おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
を鑑賞。ほとんど知識を持たずに観たのですが、それで正解!でした。
私、クリント・イーストウッド出演作品は「マディソン郡の橋」しか見た事ないんですね。あのときの切ない顔が忘れられなかったのですが…。年をとって顔ににじみ出る切なさがアップしてました。ラストはツライですが何故か気持ちの良い余韻に浸れました。
内容の重い作品ですが、そういうのに抵抗のない人は映画館で観た方が良いと思う。クライマックスの俳優さんたちの息づかいをあの映画館の静か~な空間で感じると感慨もひとしおですよ。

「ミリオンダラ・ベイビー」の感想はコチラ。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga6gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/31-6c17ed74

映画「ミリオンダラ・ベイビー」
正統派というか、なんか懐かしい感じのする映画でした。 不幸せな人生を送ってきた主

2005.06.11 07:27 | RAKUGAKI

■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド)
皆さん、こんばんは~私め、昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました!じわりじわり、映画のあれこれが今甦って来ています。うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』という映画の余韻に浸らず

2005.06.11 10:57 | 太陽がくれた季節

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。