おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
うーやんのーやん、”チュー”を覚えました。
以前から、まあ、やってはいたのですが。
寝室の壁に貼ってあるカレンダーが見たくて、ヒザの上まできて”アレが見たい!”と指を指すんですよね。
そうすると、抱いてカレンダーの所まで連れてってあげなくちゃいけなくて。連れてくっていっても、ほんの4,5歩なんですけど・・・。
それをふたりでやるもんだから、だんだん面倒くさくなって、”じゃあ、チューしてくれたら連れてってあげる!”
そしたら、なんと!うーやんが”イヤイヤ!”と首を振るではありませんか?!たあやんとのキスがイヤだとっ?!
”じゃあ連れて行かない!”そのうちのーやんも、おもしろがって首を振るようになって。
そしたらだんだん”カレンダー見せて。”っていわなくなりました。ゴメン。

でも、それとは関係ないときに”チューーして。”というと、気まぐれではありますが、してくれてたんですよ。
交換条件を提示されてるのが気に入らなかったのか?

そいで、そんなんなので、チューのこともすっかり忘れていたのですが、先日ふと思い出してうーやんに”チューして!”と言ったら、チューとしてくれました。
”じゃあ、とうとには?”というと、夫にチュー。
”じゃあじゃあ、今度はのーやんには?”
うーやんはのーやんには頭をイイ子イイ子したりチューしたりとか、絶対と言ってぐらいしなかったんですよね。だからダメかなあと思いつつ言ってみると?
なんと!チューしました!
とゆーか。そのときのーやんにも”チューして!”とかいって、ふたりともキャッキャッと楽しんでいたので、
のーやんもうーやんとチューする気満々だったので、半ば強引に・・・という感じではありましたが。

うーやんのチューはとってもソフトなんですが、のーやんのチューは濃厚なんですよね・・・。
のーやんに”チューして!”というと、まず口を”あ~。”と開けて、私が口を近づけると(もちろん閉じて)口を噛むんです。しかもヨダレがデュワデュワ・・・。
”口を閉じるの”!っていってもダメなんですよね。ヨダレがなければまだ良いんだけど・・・。

そんなチューを他の人にしたら、嫌われるぞ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/711-757470c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。