おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは~、アタシです~。

今日は、ボランティアの人たちがやってるサークルに行ってきましたぁ。
このサークルは初めて参加するんですよねえ~。
・・とはいっても、アタシたちは連れられて行くだけだから、
行く前に緊張するとかっていうのはないんですけどね。
だから、アタシたちは行ってから”あ、こういうところね。”って認識するの。
たあやんは知ってて行くからいいけど、アタシたちは結構順応性が必要なんですよね。
それなのにたあやんったら、
”ちゃんとしてなさい。”とか”ほらほら、体操だよ。”とか言っちゃって。
アタシたち、そんなに神経が図太くないんだから。心の準備ってもんがあるのに。

でも、今日のサークルはとっても楽しかったです。
アタシは先生がやっていた体操にはちゃんと参加したし、
(できないところはちゃんと見てました。)
フラフープで作ったトンネルだって、たあやんがいなくてもちゃんと通りました。
のーやんは・・・。
愚図ったりはしてなかったけど、すぐに玄関の方に行きたがったりして。
体操だって、ただボーーーっと突っ立ってただけでさあ~。
たあやんは、ほとんどのーやんと一緒にいたんだけど、たまにアタシのとこに来てくれて。
でも、のーやんがすぐに”たあや~ん。”なんていって来たりして。甘えちゃって。
トンネルだって、みんながやってるの見てて、
もう終わりって頃になってようやくくぐりだしたと思ったら、
途中で座り込んで通せんぼちゃって・・・。なんなのよ?!
まあ、のーやんらしいっていえばのーやんらしいけどね~。

それから絵本も読んでくれました。
他のお友達が並んで座っていたので、アタシも一緒に並んで座ってお話を聞きました。
のーやんは最初、たあやんのお膝にいたけど、
アタシが座ってるのを見て、自分もイイ子になろうと思ったのか、
アタシの隣りに座りました。
ちゃんと、最後まで座って聞けました。
先生が、”エライねえ~。”って褒めてくれました。エヘッ。
そのあと、アタシとのーやんが寝転がってもまだ足りないぐらい大きい紙にお絵かき!
だけど、アタシものーやんもお絵かきはそうそうに切り上げて探索。
他のお友達にペンを借りて遊びました。
たあやんは”返しなさい。”って言ったけど、お友達のママは”いいよ。”って。
たあやんもそれぐらい器の大きい人になってもらわないとねえ~。

先生がアタシたち(ってゆーか、アタシだけ?)がしっかりお遊びできたので
”うーやんものーやんもイイ子ねえ!”ってビックリしてました。
アタシだって、やればできるんだから♪♪
たあやんは、”いつもはこんなじゃなくて、もっとヒドイです。”だって。
ヒドイのはたあやんの方ですよねえ?そんな言い方して。

今日のサークルをやった場所が、とっても広かったのもアタシにとっては良かったです。
だって、広々してて開放感があったし、走り回ったりできたし。
だから体操とかやっても楽しかったんだと思います。

帰ってからパンを食べました。
サークルでとってもイイ子にしてたから、たあやんがパンを買ってくれたからです。
たくさん動いたあとだったからとってもおいしかったです。


今日のサークルは楽しかったので、また参加したいです。
でも、またそのときにイイ子でいられるかは、「?????」ですけどねっ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/802-a0b145f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。