おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
6年間の不妊治療生活にピリオドを打つことができたのは、11月14日です。
超音波を当てている先生から、”妊娠してるねえ。”という声。
その後も超音波でモゴモゴと探っているかと思ったら、”二ついるみたいだねえ。”

”妊娠してたら、私泣くかもしれないな。”なんて思っていたけど、なんのなんの。
その後診察室で話を聞いていても、全然実感がありませんでした。
私は治療歴も長いし、何度も実らない治療をした上での妊娠だったので、先生も”不思議だねえ~。”と、おっしゃってました。ホント、不思議ですよ。
デモ実感のわかない私は、”はあ。”とか”そうですねえ。”とか”わかりました。”とか。そんな言葉しか出てきませんでした。
…きっと先生は、”なんて感情のない患者だろう”って思っただろうなあ…。
先生!あのときは頭の中が真っ白だったんですっ!!
私が通っていた病院の先生は、本当におっとりした雰囲気とどっしり構えたような落ち着き感がある先生で(まあ、人によって相性はあると思うけど)、とにかくこの先生を信じてやっていこう、という気持ちにさせてくれる先生でした。

そして、診察室を出た私。顔、ニヤけてたんじゃないかなあ…多分。
病院は治療専門なので、私はめでたく卒業。
もう(多分)足を踏み入れることのない病院。もう(多分)歩かないだろう駅までの道。降りることのないだろう駅。
自分にとっては、治療に通うことがある意味”常な事”であっただけにとても不思議な感覚でした。
もちろん、治療をしている時には”これで最後だ!”と思いながらするのですが、結局また通うというパターンだったので、それがこれで終わりというのが、何とも信じられない感じでした。

それにしても、この時期、夫は出張中で連絡が取れなくぅ~…。
気持ち的には普段行かないようなレストランでも予約して、”何なの?今日は??”と夫を困惑させた上で喜ばそう、ウシシ、というのが私の計画だったのに。
全く実感のわかないまま、無事に育ってくれるのだろうか?途中で悲しい思いをしたくない!という不安と喜びを感じながらの帰宅になりました。
スポンサーサイト
2008.05.30 19:24 | 妊娠 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。