おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
手術を受けるため、麻酔をしました。
しかし、普通に寝ている時は痛かったりすると目が覚めるはずなのに、麻酔をかけられて眠っている時には、
皮膚を切られても何かで刺されても起きないんだから、考えてみればコワイことですよ。
まあ、麻酔をかけられることで何も感じることなく手術できるのだからありがたいことなのですけど。

ということで、”どこまで麻酔に打ち勝つことができるか?”
今回、意識がどこまで保てるか挑戦。
口にマスクを当てられてから、体がビリビリとしびれるような感覚、それがだんだん強くなってきて、
頭がボーッとする感じがしました。
”この状態で自分の意志で体を動かすことはできるのかしらん?”と、指を動かしてみると、できたー!
しかし、ビリビリしびれる感じがさらに強くなりました。
(とゆーか、本当に指が動いたかはわからない。動かしたつもりになっていただけかも。)
ここで、先生が手術室に入ってきたらしくて遠くの方から声が。
”ヤバイ!早く眠りに落ちなければ!”
と思った次の瞬間からは覚えていません。
次に目が覚めた時にはすべてが終わった後。麻酔様様ですよ。

しかし、もう危ない橋は渡りません。
スポンサーサイト

オフ会お疲れさまでした!
雨が降ってしまったのが残念でしたけど、
たくさんのイストが見られて楽しかったですね!
みなさん、個性的なお車で見応え十分(^^)

日帰りでできる手術なので、そんなにオオオゴトではないのです。
それにしてもホント、麻酔を発明してくれた人に粗品を差し上げたいくらいですよ
昔は、そのまま手術してたんですもんねー!おぉ~、コワ(>_<)

2007.06.27 00:21 URL | おりく #- [ 編集 ]

こんにちは。先日の全国オフはお疲れ様でした。

ありゃ、前(々)日に手術なさってたんですか~?(汗)
とてもそんな風には見えませんでしたがお元気そうだったので安心です♪

本当、麻酔様々ですね!
あれがなかったら・・・想像しただけで怖いデス(>_<)

2007.06.26 13:08 URL | KAGE #j3GclXO2 [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/333-f35c581f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。