おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ブレイド」「ブレイド2」を続けてDVD鑑賞。ヴァンパイアハンターのブレイドが主人公で、原作はアメコミらしいです。
とりあえずブレイドがカッコ良かった!ウェズリーは、武術も習っていたそうで、アクションシーンが重厚な感じがしてイイ。強そうだし。
それにしても、ヴァンパイアvs人間の戦いって、大体同じような設定ですね。ヴァンパイアはかなり巨大な地下組織(大体妖しげなパーティー会場を経営している)があって、ものすごい数のヴァンパイアが(ばれることなく)暮らしている。それにひきかえ人間は、一人で孤独に戦い(それでも勝てるのがスゴイ)、一人だけいる仲間は発明好き。ヴァンパイアの退治の仕方も決まっているんだけど、気になるのは、ヴァンパイアの死に方がいろいろあるのはなぜなんだろう?ということ。日に当たったり銀弾に当たると骨まで粉々になってしまう、そのあとバン!って爆発してしまうヤツとそのままなくなってしまうヤツもいるし、燃えて火がチリチリ残っているヤツもいる…。同じヴァンパイアなのになぜ違うんだろう?ヴァンパイアにも階級があってそれによって死に方が違うとか?
などと意味のない深読みしながら……。(多分演出でしょう。多分ってゆーか絶対。)

「ブレイド」「ブレイド2」の感想はコチラ。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga4gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/233-dae6f2d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。