おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
一昨日のこと、夜最後の授乳のとき。
のーやんは、ほとんど寝てしまっていたのですが、そのまま夫がミルクをあげていました。
のーやんは、ある程度飲んでから、ほとんど本能的に口を動かしているだけなのか、ミルクを飲み込んでいないため口の中にたまり放題。
それでもやっぱり口を動かすんですよね。夫としてもなるべくたくさん飲んでもらいたいので、口にたまったミルクを飲み込ませようと、
顔を動かした瞬間、胃の中のミルクまでドバーっっ!再び噴水のように吐いてしまったのでした。
あらあら。”あぁ、あぁ。のーやん、ゴメンゴメン。”と慌てる夫。
しかし、当の本人は寝ぼけて飲んでいただけに、何が起こったのかよくわからない様子で、ケロッとしていました。
とりあえず白湯をあげて様子を見ていたのですが、逆に目が覚めてしまったみたいで、元気になってしまいました。
まあ、眠いはずだからそのうち眠くなるだろう、と少し遊んであげて。
30分ぐらいしたら、あくびをし始めたので、すかさずミルク。しかし”いくら吐いても元気”だとしても、こういう時のミルクは慎重になりますね~。
”同じ失敗を繰りかえてしてはならない”。自分の睡眠時間確保のためにも…。
幸い、飲みながら寝てくれたので、そうそうに切り上げてそのまま寝かせました。
ありがとう、のーやん。

その後、夫は。
”でも、ああいう慌てたときって、人間なにして良いのかわかんなくなるね。
おれ、のーやんが吐いたとき慌てて、ほかに何かやるべきことがあったんだろうけど、吐いてたミルクを手で受け止めてたもんね。”
私も、以前のーやんが吐いてしまったときは、何をするわけでもなく、吐いているのーやんを、
”ああ、こういうのが、”噴水のように吐く”ってことなのか。”なんて、(ある意味)冷静に見てましたもん。
……とっさの判断がきかない、ハプニングに弱い夫婦。
それにしても、それぐらいで済んで良かったです。

アドバイスありがとうございます。
まだ4ヶ月なので離乳食は始めてません。面倒くさいし、初めからたくさんあげられるワケじゃないけど、こうも飲みムラ(遊びのみ)があると
”早く始まってくれ”と思います。…でも物は試し、とうーやんにスプーンでミルクをあげてみたら激しく嫌がったので、ちょっと心配です。
来週、検診があるので、そのときちょっと下痢気味の話をしてみて、聞いてみます。
スポンサーサイト
2008.10.26 11:39 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。