おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子どもたちの2回食をはじめるにあたって、いろいろ自分と子どもの生活や食事というモノについて少しだけ考えてみるようになりました。

”早く哺乳瓶を自分で持ってミルクを飲んでもらいたいなあ~。”と切実に願う、超ずぼらな母。
自分で持ってくれようが、私が持とうが、ミルクは私の食事時間など全然気にせずにあげることができる。
唯一気にするとすれば、授乳時間の間隔とお風呂の時間との兼ね合いだけ。
ミルク後30分以上(できれば1時間)、お風呂までには時間を空けた方が良いということなので、それは気にしていた。
これからミルクをだんだん卒業し、ご飯を食べるようになる。2回目の離乳食は何時ぐらいにあげれば良いんだろう?
昼間、午後イチであげてしまえばラク、といえばラクかも。でも、そうすると気軽に出かけられなくなる。
自分も息抜きに出かけたいし、子どもたちもできるだけ外に連れ出してあげたい。
夕方のミルク前の2回目離乳食も、然り。出かけるのにかなりの制約がかかる。
……こんな私ってワガママだろうか?と、ブルーな気分になる。やっぱり、マニュアル通り午後イチがいいのかなあ?

でも、背伸びしてリッパなことをいうと、食事は一緒に食べたい!のだ。
まだ離乳食だから、食事内容も別物だし私がスプーンで一口一口あげなくては食べられない。だから別々の時間に食べた方が効率は良いかもしれない。
でも、やっぱり一緒に食べたい。その雰囲気を持たせたい。
”二人目ともなると、離乳食なんて言ってられないよ~。だいたい大人と同じものを食べさせてるよ~。”と、よく言うけど。
それってホント、憧れです。早く”大人の分のとりわけ”をしたい。ラクだし(結局ソレかい?!)。

”食事は楽しいものだということを教えてあげてください”。だからムリをして食べさせてはいけない、あげようあげようと意気込んではいけない。
そりゃあそうだけど、それってかなりのストレス溜まります(二人の子に食べさせるの大変です)。
”早く食べてよ~。”とか。”ちょっと!「ブー」ってやらないでよ!ご飯が飛ぶでしょ!”とか。”モゾモゾしない!!”とか。
こんなんばっかですから。
でも、うーやんなんか離乳食は嫌がっても、その後で私が食事をしていると嬉しそうに食べている私を見たり、食べ物を顔に近づけると口を開けたりします。
そういうのを見ると、うーやんのーやんにとっての”食事”ってなんだろう?って思います。

そんなことを考えながら、一昨日から2回食として、夕食時に離乳食をはじめました。
あんまり気合いを入れず、ちょっとずつあげる程度にしておこうかな~、と思ってるけど。

午前中の食事では、これからいろんな食材を食べさせていかなければいけないんだけど。
食物アレルギーがないと良いなあ~。かわいそうだし。
これがホントに心配です。
スポンサーサイト
2009.02.01 13:17 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。