、”コレで練習してみたら?”

うーやんは、すごく上手に使っていました。
”うーやん!上手じゃん!たあやん、びっくりだよ~!”と褒めたら、
本当に嬉しそうにテレ笑い。
それから本当に一生懸命、気配を感じさせないぐらいの集中力で食べてました。
4つ切りにしたミニトマトも箸で懸命につかもうと必死。
”それは切り口が斜めになってるから難しいんじゃない~?”といっても
がんばって箸でつかんで食べていました。
しかも、箸で食べるのがよほど楽しくなったのか、
いつもだったら手を出さない一口大の鶏肉も箸で食べ、
さらに食べ残しの短くなった焼きそばも箸でつかんで食べ、キレイに完食。
ありえない~!

エジソンさま(エジソンとお箸は関係ないと思うけど)、ありがとうございます!

ちなみにのーやんは、枝豆は箸で食べてクリア。
トマトは先に食べてしまったので、”トマトちょうだい。”
しかし私のトマトもすでになく・・・。
焼きそばは、ほとんど手つかずだったのですが、
”いい加減に遊んでないで、早く食べちゃってよ!”と何度もせかされ
結局フォークで食べていました。
のーやんは、穴に指を入れても指の関節を曲げることをしないので
箸の開閉が思うようにできないみたいです。
使いたい気持ちはあるみたいだけど、まだ扱いきれてない様子。
まあ、まだ初日ですから。

上手に使えるようになってくれると良いなあ。
うーやんのーやんと一緒に買い物するようになり、
”10円ちょうだい!”と言われることが多くなりました。
最初の頃は、お金(10円)を出せばモノがもらえる。”と思っていたらしく
なんでもかんでも”10円ちょうだい!”
とりあえず許す限りは、レジの人にお金を渡させたりもらわせたりしているのですが。

最近、うーやんは10円ブームは去ったらしく、
以前ほど”10円ちょうだい!”とは言わなくなったし、
レジで待っていてもお金を渡したがったり、もらいたがったりしなくなりました。

そのかわり、のーやんが・・・。
財布を出せば、”10円、10円。”
レジの人に渡すことは渡して良いのですが、おつりをもらいたがって、
しかもおつりを返してくれないんですよね、当たり前だけど・・・。
だからおつりを私がもらうと、これまた”10円ちょうだい!”とうるさいし。
最近は拒否られたときの愚図りがひどくなってきているので、
つい渡してしまうのですが。

ちょっと困ったのが、のーやんはレジの人に渡したいとかではなくて
純粋に10円が欲しいみたいなこと。

いつも使う散歩コースに郵便局があるのですが、
その郵便局に行くと、必ずふたり、書き物をするテーブルに陣取って遊び、
ボールペンを持って、”(自分の手に)何か書いて。”とせがむのです。
”何書くの?”と聞くと、
左手の甲にアンパンマン、右手の甲にカレーパンマン、左手のひらにドキンちゃん、
などなど、合計4つなにかしらのキャラなどを書かされます。

先日、例のごとく、”何書くの?”と聞くと、
うーやんはアンパンマンなどいつもの通りだったのですが、
のーやん、”ん~・・・10円!”
はあ???しかも4つ中3つ10円・・・。最後のひとつはアンパンマンでした。
手に書かれた「まる10」を見て、”ふふ~ん。”と喜ぶのーやん。


ケチ系なのか?浪費家系なのか?一体どっちなんだろう?
この時期、何がおもしろいって、言葉の言い間違いがおもしろい。
そしてカワイイ。

うーやん。
・DVD→ビービー。
”ビービーのね、ビービーやるよ!”とか何とか言う。
そしてなぜか”ビービー”を言うときに人差し指をたてる。
・カタツムリ→カタムツリ。
うんうん。カタムツリの方が言いやすいわ。
・ハッピーバースディトゥーユー→ハピバースディクールー。
何の迷いもなく”クールー”と歌っている。イヤ、間違ってるから・・・。
・お好み焼き→みやき。
勝手に略すな。

のーやん。
・牛乳→にゅーにゅー。
・あったかい→あっかたい。
”あっかたいにゅーにゅーちょうだい。”
ちなみに風呂上がりに飲ます牛乳は、のーやんはお腹が弱いので温かいのをあげています。
うーやんは温かいのが嫌いなので、冷たいのをあげているのですが、
のーやんがたまに”冷たいニューニュー、飲む~。”というので、
”・・・じゃあ、ちょっと冷たい牛乳あげるよ。”と言って温めてます。
簡単にだまされるのーやん。
・郵便→うーびん。
トミカのうーびん車は大のお気に入り。
DVD→ビービー。
姉の影響。


勘違い編。
・タクシーのことを”ジイジ”と呼ぶ。
義父がよくタクシーに乗っているため、タクシー=ジイジになってしまったらしい。
・ハンバーグ→ハンバーガー。
ほかに、何かを挟んであれば何でもハンバーガーだと思ってる節あり。
ままごと食材を適当に3つ重ねて持って”ハンバーガー!”とも言っている。
・タコ番長
DVDのキャラクター。”タコ”にはつけなくても良い”番長”が必ずつく。

食事の時は、うーやん、”コレはうまい!”とか言います。
のーやんは、”とって~も、辛い。”とか、”とって~も○○”というのが好きです。

のーやんの意味不明語に、”かっぱな!”というのがあります。
「おかあさんといっしょ」の中にカッパの歌があるので、
それからの派生か?とも思われるのですが、歌を知る前から言っていた気もする・・・。
最近は、”かっぱな!”もあまり言わなくなりましたが、未だに謎の言葉です。

昨日は、フリーマーケットなどが開催されているイベントへ。
そこでうーやん、プチ迷子になってしまいました・・・。

のーやんは手をつないでいたのですが、うーやんはひとりスタスタと歩いていて。
私も、”あぁ、こんなのがあるんだ。”なんてよそ見していたから悪かったのですが、
ちょうど人の波に飲み込まれる状態で、うーやんの姿を見失ってしまいました。

ああいうときって、ホント、焦りますね・・・。
クルマにひかれるとかの心配はなかったのがせめてもの救い。
会場も人も多いけど、それなりに見通しはきく状態だったのですが、
見失った場所をウロウロ・・・。のーやんを引っ張ったり抱っこしながら。

でも、いつまでも大声出して探していても仕方がないので
とりあえずイベントの本部へ行こう!!と、きょろきょろしながら本部の方へ向かったら
本部よりも少し先のところで、オジさんとオバさんが
うーやんが背負っていたリュックの中を見ようとしているところでした。
きっと何か手がかりがあるか見てくれようとしてるんだ!
しかし中には、オムツとハンカチしか入っていないのに・・・。
こういう時のために、名前を入れたキーホルダーでも作っておこうか?
などと、なぜか冷静に考えながら、うーやんの方へ向かって歩き・・・。

”うーやん!ひとりで歩いて行っちゃダメだよ!!!”
うーやんは、やっぱり心細かったのか、大泣きして”ごめんなさ~い!”
私も、安心して泣き・・・。ホント、これぐらいで済んで良かったです。

それからその日は、うーやんがふらふらとどこか行きそうになると
”うーやん、また迷子になるよ!”というと、
”へへへ。”と、照れ笑いして急いで私のところに戻ってきたりして。


そして今日は、電車に乗って、町中にある川のコイに残ったパンの耳をあげに。
のーやんは”自分で持つ!”と、電車の中でずっとパンの耳の入った袋を持ち歩き。
無事、任務(?)を終了し、通りを少し散策。

お店から出るとき。
またまた、私がのーやんの手を引いて、うーやんはあとからついてきて。
パッと後ろを見ると、うーやんが違う方向へスタスタ歩いて行ってしまいました。
”ちょっと、うーやん!こっちだよ!!”と言っても聞こえない様子。
歩いていたオバさんが、”お母さんあっちだよ!”と声をかけてくれて、
”たあや~~ん!”と、私の方へ走ってきてくれました。

あぁ、こうやって迷子になるんだな~、と。
当たり前だけど、子どもは自分の足の向く方に歩いて行ってしまうんだな、と。
「となりのトトロ」のメイちゃんが、
本家に向かう五月とカンタを追いかけて迷子になりかけたように、
とりあえず足を止めるっていう選択肢はないんだな、と。

もう2度と迷子になるようなことがあっては困るけど、
もし迷子になっちゃったら、見失った場所を探すよりも
とんでもない場所を探した方が見つかるかも、ってことを頭に入れておこうと思います。
今日は、公園へ。

午前中は宅配があるし、あまり出かける気はなかったのですが、
あまりにもいい天気。”出かけないのはもったいない。”と、出かける準備。
宅配も早めに来て、いい調子で出かけられると思ったのに、
うーやんが”(ウンチしてないから)オムツ換えない!”
なんだと~!!!!!!
それでも意外と、のーやんが換えたりすると”アタシも!”とか言って換えるときもあるけど
今日は、全然その気はない様子。
のーやんは、私がうーやんを”換えなきゃダメでしょ?!”と怒ったので、
そそくさと換えて、歯磨きも着替えも済ましてしまいました。
そうなると、ますますイライラが募る。・・・と言ってもまだ自分の支度もしていないので
うーやんを叱りながら自分の支度を済ませ。

ああ~。子どものイヤイヤにイライラしない薬ってないかなあ・・・。
多少高くても買うのに。

最初は、山の上の公園に行ったのだけど、あまりにも寒い・・・。
のーやんが鼻水を出しているし、”寒い。”というので(ホントかどうかは疑問)、
違う公園に移動。
そこでお弁当を食べたけど、やっぱり寒いので、近くの支援センターへ移動。
それなりに遊んで。

支援センターからクルマまで行く途中、自動ドアが。
普段はそんな自動ドアなんかに食いつくことはなかったのに、
今日はなぜか、自分たちが通ったあと、”ドアが閉まらない。”と言いたげに
ふたりして指を指すので、”じゃあ、パワーを送って締めてよ。”と、
ドアの方に手をかざしたら、二人がそれを真似して。
すると”えい!”と、ふたりがかざしたのと同時にドアがちょうど閉まったんです。
とっても喜ぶふたり。・・・どうやら勘違いしてる様子・・・。

やっぱり、次の自動ドアのところでは、”えい!!!!”と
勘違いなパワーをドアに送るふたり。
そこは、デパートの入り口のドアだったので、
人の出入りが激しくなかなかいいタイミングでドアが閉まってくれず。
通りがかる人たちには、温かい(?)失笑をいただいたり
またはパワーを送ってるのを”バイバイ”しているのと勘違いして手を振ってくれたり。
”お!いいタイミングで閉まったぞ!”と思うと、
お客さんがまた来て、ドアを開けてしまったり。

うーやんは、次第に飽きてしまったようでハンドパワーは終了したけど、
のーやんは、だいぶやってました。
人の波がとぎれてドアが開くことがなくなって、ようやく納得し
満面の笑みでクルマに向かったのでした。

今度、どこかで自動ドアに遭遇したら、またやるのだろうか?
あぁ。イライラを止める薬、ください。

今日は支援センターへ。

夏の暑い時期は、それなりに支援センターを利用していたけど、
季候が良くなって外遊びが増えて、あまり行かなくなってきたのですが。

久しぶりの支援センターで感じたこと。

まず一番は、意外とというか、やっぱりというか、
のーやんがオモチャに執着すること。
ほかの子が遊んでいるオモチャなど、
奪い取ろうとしたり、自分が遊んでるオモチャをなかなか手放さなかったり。
結構な傍若無人ぶりを発揮、
”アンタってこんなに頑固だったの?”ってぐらい執着してました。

遊びものは、自分が乗れるモノ(汽車とかクルマのヤツ)が多かったですね。
滑り台をやったりボールプールで遊んだり走り回ったり、体を動かすことが多くて
たまにおままごとセットを触ったりして遊んでいました。

うーやんは、今回はおとなしくて、誰かとオモチャの取り合いなどはなく平和。
私は、のーやんがあちこち動くので、ほとんどのーやんに付きっきりだったのですが、
うーやんは、ひとり(または誰かが相手してくれたりして)遊んでいました。

おままごとのモノで遊んでいる時間がすごく長かったです。
ウチには食材などはあるけど、お皿などはあまりないので
結構本格的におままごとで遊べるのがおもしろかったのかも。
あと、私が一緒にいるとき、棚の上に置いてある”人形をとって!”と頼まれました。
”あら?!女の子ねえ~やっぱり。”なんて思ったら
着ている服をベリベリと脱がせ、キッチンセットの棚に押し込めていました。
オイオイ・・・。
でも、人形の髪をとかしたりして、とりあえず人形ごっこの第一歩は踏んでいる様子。

あとは、ボールプール、滑り台、トランポリンなど。


体操の時間は、アンパンマン体操で知ってる体操だったので楽しそうにやってました。
自動車の歌や、アンパンマンの手遊びなどもやってくれて、
それも楽しそうに参加していました。
アンパンマンの手遊びは、家でもやってるんですよね。好きみたいです。


支援センターなどに行くと、なかなかオモチャを共有できなかったりして、
(今の時期はそれが当たり前なんだけど)
”ケンカになったらどうしよう?”とか”泣き喚いたらヤダな。”などと思って、
つい足が遠のいてしまうのですが・・・。
それも成長の証なんですよね。

これから寒くなったりすると、また支援センターに行ったりする機会も増えると思うけど。
あまりに過度なやんちゃはほどほどに頼みます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。