おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日夫が泊まりの出張だったので、実家の母に応援を頼みました。
最初は、”もううーやんのーやんも9ヶ月だし、ひとりでも大丈夫かなあ。”と思ったのですが。やっぱり離乳食を2日間も、ひとりで、3回あげるのはしんどいし…。夜も愚図ったら困るし…。朝もグズグズ言うから私だけで対応できるか不安だし…。
甘えられるうちは甘えておこう!と、頼んでみました。母も何とか仕事の都合をつけて来てくれました。ありがとうございます。

日曜日に花見に行ったとき、通りすがりの人たちにも愛想を振りまいていたぐらいだから、母に人見知りするようなことはないだろう、と思っていたのですが。
まあ、さすがに会ったことある(とゆーか、大変お世話になってるんだぞ!うーやんのーやん!)ので、泣いたりはしなかったのですが、何となく緊張感のある感じ。
今回は特にうーやんの方が緊張してたみたいでした。のーやんは、なぜかとても馴れ馴れしく甘えたりキャッキャと笑って喜んでました。
うーやんはお父さん好きだから、”お父さんがいない…。”と寂しがったのか?それとものーやんがあまりにも母にくっついていたので嫉妬してたのか?
ひとりで遊んだりして、どうも母がいることにしっくり来ない様子。やっぱり緊張してたみたい。
寝るときは、前回はうーやんと母が一緒に寝たけど、今回は私がうーやんと寝ました。

朝イチのミルク後に寝なかったせいもあってか、昼頃の昼寝、お散歩中の昼寝、夕方に母を送っていった車の中での夕寝と寝て、そして今、すんなりと寝てくれました。
やっぱり気を遣っていたんだなあ~。いくらおばあちゃんでも普段から一緒にいる訳じゃないから疲れるよね。
うーやん、のーやん、お疲れ様でした。ありがとうね。

そんなこともあって、ホント、日に日に”知恵がついてきてるなあ。”と思う今日この頃。
一体、どんな性格な子たちなんだろ?楽しみだ。
スポンサーサイト
2009.04.07 23:17 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。