おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
というスペインの映画を映画館で鑑賞。尊厳死を扱った重い映画です。映画館でなくても見る価値がある映画だと思います。感想は後ほどアップするとして…主人公のラモンを演じた男性はスゴイ!表情だけで想いが伝わってきます。パンフを見てさらに驚いたことは、彼は35歳だというコト!(そしてカッコイイ)5時間のメイクで55歳のラモンに化けるのですが、外見だけでなく、目の奥まで55歳になってるのがスゴイ!

「海を飛ぶ夢」の感想はコチラ。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga5gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/14-d2b047d4

海を飛ぶ夢
ずーっと観たいと思っていた映画。 今日ようやく観てきました。…期待を全く裏切らない作品でした。私は尊厳死はあって良いと思っています。でもそれは終末期医療の中での尊厳死。いわゆるホスピスのような考え方には賛成ということ。だからラモンのようなケースではどうなん

2005.05.10 05:29 | la nourriture de l'esprit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。