おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
BSで総集編をやっていたので見ました。
司会者は日本では馴染みのない人だし、女性軍のドレスもシック(黒とかベージュとか)なのが多くて、ノミネート作品同様に地味な感じでしたね(総集編だからカットが多いからか?)。
「SAYURI」は撮影、美術、衣装デザインの3部門で受賞しているんですね~。「クラッシュ」と「ブロークバックマウンテン」も3部門ずつ。同じじゃ~ん。それなのに全然話題にならなかったですね。日本が舞台でも外国モンって感じがするんですかねえ?アジアン・ビューティ、ざんね~ん!
「クラッシュ」が作品賞を獲ったってことで、一昨日見に行ったのですが、「クラッシュ」のシーンがでるたびに想いが蘇ってきて、「良い映画だったなあ~」と改めて感じました。助演男優賞にノミネートされていたマット・ディロンは、どうも「Mr.インクレディブル」の主人公に見えてしょうがない…。2人が重なり合って見えてしまう人は、全世界で26人はいるはず。
「ブロークバック~」はまだ見てません。でもアン・リー監督は映像がキレイなので好きです。リー監督が監督した「いつか晴れた日に」というイギリス映画があって、私はそれが大好きなのですが、そのDVDの解説の中でエマ・トンプソンが”リーは風景をとても大事にする監督で、俳優と風景が溶け込んでいるように感じる”的なことを言っていました。ちょびっとだけ流れる「ブロークバック~」のシーンもすごくイイ雰囲気なので、できたら見に行きたいっ!
「シリアナ」で助演男優賞を獲ったジョージ・クルーニー。この作品はとりあえずスルー。それよりも彼が監督した「グッドナイト&グッドラック」は見たい。この作品には、私がひいきしている俳優ロバート・ダウニー・Jr.が出演しているんですよっ!彼は本当にウマイ俳優さんですよ。カッコイイし。
「カポーティ」も見たい。
その作品も地味だ地味だって言われながらも人を惹きつける力があるんだから、やっぱりスゴイですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/223-d3f4a732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。