おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、またまたボクです。
たあやんは、うーやんの泣きわめきに疲れてるみたいです。

今日は、初めてサークルとかいうモノに参加しました。
サークルといっても、ボクたちは遊んでるだけだけど・・・。
ボクたちの他にも双子のお姉ちゃんやお兄ちゃんたちがいました。
オモチャも、今まで使ったことないオモチャもあって楽しかったです。
うーやんは、おままごとのオモチャで遊びたかったのに、
よそのお姉ちゃんが使っていたので、オモチャの取り合いをしていました。
ほかにも、お兄ちゃんがテーブルにお皿を並べていたのを
何か知らないけど気に入らなかったみたいで、皿を落としていました。
ボクは、みんなの迷惑にならないように静かに遊んでいました。

遊んだ場所は、柵がしてあって、柵の外にもたくさんのご本やオモチャがありました。
ボクもうーやんも、柵の外に出たかったけど、
たあやんが”時間になるまで外に出ちゃダメ!”といって、出してくれませんでした。
ボクは少し泣いたけど、うーやんは大泣きしました。
ずっと大泣きしていて、たあやんを困らせていました。
時間になって外に出られたら、今度はたあやんがうーやんが持っていたオモチャを
返そうとうーやんから取り上げたら、さらにパワーアップして泣きました。
ボクも、双子の姉弟ながら、何でそこまで泣くのかわからないぐらい泣いてました。
サークルの人に抱っこされたら、余計に泣いてしまいました。
それからたあやんがお茶をくれて、少し泣きやんだけど、
何を思いだしたのか?何が気に入らなかったのか?またまた大泣き。
ボクは、少し恥ずかしかったです。たあやんも呆れ果てていました。
うーやんは、ワガママで泣き出したら自分の言い分が通るまで泣くので困ります。
うーやんがあまりに泣くので、そのまま帰りました。
ボクは、柵の外でももっと遊びたかったのに、
お姉さんたちがやっていた体操を一緒にやったり、他のオモチャで遊びたかったのに。

それから、パンを買ってお家で食べました。
そのパンやさんのパンは初めて食べたけど、とってもおいしかったです。
ピーナッツバターのパンとチーズの入ったパンと、フレンチトーストです。
フレンチトーストは特においしくて、ボクはほとんど全部食べちゃいました。
あんなにオイシイなら、明日もまた食べたいです。

今日は、うーやんの大泣きで疲れました。
お昼寝から起きて、夜もなんかグズグズ言っていたんですよ。
そうすると、ボクにもとばっちりがきて、
いつもは怒られないことでも怒られたりするので、
うーやんはもっと機嫌よくいてもらいたいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/768-69d4a6eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。