おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
建築家のマイケル(アダム・サンドラー)は、子どもの水泳大会にも見に行ってやれず、キャンプもキャンセル、
仕事に明けくれる毎日に飽き飽きしていた。おまけに家電オンチ家のリモコンさえ使いこなせない。
頭にきたマイケルは、隣の家が持っている万能リモコンを買い求める。
そして店の販売員モーティ(クリストファー・ウォーケン)が渡してくれたリモコンは、指したもの何でも自由に早送りできるだった…。

このリモコンで、マイケルは、妻ドナ(ケイト・ベッキンセール)との口論の時間や渋滞に巻き込まれている時間、病気にかかった時間などを早送りし、自分の楽しい時間だけを過ごしていたんですね。
しかしそれが後になってとんでもないことに!という展開になるコメディなのですが。
路線的には普通のコメディで話の流れ的にも読めるような展開。
でもコメディって俳優さんがその役にどれだけマッチしているか?で
見る側が話に入り込んでいけるかが決まるのかなって思えたぐらいどの俳優さんも役柄がピッタリでした。
それにマイケルの細かい演出(?)がマジで笑えた。この映画はこれに限る(言い過ぎか?)。
彼は本当に普通の会社員。普通にストレスやイライラを感じて、ちょっとお調子者で、
家族を大切にしたいんだけど仕事もやらなくちゃいけないくて、板挟み状態。
リモコンを手に入れて、キャッキャと喜んで、その使い方もいたって普通。
だからすごく親しみやすい、というか感情移入しやすくて良かった。
なので、だんだんリモコンがあることで人生が空回りしてしまうあたりから、
何ていうか、”自業自得だよ。”っていう気持ちを持ちながらも、マイケルに同情し、
今の自分の生活・家庭が(不平がありながらも)幸せなんだよね~、と感じました。
ラスト、普通の映画だったら、ああいうパターンの終わり方は納得いかない私だけど、
今回にに限っては、あのラスト、すごく嬉しかったです。
笑わせてもらって、”今の自分の生活も悪くない”と思わせてもらって、ちょっぴり泣けて。
イイ映画です。

オススメ度…★★★★☆(カップルか夫婦で見るのが良い。
下ネタがあるので子どもが見るには注意が必要。)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/339-962ab0b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。