おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
”クララが立った!”ならぬ、”のーやんが立った!”です。

昨日午前中、テレビの前のガードにつかまり立ちしていたのーやん。
それはいつものことなので、”ふんふん。”と思いながら、ふと見たら、”アレ?寄りかかってない…。”後ろからそーっと見てみたら、普通に立ってました。
”おお!”と思ったのですが、少ししたら、ガードに手をついてしまいました。
”ひょっとして…初立っちか?”パチパチパチ。おめでとう、のーやん!

そして午後、夫の実家に行ったのですが、そこに夫の姉家族も来ていて少し遊んでもらっていたのですが、そこでものーやん、立っちを披露。
”アレ?のーやん、立ってる!ほら!どこにも手をかけてないよ。”と姉。
これで、公認記録となりました。

”「5月2日、初めて立つ」って母子手帳に書くんだね。”と姉。”…でも、だんだん書くの忘れちゃうんだよね~。”
ドキッ!!
私も、うーやんのーやんが生まれたばかりの頃は、毎日毎日母子手帳見て、育児の欄を読んだり発育曲線を見たり。
1ヶ月の様子、3~4ヶ月の様子、なんてのも1ヶ月経ったその日に書いていたのに。
7~8ヶ月は、ギリギリセーフぐらい?だったかな(それさえも忘れている)。10ヶ月に至っては、検診があるというのに書いてない始末…。
”でも、書いておいた方がイイよ。小学生とかになって、赤ちゃんの頃のこととか、学校の授業で聞かれたりするから。”……ハ~イ。
”オレなんて、「首がすわる」しか書いてなかったよ。”と夫。コレが末っ子の宿命。

夜は、私がうーやんと遊んでいたら、うーやんの持っているオモチャを取りがたっておすわりの状態から立っち!これはほんの一瞬だけ立っただけでしたが。
やっぱり立っちの練習とかいって手を貸すときには、グラグラと揺れてしまうけど、自分の意志で立とうとか、何かを触りたくて、
なんてときには意外とスッと立てるものなんですね。
うーやんは、まだちょっとムリっぽいです。練習で立たせたりすると、フラッと倒れるのが面白いみたいです。でも、だんだんしっかりしてきました。

はやく歩くようになってほしいような。欲しくないような……複雑な気持ちです。
スポンサーサイト
2009.05.03 11:19 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。