おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
”紙をビリビリやぶくのをやめてもらいたい。”と、うーやんのーやんに公告などの紙を与え始めてから。
”紙でも何でも食えや~~!!”と、あまり気にしないようにしてから、よだれでべっちょり濡れた小さな紙の破片がそこら中に散乱してます。

紙を渡すと、紙を歯で小さくちぎっては、”ハイ。”と、私に渡してくれます。唾液でベチョベチョのヤツを…。
最初の頃に、紙を飲み込んでしまっては困るといちいち”ちょうだい。…はい、ありがとう~。”なんてやっていたので、渡すものだと思ってるのでしょうか?
歯でちぎったときに、少し大きめにちぎれたヤツは”ソレちょうだい。”といってもくれないんですよね。
ご丁寧にもうちぎれないぐらい小さいヤツを渡してくれます。

でも、だんだん紙になれてきたのか?以前ほど長く遊ばなくなりました。
ソレは当初の目的としてはありがたいことなのですが、時間をもてあますことの多くなってきたこの頃では、”もうちょっと紙で遊んでくれればいいのに。”と思うことも。
絵本なども、以前ほどカミカミしなくなりました。
保健師さんのアドバイスどおり、新しく買った本などは普段は渡さないようにして、古くなったのとか好きな絵本はいつも手の届くところに置いてありますが、
なめたり噛んだりした跡も、あまりありません。そのうち破ったりすることを覚えるんだろうなあ~。
でも、やっぱり普段手の届かない絵本は、あまり興味がわかないみたい。
見せると最初のうちは寄ってきますが、飽きるのも早いです。絵本のページがめくりづらいヤツなんかもなかなか手に取らなくなります。
いまのところは、動物の写真の絵本がふたりとも好きです。あと、クルマの写真のヤツ。写真ものが好きですね。

私も夫も、本をあまり読まないので、うーやんとのーやんには本が好きになってもらいたいなあと思うのですが。
親は子の鏡。親も読まなきゃダメかな……。
スポンサーサイト
2009.08.24 09:53 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。