おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は、午前中、義父も義母も病院に行くのでということで、夫の実家の留守番をしました。

お昼過ぎ、義姉の小学校2年生の子どもが帰ってきました。
”テストがかえってきたよ。”
”ほ~。…アレ?どっか間違えたの?100点じゃないじゃん。”
と、答案用紙を見てみると。
棒グラフらしきものに関するテスト。
クラスに猫を飼いたい人と犬を飼いたい人とウサギを飼いたい人が何人いるか?それをグラフにしてありました。
最後の問題。「グラフをわかりやすくみるためにはどうしたらいいですか?」
答えは、「5段目に線を引く」(いちいち1,2,3…と数えなくて良いように)
姪っ子の答え。「字をわかりやすくかく」
……………確かに。それはその方がわかりやすいわ……。

この姪っ子のお父さんは、非常に頭の良い人。そのお父さんにうり二つの姪っ子なので、
絶対頭の良さも親譲りのはず!
それが一体いつ開花するのか?今から楽しみなのです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/315-2e91e17b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。