おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝も早くから、ミンミンやらシーシーやら、セミが鳴いてますなあ。
まったく夏です。

しかし、セミの声を聞くと、なぜか田舎の風景が浮かびますね。
暑い日差しに縁側にスイカが置いてある風景とか、麦わら帽子とか。
自分の田舎は、そういう田舎ではないのに、そんな望郷の念に駆られます。

そこまで言っておきながら、おりくはセミ(というかムシ)がキライです。
まったくねぇ…セミはセミでどこでミンミンでも何でも鳴いてくれて全然かまわないんですけど、
たまに威嚇してくるでしょ?あいつら。
弱ってるんだろうけどあちこち飛び回るし、網戸とか柱とか所かまわず止まるし。
それがイヤなんですよー!コワイしー(うるさいし)。
死んじゃったのかなーと思って突くと、”ジジジジ!”とかいって暴れるし。
アレ、すげえコワイ…。

今日も布団を外に干して、夕方前に取り込もうと思ったら、布団にセミがー!!!
なに人の布団でのうのうと休んどんのじゃ!!もっと他に快適な場所があるじゃろがい!!
しかし、小心者おりくは、追い払うこともできず、そのまま布団はセミ様がご利用になられ…。
結局、夕方、夫が帰ってきてから取り込んでもらいました。

セミもねぇ、もうちょっと人間(おりく)との共存を考えていただきたいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/370-7a9fb615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。