おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は4ヶ月検診。本当は先週行きたかったのだけど予約が取れず。
うーやんのーやんのミルクの飲みの悪さばかりが気になってしまっていたので、今日で良かった。先週だったら、飲みの悪さについても聞かず仕舞いだったかも。

まず受付をして、書類に記入している間に二人は体重・身長を測定。
どうやらうーやんはウンチをしていたらしく、夫が”オムツはどこだ?”など、何かいろいろ騒いでいたっけ。
それにしても、双子だと記入するのも二人分なので意外と面倒くさいデス。
この間鼻風邪で病院来たときも問診票2枚。予防接種を受けるときに書く問診票も2枚。
書くのにも時間がかかるし、看護師さんから”10ヶ月検診の問診票を先に渡しておくので、来る前に記入してきてください。”と半年も先の問診票をもらってしまいました。
…なくしそうだなあ~…。
うーやんの身長は61.5㎝、体重は5920キロ。
のーやんの身長は65.5㎝、体重は6630キロでした。

そのあと、首のすわりを確かめたり、あやすと笑うか、音に反応するか、物を目で追うか、などを確かめてもらいました。
ここでもうーやんは、微笑み返し、そしてよくおしゃべり。さすが外交担当。
のーやんは、真面目に検査を受けていましたが、その後自分の仕事は終わったとわかると、寝てしまいました。
看護師さんがいうには
二人は1ヶ月早く生まれてきているので本来ならば3ヶ月半のはずで、そう考えると首のすわりもいろんな反応もちょうど良いくらいですよ、ということでした。
身長・体重もしっかり成長曲線の中に入っているし、”こんなに頑張って成長してくれてふたりともエライねえ。”とほめられました。
この言葉は本当に嬉しかったです。
片腕で抱けるほど小さかった体。手の中に収まってしまうくらい小さかった頭。
抱いたまま寝てしまった時のカワイイ顔とカワイイ手。いつまでも抱いて、いつまでも寝顔を見ていたのに。
今では重くてずっと抱いていられないし、何より顔も手も大きくて、抱いてたら見られません。(縦抱きにしてると、ね。)
ありがとう、うーやん。のーやん。

ミルクの飲みについて話をしてみたら、”体を反っちゃって飲まなかったり、乳首で遊んじゃったり。半分はゴクゴク飲むのに途中でやめちゃって、1時間後にまた飲んでみたり。途中で飲むのやめたクセに指しゃぶりしたりね~。”などと、”まさしくソレですっ!”ということを次々と言い当ててくれたので、”誰もがそういうことで悩んでるんだな~。”と安心しました。
…でも、遊び飲みをしてくれちゃうと、一人の授乳に時間かかってしまって、それが”×2”ってのは正直ツライです。
そして”1日500ぐらいしか飲まないときがある(うーやん)。”と話をすると、さすがにそれは少なすぎる、月齢と体重から考えたら700~800は最低でも飲まないと、ということで、夜か朝、一度起こしてでも授乳を増やした方が良いといわれてしまいました。
やっぱり…とは思いつつ。
”今まで一生懸命頑張ってきたから、ちょっと休んでるかもしれないね。”と、看護師さんはフォローしてくれたのですが。
オイオイ、飲まなすぎだぞ、二人とも!!

まあ、これからもう少しこまめに体重を計ったりして、着実に増えているか確認するようにしたいと思います。

それにしても、検診中、いろんな人に出会い、予防接種を受けている赤ちゃんたちの鳴き声を聞いたりして、ストレスになっていたのでしょう。
うーやんは、大泣きしてしまいました。のーやんも愚図ったりして、ひとしきり騒いだ後はスッキリしたのか、寝てくれました。
ホッ。
スポンサーサイト
2008.10.31 22:56 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。