おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
連休、群馬の親戚の家に行ってきました。
夫は、そこでやるお祭りの手伝い要員。つまり立派なお仕事として行くわけですが、
私とうーやんのーやんは、おまけ。
去年行ったときには、ふたりがまさかの水疱瘡にかかり、
まさかまさかの隔離生活。いったい何のために群馬へ?状態だったのですが、
今年は無事、お祭を見学することができました。
夜、万灯が7台ぐらい集まって、纏もやったりするので、結構見応えがあるんですよね。
寒かったのですが、ふたりにはお祭大好きっ子になってもらいたいので、
見せたのですが。
最初のうちは、寒かったし、ベビーカーに乗せたまま見せていたので固まってましたが、
抱っこしたら、のーやん、”おー、おー。”と指を指すようになりました。
うーやんは、親戚の人に抱いてもらって。
のーやんは、最後にお寺のお堂の前で纏を奉納するのを見せていたときに
あまりに寒かったので、”もうお家はいる?”と聞いたら、”ヤ~ダ~。”
途中、何回か聞いたけど、”ヤ~ダ~。”
こいつめ、”ヤダ”を覚えやがった・・・。ったく。

それにしても、その群馬の家は、そういう人寄せがあるので家がデカイんですよね。
普段、アパートで細々と遊んでいるうーやんのーやんは、あっちへこっちへ、好き勝手に行動。
そこら辺のモノに手を出すし、テーブルの上には乗っかるし。
オムツを替えるヒマさえなかったぐらいふたりを追いかけ回してました。
本当は、群馬の家の方でも忙しいから手伝わないといけないんですけどねえ・・・。

まあ、私も疲れ、気を遣いましたが。
やっぱりうーやんのーやんも気を遣ってるんだなあ~、と。
着いた日には、ふたりとも長旅で疲れてグッスリ寝てくれましたが、
次の日は、疲れて寝つくのは早かったのですが、夜中に目が覚めてしまい
愚図っては寝て、愚図っては寝て、の繰り返し。
昼寝の時も、うーやんは比較的普段通りでしたが、のーやんは泣き疲れて寝たって感じだったし。
やっぱり”自分んちじゃない”っていうのが、ストレスになってるんだなあ。
去年とは違う、と思うと、ふたりの成長を感じました。

家に帰ってきて、ホッと一安心。
ふたりも、なんとなく気持ちがホッとしてるようで、夕食後からオフロまでの自由時間、
親子4人、リラックスして遊べた気がします。
いつも快便なのーやんも、今日は帰ってくるまでウンチしてなかったし。

帰ってきて安心して、出すもん出して。
狭くても汚くても、一番安心できる場所ですよね、我が家って。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/723-f5a4f0ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。