おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
のーやん、サークルを軽々と越えるようになってしまいました。
今までも”柵越え”は何度となくありますが、そのときは時間がかかっていたりサークルをよじ登ってる音がしたりしたので、”あ!登ってる!!”とわかったのですが。
今では、台所に立っていて”なんかカサカサ音がしてるなあ~。”と、居間の方へ行こうとするとのーやんが台所のモノをあさっていたり。
テレビの前の隙間に入り込んで、テレビをつけたり消したり。
音もせずにサークルを登るのーやん。忍者の素質あるんじゃない?あんた。
そして、押し入れを開けることを覚えてしまったのーやん。
押し入れにあるうーやんのーやんのタンス(プラスチックのヤツ)を引き出しては、中の物をまき散らし。
要らぬモノや危険なモノがつまった居間の押し入れも開けてしまい、何かを物色したり。
サークル横にあるパソコンのキーを押して、訳のわからない機能をインプットさせてしまったり。

そんなことは、やっぱり私がかまってあげられないときにやるんですよね。
”ダメでしょ?!”って叱るから、やっちゃダメなことっていうのはわかってるはず。だから私がいないうちにやるのか?
私がいないから、気をひこうとしてやるのかはわかりませんが。
でも、ホントに危ないモノに手を出されてしまっては困るけど、ほとんどは私の都合でサークル内で生活させてしまってるので、
あまりふたりに文句も言えないんですけどね・・・。もっとうーやんのーやんが快適に過ごせる空間を作ってあげられてれば、叱ることもないんですけど。

で、うーやんは、サークルを越えることはできないし、押し入れを開けることはできないんですよね。
なので、のーやんが押し入れを開けたときにはすぐに反応して、押し入れの方に行きます。
パソコンも、のーやんが触ってるのに自分が触れないのが悔しいらしくて、最近ではイスなどの台を持ってきて、パソコンのキーを触って、ご満悦な様子です。
それで、可笑しいこと。
テレビのリモコンとか、ハンカチとかふたりの薬とか、そんなんはサークルの外に置いてあるのですが、
のーやんがサークルの外に出てそれらのモノ(ふたりが好きな物)をゲットすると、”はい。”とうーやんに何かモノを渡すんです。
姉弟愛だねえ~!なんて思いながら見てます。

普段からケンカばっかりだけど、やっぱり月齢が上がってくるにしたがって、ケンカも多くなる分ふたり仲良く、とゆーか、何か通じ合ってるなと感じる部分が多くなってきました。

これから悪巧みも2倍でくるのか。
負けてらんねえ~!
スポンサーサイト
2009.10.15 23:20 | 育児 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。