おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夫と2人でカーリングの応援にアツくなってます。
土曜日。特に見るモノもなかったので、何気なくカーリング日本VSカナダ戦の試合を見ていたのです。私が見始めたのは3endぐらいからで、夫は帰って来るなり、”何?カーリングなんか見て。”と、いかにも他に見る番組がないから見てるんだなあ~的な言い方。
見始めは細かいルールが全くわからず、まるい円の中の日本のストーンがカナダのストーンにはじき飛ばされてしまった時は、”あ~あ~。日本、ヤバイじゃん。”と嘆いたそうそうに、”これは日本にとってチャンスですねえ。”とアナウンサー。”…一体どういうトコがチャンスなのさッ!”ってな感じ。ただただストーンを投げた時の”オー。オー。”とか言ってるかけ声(サイン)みたいのが”なんて言ってるんだろう?”と思いつつ面白かったのと、”いいよいいよ。”とか”右右。”などと言っている声が聞こえて、それが(何故か)嬉しかったので、見続けていました。
そうするとルールも何となくわかってきて、意外と駆け引きみたいなのがおもしろいんですよね。そして選手が思っているだろう場所にストーンが行って相手のストーンをはじき出すと、爽快なんですよ、これが。地味な競技にみえても、あの爽快感はやはりスポーツのモノですよ。
夫は飲みに行くはずだったのに、”この試合が終わってから行く。気になってしょうがない。”と、思いっきりハマってしまいました。
今日の試合は見てないけれど勝ったみたいで、決勝戦(リーグ?)進出に望みをつないでる見たいです。ここまで来たら、ぜひ決勝に進んでもらいたい!!
これは夫が、試合中にアナウンサーが言ってたんだけど、と教えてくれたことなのですが、会場に外国人の日本カーリング選手への声援が結構あるらしいんです。確かに試合を見ると、オバちゃん選手が明らかに多いんですね(多いというかほとんど)。なので、若い日本選手に自然と声援が多くなるとか……。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/206-ce1a4c2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。