おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7月30日に局地的に降った(らしい)大雨で、我が家の洗濯機が壊れてしまいました。
ナーンデカ?というと、カーテンがビショビショになってしまい、夫が慌てて脱水をかけたところ、
何でかわからないけど動かなくなってしまったということ。
何が”何でか判らないじゃ!ボケが~!!”と言いたいところだけど、まあ仕方がないデス。
それにしても、カーテンを買った時に、”このカーテンは洗濯機にかけられません”って書いてあった気がするんだけど、彼はきっと忘れているだろー。
そのことを指摘して”そんなん知らねーよ!”と逆ギレされてもイヤだから黙ってるけど。
とにかく、脱水が動かなくなってしまった洗濯機。「名探偵コナン」ばりに独自調査を続けた結果、
何かが、洗濯槽の間に挟まって回らないのではないか?という結果が出ました。

”2,3日放っておけばひょっとして直るのではないか?””夢なら醒めてくれ!”
と僅かな希望を胸に秘め放っておいたのですがやっぱりダメでした。めちゃめちゃユーウツだ……。

ということで、今日は少ない洗濯物を洗うだけ洗って、あとはひたすら人力で脱水。
コレをひと夏やったら、ビリーをやらなくてもチカラコブができそう。

しかし、昔の人は洗うのも、絞るのもすべて手でやっていたんですよね。しかも年中無休で。
あー、それだけで尊敬。主婦ってスゴイ。
”ラクができる”ということは贅沢なことなんだなあ~と、痛感。
この上に、アグラをかいててはいけないんですけどね、電化製品に感謝。

しかし…洗濯機、これからどーしよう……。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/365-05c8c874

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。