おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ドリームバトンとかいうヤツをやってみます……。
1.小さいとき何になりたかったか?
ムム…。夢多き乙女だったのでころころ変わってます。みんながなりたいと思うモノは一通り夢見てたと思う。
2.その夢は叶いましたか?
叶ってません…。二兎追う者は一兎もえず…か?努力の問題かな?
3.現在の夢は?
日々平穏に普通の幸せを感じながら暮らしていけること。
4.最近見たコワイ夢は?
最近ではないけど今でも覚えているコワイ夢。(想像して読んでね)
夢の中で私は以前死んだことがあって、新たにまた死んだようなんですね、どうやら。そして何やら(一緒に死んじゃった)友だちと旅支度をしているんです。友だちは死ぬのは初めてらしくて、私が”平気だよ~。大丈夫大丈夫。”と余裕をかまして元気づけているのです。なぜなら私たちはこれから天国(?)へ行くために厳しい試練(それこそエベレストみたいな険しい山に登ったりする)を乗り越えていかなければならないわけです。
夢の中の話ですよ。
まず第一の試練が(コレを試練というのか定かでない)、襖で区切られている真っ暗な部屋を通り抜ける…。その部屋の真ん中には(何故か)布団が敷いてあって、何かがモゾモゾ動いてるんですね。それを跨いだり避けたりしながら怖々と進んでいると、ば~~っ!!!と布団から(何故か)般若が飛びかかってきたのですっ!!”きゃ~~!!!!”と逃げる友だち、捕まる私。友だちは振り返り”おりくちゃんっ!””私はいいから先に逃げてっ!”(怖いけど笑える)。そして私は右腕を般若に食われてしまったのでした。倒れた私の右腕から流れる生温かい液体(血)。そして私の背後で襖がスーッと開いたらしく光が差してきたんです。
そこでパッと、その倒れた格好と同じ格好で目が覚めたんです。アレはマジで怖かったです!!”何かの暗示かなあ?”と、ことある事にビクビクしてたのですが、結局何もなかったです。ほっ。
5.バトンを渡す人は?
いませんので、コレで終わり。

バトンを渡していただいた雷雲さん、ありがとうございました。
コメントの返事、全然気にしてませんので~。ホントに。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/107-ee2161c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。