おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「モーターサイクル・ダイアリーズ」買ってしまいました。
レンタルで見た後ゲバラ関連の本を2冊買って、
”ゲバラってスゲ~!”とひとり興奮してしまい、思い切って購入。
しかもちょっと高いコレクターズ・エディション!頑張りました!
当時ゲバラと一緒にバイクで旅をしたアルベルト・グラナードが、撮影クルーに同行して50数年前と同じ道を辿った、そのドキュメンタリーが同梱されてます。アルベルトが当時の思い出を語ってくれるシーンとか、ジーンと胸が熱くなりました。2人の絆の強さを感じることができたし、これを見たことで「モーター~」もさらに奥行きが深くなって、さらに感動~。
この作品を見ると旅をすることもそうだし、旅を通して自分を見つけ、辛苦を共にした友との絆の深さがイイなあ~と思う。私も旅に出たいなあ~。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」の感想はこちら。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga6gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/47-39e00307

◆モーターサイクル・ダイアリーズ◆
革命家として有名なチェ・ゲバラ。彼が23歳のときに、南米大陸を横断する旅に出た。そのときの体験記が元となった作品。本作品は、革命家としてのチェ・ゲバラではなく、彼の学生時代(医学生です)に、友人との南米大陸横断の旅日記を元に作成されています。前半は冒険野郎

2005.07.23 21:03 | グッドトリップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。