おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
を鑑賞。1966年マイケル・ケイン主演で製作された「アルフィー」のリメイク版です。ニューヨークで奔放な愛を楽しむプレイボーイのアルフィーの話です。ジュード・ロウ好きじゃない人が見たら、退屈…かなあ?ジュードの映画(プラス名作をリメイク)だと思ってみると、一言言いたくなるかもしれないけど、気ままに暮らしていたアルフィーが孤独になっていく様は、共感ではないけど考えさせられる気がしました。私はジュード好きなんで、彼を見られただけでもOK!なんですけど。
スーザン・サランドンが、魅力的な金持ち女性を演じております。あんなふうに凛としていて存在感があって、さらに魅力的な女性、憧れますねえ。映画の中で、彼女がアルフィーをフッてしまうシーンがあるのですが、”なぜ(別の男に)乗り換たんだ?”的なことを聞かれて、”あなたより若かったからよ。”って言ったのは、映画の中ながら”イエスっ!!”って感じでした。女性だって、若い男が好きなのよ!氷川きよしが良い例じゃない?!ヨン様だってイケてるのよ(きっと)!
チクッと心が痛んだ男性の方、「アルフィー」を見ましょう。

「アルフィー」の感想はコチラ。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga2gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/198-018ff6d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。