おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ドリームガールズ」のサントラを買ってしまいました。

エフィーがドリームガールズを去ることになって、カーティスと別れなければいけないのだけど、”私はあなたと一緒にいたいの”という「AND I AM TELLING YOU I'M NOT GOING」。
実際に映画を見ていたときは、”音楽ってすごいなあ~。”と素直に感じました。
エフィーがセリフとして言った場合、歌で聞いた以上には胸に響いていないだろうと思ったんです。
歌っているのをあれだけの大画面でマジマジと見ることもないし、
だからこそ余計に感じるモノがあって、映画観賞後もこの歌が一番印象に残っていました。
そして、このサントラで歌を聴いて、その”顔”が再び蘇ってきました。
そして、ディーナが歌った「LISTEN」。これは夫でありマネージャーであるカーティスからの独立を歌った歌。
実は映画を見たときには、私はディーナのカーティスに対する気持ちに感情移入していて、あまりこの歌自体の印象はなかったのです。しかしサントラで改めて聴いて、この歌が一番好きになりました。
「LISTEN」を聴いていると、ディーナがこの歌をレコーディングしていた顔が思い浮かびます。
そう考えるとディーナ役のビヨンセは、やっぱスゴイんだな、と。
CDを通した声だけで、ディーナの気持ちを伝えられるんですからねぇ。
他にもビヨンセが歌っている歌は何曲かあるけど、この曲は”渾身の一曲!”って感じです。

カーティス役のジェイミー・フォックスは、やっぱりというか、歌ウマイですしね。
良かったら聞いてみてください。
スポンサーサイト

買いですよ!ゼッタイ。
そして、サントラを聴くと見たくなる~、見たくなる~。
ミュージカルっぽい、ノリの良い、聴きやすい音楽のオンパレードなので、
通勤にピッタリの音楽でしょう?

2007.04.17 13:01 URL | おりく #- [ 編集 ]

映画は結局まだ観てません。でも、サントラは無茶苦茶欲しいです。こりゃ、明日の寄り道決定です。

2007.04.16 23:51 URL | ariboh #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/305-609c1a9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。