おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何とか、とゆーか、とりあえずとゆーか、立ち直りました。
私の体調も本調子ではないですが、ラクになってきました。あとは気合いを入れて。
”休んで治す”などと悠長なコトを言っていないで、1日も早く治さないといけないときには、どんな薬を飲んででも治す!と、薬を飲むようにしています。
そして、なによりも”気合い”。アニマル浜口ではないけれど、”気合いだ!気合いだ!気合いだ!”
でも、気合いを入れるためには、やっぱり体が大切なんですよね。
体が弱ってると、気も弱る。気が弱ると余裕がなくなる。余裕がなくなると周りが見えなくなる。
やっぱり体あっての”気合い”ですね、それがすべてではないけれど。
余裕を持とうと自分で心がければ、きっと同じ時間休んでも、疲れの取れ方が違ってくるだろうな。

ということで、うーやんのーやんにも市販の風邪薬を飲ませてます。
うーやんの風邪が本格的になってきてしまったし、二人とも喉が痛そうな咳をするので、ゼッタイ喉が痛いはず。離乳食やミルクの飲みも悪いし。
二人に”気合いで治せ!”とはいえないし、静かに休んでなさいってのもムリな話だし。

前は、”薬はあまり飲ませたくない、なるべく休んでいてもらいたい、でも愚図るばかりでなかなか
寝てくれない、予防接種も行かないと。”などと
やっぱり、余裕がない状況を自分で作り出していたんですよね。それで余計にイライラして。
きっと、そういう私のイライラがうーやんのーやんにも伝わって、二人の愚図りにもつながっていたのかもしれない。ってゆーか多分、そう。

これからもきっと、イライラしたり不安になったり、そんなことの方が多いと思うけど、
うーやんのーやんの笑顔がたくさん見られるように、自分の気持ちに余裕を持っていきたいと思います。
スポンサーサイト
2009.03.14 12:23 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。