おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ウチの子たちは”食べない方だろうなあ~。”と思うけど、全く食べないわけではないし、好きな物はよく食べてくれるので、
全く食べなくて困っている、などという人よりは、まあ、幸せかなあ、と。

それでも、ふたりにあげるとなると、いつも軽いパニック状態です。
モグモグと口を動かしているうちは口を開けてくれないので、それを待っていると、もう一人の子の方がおろそかになって、皿をガチャガチャやられたりして、
”ちょっとぉ~!皿で遊ばないでよっ!”なんてやっていると、食べ物をあげるタイミングを逃しちゃったり。
全部の量をスプーンであげていたときには、なるべく全部食べてもらうようにしていたのですが、
今では少し遊び始めると、”ハイハイ、終わりだね。ごちそうさま。”と半強制的に終わりにしてしまうときもあり…。
今日は、うーやんがまだ食べたそうに、”ごちそうさまだよ。”と、手を合わせようとすると愚図ったり、皿を片づけたら愚図ったり、片づけてもイスに座ってたりしたけど、
かまわず終わりにしちゃいました。ヘヘへ。うーやんがのんびり食べてるのが悪いんだよ~。

そんなんで、ふたりと駆け引きしながら離乳食をあげてます。
手づかみのものもあげるようにして、今まではひとつ食べたらひとつ渡して、とやっていたのですが、これからは、皿に盛るようにしないとなあ~、と思ってます。
今日、昼にパンを皿に出してあげたら、のーやんが口に詰め込みすぎて、”ゲホッ!ゲホッ!!”とやってました。
喉につまったら大変!と背中を叩いていたら、パンの固い固まりが。”まったく~。コレだからひとつひとつあげないとならないんだよ~。”
でも、ふたりとも自分が好きなモノだと、皿の中になくなると”食べたよ。”と、皿を出してきたりします。笑える。
お互いの皿の中を確認したりするんですよ。”ちゃんと同じのが入ってるのかな?”って。
好きじゃないモノとかいらないモノだと、うーやんは、皿の外に出します。のーやんは皿をひっくり返したり、うーやんのテーブルの上に置いたりしてます。

手づかみで食べたモノは、いちいちちゃんと食べたか?確認してないので、皿の中からなくなっていれば”食べたのね。エライエライ。”ということになるのですが、
食べ終わって”ごちそうさま”をして、食べこぼしをキャッチするエプロンを外したら、そのエプロンの中にてんこ盛りになっていた、なんてこともあります。
”ったく~!全部こぼしてるじゃん!!”
特にうーやん。彼女にはよく騙されます。
今日、夕食に焼き魚を、出してみました。ポソポソしてるから、食べないかなあ~と思いつつ。でも、味が付いてるので、のーやんは食べてくれました。
うーやん。”コイツは食べないと見た!”と、あげた後にエプロンを見たら、やっぱりあった!フッ、母はちゃんとわかってるんだぞ。
しっかりエプロンの中のモノをスプーンですくって、食べさせました。ケーケッケッケ。
スプーンであげたら、ちゃんと食べてくれたので、キライっていうわけではなさそう…かな?
とろみがなくても食べられるようになれば、ホイル焼きとかムニエルとかできるようになるからね。大人と同じようなメニューになるから少しはラクかな。

それにしても、自分で食べているうーやんとのーやんの姿。見慣れてないからかな?…な~んか、とっても不思議な感じ。
スポンサーサイト
2009.08.07 23:25 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。