おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、やっと予防接種に行ってきました。三種混合の3回目。
2月の下旬から受けられたのだけど、2月に入ってふたりが風邪。私も風邪。下旬にやっと治ったと思ったら、すぐに私が風邪をぶり返し、ふたりに移り。
先週やっと落ち着いて治ってきたので、1週間あけて昨日。30日までに受けなければならなかったので、ヒヤヒヤもんでした。
出かける前に測った体温は、のーやんが37度。”ちょっと危なかったねえ~。”と看護婦さん。
…ですよね~。私もちょっと心配だったんです。
夫は、”この体温で予防接種できなかったらヤバイから、体温低く申告すれば?”とか超カゲキなコトを言ってたけど。

受付時間最後だったので、他の子どもたちは誰もいなくて静か。待ち時間は、待合室を有効に使わせていただきました。
やっぱり何もない空間だと、広々とハイハイをさせられて気持ちいいですね~!それでも、テレビ台とか何かの配線とか、危険なモノに手を出したがるんですよね。

先生を待ってる間、看護婦さんとのコミュニケーションを忘れないうーやん。”ニコニコだねえ~。”とポイント稼ぎ。
でも、注射を打ったあとひと泣き。”うわあ~ん!”と言っただけで、そのあとはケロッとしてました。ビックリしたのかな?
のーやんは、先生に名前を言われたら、”あ~い!”と返事(?)。”えらいね~。”と褒められ、注射を打っても全然泣きませんでした。
オトコだねえ~、のーやん。まあ、前も泣かなかったしな、痛みには強いのかな?

そして帰り際、看護婦さんにお見送りをしてもらうと、”バイバ~イ。”としっかり手を振ってました。
”あんたたちは、ホントに愛想がいいねえ~。”と看護婦さんも笑顔。


偉かったね、うーやん、のーやん(←親バカ)。
スポンサーサイト
2009.03.29 22:30 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。