おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日、出かけていて、小腹が空いたので喫茶店に入って、フッと思い出したこと。

昔、学生時代に給食を食べていて、クラスメイトに
”おりくちゃんて、本当に美味しそうにご飯食べるよねえー。”と言われたことがあります。
”ああ、そうかなあ…?”と、自分ではまったく意識したことのないことを言われたので、
多少戸惑いながらも、何となく嬉しかったのですが。
それから、何回か同じようなことを言われたことがあるので、”私は、そーゆう人なんだ。”と自覚するようになりました。

で、グルメ番組を見ている夫が、よく言うのは、
”太ってるヤツって、ゼッタイ得だよな。だって、太ってるヤツが食べているの見ると、美味しそうに見えるもん。”
そういうのは、お世辞にも”ぽっちゃり”とも言えないような体格のタレントさんの時なので、
”ホントだよねー。”と、私も激しく同意したのでした。

そして今日、長い年月を経て、”私が食事を美味しそうに食べるように見える”理由が明らかになったのです。
そうか!そーゆうことだったのか!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/410-d7e345ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。