おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつも、うーやんのーやんの離乳食が終わった後に、大人が夕食を食べます。そのときにはふたりをサークルの中に入れておきます。
私たちの食事をテーブルに運ぶと、”今日は何食べるの?”とチェックするように、サークルからのぞき込むのですが。
その後、ふたりが食べられそうな豆腐とかトマトなどがあるときには、サークル越しにエサやり(?)。
ある程度納得すると、それぞれオモチャで遊び始めます。
それが、ふたり一緒にサークル越しに来てくれて、同時間ぐらいにオモチャで遊び始めるとイイのですが、それがずれてしまうとちょっとした騒動になるのです。
なぜか?というと、ひとりがサークルの縁近くで座り込んでしまうと、もう一人が来ると踏んでしまうんです。
そして、なぜかそれはうーやんがのーやんに踏まれるケースが圧倒的に多いのですが。
うーやんも気が済んだら、もっとサークルの真ん中あたりで遊んでくれればいいのに~。私がいる近くのところで落ち着いちゃうもんで、後から来たのーやんに踏まれることになるんだよ。
のーやんも、”うーやんがいるから。”なんて、気を遣ってないですからね。思いっきり踏んでます。
で、うーやんがギャンギャン泣いて、ご飯を早く食べるか、そそくさと食事を撤収させるか、になるわけです。

昨夜も、またうーやんが泣かされ、しかもふたりがそれぞれ遊んでいるときに、何を思ったのかのーやん、突然うーやんの上に乗り始め。
多分、のーやん的にはスキンシップしようとしたのだろうけど、うーやんにとってはただの迷惑だったみたいで、
しかもうーやんが泣いても懲りずに乗っかり続けたために、夫が仲裁に。

その後、うーやん、よほどのーやんのことが気に入らなかったのか反撃に。
サークルのゲートを開けた後、ふたりでテレビの前に陣取っているとき、”ぎゃあ~!”というのーやんの声にビックリして見たら、
のーやんの右の手首のところに歯形が。しかもかなりクッキリ。のーやん大泣きですよ。
そして、いつもうーやんが先にお風呂にはいると、後からのーやんが出てきたときにすごく喜ぶのに、今回はムシ!
”のーやんが(お風呂から)帰ってきたよ。”といっても、ムシ!!
私がお風呂に入っていたときも、うーやんはのーやんを噛んだらしく、のーやんのヒジのところにも歯形がついてました。

そういえば、今日もまだふたり、絡んで遊んでないなあ~。早くも亀裂が生まれてしまったのか??
仲良くしておくれよ、うーやん、のーやん。
スポンサーサイト
2009.06.04 14:31 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。