おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5月も中旬過ぎ、このあたりからは、子供の成長を嬉しく感じる反面、ツライツライ生活の始まりです。
イヤイヤ、二人目を妊娠されている方なんかは上のこの面倒見ながらお腹が大きくなるのって大変だろうなあと思うし、それがましてや双子だったりなんかした日にはそれはそれは大変だと思うのですが。
私もその大変な人の中に入れてもらってもイイですよね?!夫は、そんな妻の大変さが全然わかっていないようです(怒)。このツケは、子供が生まれてからたっぷり払ってもらうことにしよーっと。
体が急に重くなって、体が思うように動かない、立ち続けたりしていると(以前より)張りが強くなってきたために、部屋の片づけも中断、子供ができてから再開すればいいや!(ってゆーかまだ終わってないんかい?!)とそのまま放置。ご飯作ったり、洗濯、掃除するぐらいの家事ですらだんだんキツイ状態になり、横になっている時間を多くしました。……まあ確かに横になっている時ゲームやってたけどさっ。でもゲームやりたいがために横になっているワケじゃないって…。そしてだんだん掃除も布団干しが減り、掃除機をかけるのが減り。
足もむくみのせいか、重く感じるように。でも私は普段はむくんだりしないので比較的軽いむくみだったのでしょう、”足がむくんでいるみたい”と看護士さんに訴えたのですが、母子手帳の”むくみ"の欄はマイナスでした。アララ?そうですかぁ…。一応足を高くして寝たり足をぶらぶらさせてみたり。でも多少のむくみは赤ちゃんがちゃんと育っている証拠でもあるって本に書いてあった(気がする)ので、これぐらいのむくみ、なんぼのもんじゃい!と気合を入れる。
長時間立っているのもツライですが、実際座っているのも結構ツライんですよ。床だろうがイスだろうが足が曲がって血の巡りが悪くなりますからね。やっぱり横になっているのが一番なんですよ。だからゲームやるのも仕方ないんです(…たぶん)。

そして、”何故に今頃?”と思うほどに襲ってきたつわりのような気持ち悪い症状。”吐く”という行為は貧乏性の私にはもったいなくてできなかったけど(そういう問題でもない?)、何となく食べたくないとかお茶を飲んで気持ち悪くなったりしてました。相変わらず果物とアイスだけは食べたかったんですけどねえ~。リンゴは左側の子が好きなのか?食べるとモゴモゴと動くので”お。食べてるのか?”なんて思ってなるべく食べるようにしましたけど。食事をとった後はたいていボコボコと動くのですが、みんなさんそうなんですかねえ?栄養をしっかりとってくれよ、子供たちよ。

しかし、胎児の育つ力はスゴイですねぇ~!検診では体重は増えないのに腹囲は5㎝も増えました。手のこわばり解消のために肘の辺りを揉んだりしていたのですが、その時ふと”アレ?今までこんなに骨張ってたっけ?”と、二の腕辺りまで触ってみると、”プルプルしてた部分(二の腕の下)がなくなってる!”鏡で見てわかるくらい細くなってました。きっと、子供たちが育つには栄養が足りなかったのでしょう、腕から栄養をとっていたとは…。スマヌ、子供たちよ。新鮮な栄養を与えることができずに。自分としては体重は増えるのでそんなに痩せたという感覚はなく、細くなったのに体重は増えているというのが頭の中で消化しきれてません。そいで、腕は細くなったのですが、足は?というとさほど変わってません。足の肉は不味いのかな…?足の肉も食べてイイよー。結構余ってるし。

スポンサーサイト
2008.06.11 15:32 | 妊娠 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。