おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
妊娠5ヶ月。2月中は夫も出張は終わっても後処理でバタバタとして家にいなかったことの方が多かったので、私も部屋をどうするか?と考えながらのんびり過ごしました。
相変わらず超音波画像はよくわからず。ただ心臓がトクトクと動いているのはわかるので、それを見ては嬉しい気分になりました。
”この子たちは、今の時点でお腹の中にもう一人いるってのがわかっているのだろうか?”っていうのが不思議に思ってました。
お腹の中が狭くなってきて、自分が動いた時にもう一人に当たったりして”アレ?何かあるぞ。”って思うんだろうけど、まだお腹の中に余裕がある時でももう一人いるってわかるのかなあ~。
でも私は治療をしている時に、”2人で(ウチに)来てもイイよ~。”ってお腹に語りかけていたので、2人で来てくれたのかもしれません。きっと寂しがり屋の子たちなのかも…なんっつって。

検診の時は、大体左側の子は頭を下向きに、右側の子は頭が上に来てました。
”右側の子は、意外と気を遣う子で、先生に見てもらうから”姿勢を正してちゃんとしなくちゃ。”と気を遣ってるのかも?”なんてアホなことを考えたり。でもこれから先もずっと頭が上だったんですよ。
この話を夫にしたら、”きっと右側の子はA型だな。”と一言。”うーん…。だったらもう一人はゼッタイにO型でなくちゃ困るな。”と私。この血液型が私にとって切実な問題なのは、ウチは私がO型で夫がA型。ここまでは良い。ただ夫の両親、姉家族、兄家族、合計6人みなさんA型なのです!しかもいわゆる血液型別性格のA型にお見事なほどに当てはまるA型。私はほぼ一発で当てられるほどのO型気質。しかも私方の家族はみんなバラバラの血液型で比較的自由奔放に振る舞ってきた私。まあ、血液型気質は参考程度に考える私ですが…まあまあ……ふう~。なので、コレで子供2人ともA型だったら、とは考えたくないです。ココで2人ともO型だったら、私たち家族の中ではO型が一発逆転で優勢になるので、それを狙いたいです。
それにしても、夫は”男の子がO型だったらいいなあと思うけど、女の子はA型がイイと思うなあ~。”としきりに言ってますが、それってどういうイミですか?

しかし、そんなおおざっぱに思われているO型(イヤ、私)でも、やるときゃ~やる!!のです。
3月に入って、はじめは、私も重い物が持てないので部屋の片づけは夫と一緒に、などと思っていたのですが、ちょうど出張中に義母の体の調子が絶不調になってしまったことや、出張の後処理の後処理などやることが山積みらしく、こちらのことなどかまってもくれない様子。”なんだよ?!こんな状態じゃあいるもいないも一緒じゃん!!”と、怒りを感じながら掃除を始めることにしました。愚痴ついでにいうと、夫がいなければ片づけの途中で部屋に物が散乱していても自分の居場所さえ確保すれば良いけど、夫がいるとなると出した物を夕方近くにまた押し入れに閉まって、さらに夕飯も作って(自分だけなら手軽な物でイイのにィ~。)ってなると、それはそれは結構なコトでした。
そこでまたまた改めて自分一人の体じゃないことを実感。”なんで?!”ってくらいすぐ疲れるんですよね。頭の中は疲れてないから”アレもコレも”って思うんですけど体が追いつかない、超スローペースな部屋片づけはこれからまだまだ続くのでした。ああ~、今までのツケはデカイ。
スポンサーサイト
2008.06.07 14:33 | 妊娠 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。