おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そうだ、京都に行こう。
ということで京都に一人旅(といっても、本当の目的は別にあったのですが)。

午後に京都に着いたので、どこへ行こう?と悩んだのですが、”霊山歴史博物館”という
幕末維新の志士たちの生き様を紹介している所へ行きました。

そこには坂本竜馬が暗殺された時に使用された刀が生々しく展示されておりました。
竜馬を切ったのが最後だったんでしょうかねぇ?
手入れは何もされてなくて、刃はボロボロ、錆び付いていました。
刃にちょっと赤黒いのが着いてたりして、多分錆だろうと思いつつも
”ひょっとして血かなあ?”
討つ方、討たれる方、双方に込められた気持ちをちょっとだけ、その刀に感じました。

それにしても、目頭が熱くなって胸がキリキリしますね、この博物館。
写真でその人物を見ることができると、歴史上の偉人というだけではない、何かを感じてしまうというか。
”この人は一体どういう人生を歩んでいったんだろう?どういう世界を夢見て生き、死んでいったんだろう?”ということを、写真を見つめて考えてしまいます。
特にその人が使ったとか身につけてた物が展示されていると、ヤバイですよ。
”これ使ってたんだなあ~。”と思うと。

竜馬さん、西郷さん、大久保さん、近藤さん、土方さん、
どうですか?今の日本は?
スポンサーサイト

KAGEさん
いや、得意ではないですよ^^;ただ好きって言うだけで…。
きっと知識的に言ったら、普通くらいだと思います

歴史といわず現代でも、
これが正しい道だ!といえることは少なくて
自分の信じる道を進むしかないですが
モラルは守っていただかないと、って気がしますね
特に上の方なんかは、背負っている物が大きいですからねえ…。
自覚してもらいたいです。

aribohさん
歴史って”現代の積み重ね”だなって、aribohさんの言葉を聞いて思いました。
私利私欲があるかどうかわかりませんが、
彼らが良い国を作りたい!と思っていた(純粋であって欲しい)意欲は
私たちは忘れてはいけないですね。

2007.01.31 00:24 URL | おりく #- [ 編集 ]

 この時期は、比較的穴場の時期かもしれませんね。
 そのうち、小泉さんも田中康夫氏も、そのまんま氏も志士として崇め奉られるときがくるんじゃないでしょうか。

2007.01.30 02:34 URL | ariboh #- [ 編集 ]

おりくさんは歴史が得意なんですね~!
私は・・・まるっきりダメです^^;

でも、今の日本を見たら…きっと嘆くに違いないかと(T_T)。
安倍首相ではありませんが、『美しい日本』にしたいですね!
官僚の不祥事、建物偽装、衛生上問題のある食べ物、捏造・・・
安心して暮らせる状態の日本でないと、幕末の方々に申し訳ないですね(>_<)

2007.01.30 00:45 URL | KAGE #j3GclXO2 [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/265-74d6d0e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。