おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
離乳食で、のーやんがベーッと出してしまうのは、どうやら風邪のせいではないようで。
たしかにその前の日からその兆候はあったんです、考えてみれば。

検診のときに、”自分で食べさせる”云々の話が出ているので、たまにおかずでいり卵を作ったときには、
うーやんのーやんのテーブルの上に”ほい。”とあげてたりして、それを、最初のウチはつぶしたり落としたりしていたのですが、たまに口に持って行くことができたり。
食べられたら、”エライね~。”と褒めてあげて。それから頻繁にスプーンや皿に手を出してくるようになったのです。
”きっと自分で食べたくなってきたんだな。”とは思っていたのですが。

昨日おやつに買ってきた菓子パンを手に渡してあげたら、上手に口に持って行くことができたのです。
そう考えてると、”食べたくない”というよりは”自分で食べたい”とか、”大人と一緒のモノを食べたい”っていうことなのかなあ、と思ってみたり。

食べてくれないと、それはそれはイライラします。口から出してしまわれた日にゃあ、もう……。
”どこの子も通ってくる道なのだから。”と思っても、悲しいし、イライラするし、ムッとするし。
そんなときは、これからどうしていけばいいのか?考えてます。
ベーッと出した時点でやめるか?立ちながらでも遊びながらでもとりあえず食べさせるか?……どうしよう?
まあ、単に”いらない。”って思ってベーッと出してしまうのもアリだろうからなあ。
いずれにせよ、どんな場合でも母親が落ち着いて対処するってのが大切だろうから、それを心がけたいと思います。

今朝のご飯は、うーやんは食べてたけど、のーやんはダメだったなあ。
”やっぱり自分で食べたいのかな。”なんて思ったけど、昼ごはんは姉にレトルトを食べさせてもらって、テーブルの上に座りながらも全部食べてたな。
……ひょっとして、母の手作りの味がキライなのか?そしたら悲しい。
スポンサーサイト
2009.05.10 18:20 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。