おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今夜は、仲人さんのお母さんが亡くなられたということでお通夜に行ってきました。
さすがにふたりを連れてはいけない・・・。
夫の母は、リウマチがひどくて子どもの世話ができない(見てることはできる)ので
困ったなあ~と思っていたら、
”それなら学校後に預かっている義姉さんの子どもふたりに見てもらえば?”
ということに。
まあ、お通夜なら1時間ぐらいだし。
・・・でも私がいなくなったら泣くかなあ?
な~んて、心配半分、期待半分。

しかし、うーやんものーやんも、全然平気だったようで・・・。
一度、自分の支度と子どもたちの夕食作りのために
自分の家に戻って、食事を持って夫の実家に行ったら、
泣くどころじゃない、ふたりとも台所を物色中。
母がきても、知ら~んぷり。オイオイ、それはないだろう??
で、のーやんに”バイバ~イ。”と言ったら、ムシされました。
うーやんは、遠くの方で”バイバ~イ。”とか言ってたし・・・。
悲しすぎる。

そして帰ってきても、全然・・・。
泣いてなかったのは、まあありがたいこととして。
私の姿を見ても、寄ってくるわけでもなし抱きついてくるわけでもなし。
”あ、お帰り~。”ってな感じですよ。
なんなのさっっ!!!

まあ、私の実家に帰ったときでも
”ちょっと愚図ったよ。”とかいわれるのは稀な方で、
たいていは、”ケロッとしてたよ~。”と言われることが多いから
大丈夫だろうとは思っていたけどねえ。
建前でイイから、寂しかったっていう意思表示をしてくれると
ますますカワイイなあ~ってなるんだけど・・・。

大体、今日の午前中だって、夫の実家の庭掃除してるとき、
私が掃除してても、全然私のところなんて寄ってこないで、
夫が途中から庭掃除に参加し始めたら
夫の近くで遊び始めたりしてさっっ!

いいのか?!
ご飯作ったり遊び相手になってるのは母だぞ!
父は、遊んでくれてもご飯は作ってくれないぞ!
そのへんをしっかり覚えておくように。

ここ、数日。
うーやんが夜、泣きます。
ずっと泣くわけではなくて、”わあ~ん!”としばらく泣いて
そのあと寝てくれるんですけどね(今のところ)。
夫は、”布団がかかってないから。”とか言いますが、
何かコワイ夢とか見てるのかなあとか、
昼間、何かコワイ思いとか、ストレスになるような思いをさせてないか?
心配になります。
そういうとき会話ができればいいのに、って本当に思います。

うーやんはねえ~・・・
自分の思い通りにならないとギャータレる
ワガママ娘だから・・・。
そのへんのストレスが溜まってるだけなら少しは安心なんだけど。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/732-bda2101b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。