おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は久々に支援センターへ行ってきました。
午前中、午後と2回の昼寝だったときには行きやすかった支援センターも
午後1回の昼寝になったら、近くの公園なんかに行くことが多くなり
支援センターはだんだん行かなくなってしまったのですが。

行ってから、少ししたら体操の時間に。
今までは、みんなが体操しててもウロウロしていたり
先生がやっているのをジーッと見たりすることが多かったのですが、
今回は、まあ、少しウロウロしてたけど、
楽しそうでした。良かった良かった。成長してるよ~。
”親子で体操”なんていうのは、1対1でやるのがほとんどなので
2対1ではできなくて、ついひとりはほったらかしになってしまうのですが、
今回は先生がのーやんと一緒にやってくれたので良かったです。

だいたいいつもはふたり別々に遊んでしまうことが多かったのですが、
今回はなぜか、最初のうち、ふたりしてままごとで遊んでました。
支援センターを使い始めた頃には、ままごとのスプーンとかを
口にくわえたままウロウロしたり、イスに座ってることができなかったけど、
今日は、ふたりともちゃんと座って。
スプーンなんかを口に運ぶ回数もだいぶ減りました。
その代わり、うーやんはキューリをずっと口に入れてましたけど・・。
ほかにもブロックなどのオモチャがあるけど、
ままごとの場所には最低でも1回は行って遊ぶんですよね。
それこそ、まだ口にくわえたりするだけなんですけど。
やっぱり子どもは、一番に食べるモノに興味がわくのかなあ~。
”子どもは台所が好きだよね~。”なんてよく聞くけど、
台所は、お母さんがいつもいる場所で、そこで遊んでいれば
自然と台所にも興味がわきますしね。

うーやんは、ままごとのところと、本のあるところに行きます。
今日は”でこぼこフレンズ”がヒットしたみたいで、
”あ~い。”と渡してきて、
”と、と。”と本を叩いて、ドアを叩く音の真似をしたり。
のーやんは、すべり台をやってみたり、ウロウロしてました。
途中、どこかの男の子に追いかけられて(その子は遊びたかったみたい)
のーやんは、ちょっと逃げては立ち止まって男の子をジーッと見て、
また逃げては立ち止まって、を何回か繰り返してました。
あと、牛乳パックで作ったクルマで遊んでました。
これはウチも真似して作ったヤツがあるので、
結構気に入って遊んでました。

今年の初夏ぐらいから行き始めた支援センター。
支援センターでの過ごし方ひとつとっても
ふたりがどれだけ成長したのかわかります。
そのうち、私はふたりを見守ってるだけで、
それぞれが元気よく遊ぶ姿が見られるのかなあ~。
楽しみ楽しみ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/733-b8c96326

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。