おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
母親に捨てられ、リーアム神父(リーアム・ニーソン)に預けられたパトリック(キリアン・マーフィ)は、神父の紹介で養子に出されるが、男性に生まれながら女性の心を持つパトリックは、完全に浮いた存在だった。学校で問題ばかり起こすパトリックを義母は疎み、それに嫌気がさしたパトリックは、家を出て行ってしまう。そして、ロンドンに住むというまだ見ぬ母親を捜す旅に出るのだった。

パトリック自身が、自分の人生を物語のように考えているのがそのまま感じられるような、すごく詩的な感じがする作品。
”どうせ人生なんて単なる物語に過ぎないんだから。”と、自分を粗末にするような、ふわふわと生きているようにみえて、それに反比例するかのように激しく自分の居場所を求めて、愛を渇望して生きている。
表面上で見ると、パトリックがどんなどん底に陥っても多少の希望を持って健気に、雑草のように生きているように感じるけれど、奥底まで感じてみると、実は非常に儚くて繊細な花なんだなあ~、と。
そのアンバランスさが、何というか、私にはしんどかったです。途中パトリックがIRAの爆弾犯と間違えられて警察に逮捕され、拘留されるシーンがあって、そこで刑事たちはパトリックに尋問するのに疲れてしまうのですが、そういう感じ。そのパトリックの心の裏に隠された狂気(狂ってしまうほどに自分の居場所を求める気持ち)に、疲れてしまうんですね、きっと。疲れてしまう、でもその儚さが美しくて手を差しのべたくなってしまう。それは決して同情とか哀れむ気持ちとかじゃなくて、人間の持つ心の底から湧き出る優しさなのでしょうなあ~。
そういう人間の優しさを知っているパトリックだからこそ、人から虐げられても、捨てられても、それを求めてしまう。そして、それと同じだけのモノを与えたいって思うんだろう。

前半は、儚いパトリックの姿に目が離せないながらも、”ふう。”という感じがする。パトリックが恋する歌手もそうだし、パトリック自身も噛み合っているようでちょっとずれが生じている自己的な愛って感じがする。
それにそれも含めて前半のいくつかのエピソードは、話が中途半端(パトリック目線だから仕方ないけど)で、人物の感情を掴みにくかった。特にマジシャン、あれはパトリックのことを本当に愛していたのか?ただの道具に過ぎなかったのか?それがいまだ謎です。まあ、パトリックの本当の居場所は、マジシャンの所ではなかったのでしょう。
後半、拘留されたあたりからは安定感があった。パトリックも心が落ち着いてきた感があったし。

それにしても、どんな愛が人に居場所を与えるんでしょうね。パトリックだって、愛し合いされた人はいたはずなのに、もし彼らと別れることなく関係が続いていたら、母と会うことも”どうでもイイ”ことになってしまうのでしょうか?それとも母と会うことができなければ、永遠に続く愛に出会うことができないのでしょうか?
結局、自分が無償で与えることができる愛がある場所が自分がいるべき場所なんでしょうか?
そんな場所が見つけることができたパトリックは、遠回りをしてしまったけれど、見つけられたっていうことが幸せですよね。

オススメ度…★★★☆☆
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/326-4a7e4027

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。