おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前中のおやつに卵ボーロをあげました。

うーやん、なかなか欲深なヤツで、一つのお皿に二人分を用意すると
全部”自分のモノ!”みたいにのーやんにあげようとしないんですよね。
まあ、のーやんは食べるのが早いけど、うーやんは遅いので、
自分のペースで食べたいっていうのもあるのかもしれませんが。
お風呂のあとにごほうびをかねて喉の潤しのためにイチゴやゼリーをあげているのですが、
イチゴを一つのお皿に入れて、”はい。”と手渡ししていたら、
うーやん、それが気に入らなかったのか、イチゴを拒否!
前々から、イチゴをあげているとうーやんが”私のイチゴ!”って感じで
のーやんを押したりしていたので気になってはいたのですが、まさか拒否するとは・・・。
それで、なんでもいちいち別々のお皿を用意するように。

で、今日。
いつもはのーやんが先に食べ終えて、うーやんのモノを奪うというパターンだったのですが、
今日は、なぜかうーやんが先に食べ終えてしまいました。
で、のーやんのお皿にはまだ3粒ほどの卵ボーロが。
それをめざとく見つけたうーやんが、卵ボーロを奪いに行くと、
のーやんは”いやああああ~。”と、お皿を死守。
パッと見たら卵ボーロがなかったので、うーやんが略奪に成功したのか?と思ったら
のーやんの方が一枚上手で、3つ、自分の手に持ってました。
獲物を逃して悔しがるうーやん・・・。ふと下を見たら卵ボーロが落ちていたので、
うーやんに”ほら、あったよ。”と渡してあげました。

すると、うーやん、”ふふ。”と嬉しそう。
しかしうーやん、ハッと気がついてのーやんの方を確認、”まだバレてない。”
・・・と思ったのかどうかはわかりませんが、卵ボーロを手の中に隠して
廊下の方へ歩いて行ってしまいました。そして、廊下を行ったり来たり。
私の方を見てニッと笑ったり、ボーロのにおいを嗅いでみたり、
口に入れる素振りをしてやめてみたり。”早く食べないとのーやんに獲られるよ。”
それでも廊下を2往復くらいしてから、影に隠れて食べてました。

行動が単純すぎるぞ、うーやん。
まったく、コミカルなヤツだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/746-03b50fb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。