おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、ボク、のーやんです。
もう6月ですね。

今日は、町の育児サークルに参加してきました。
これで3回目なので、だんだん慣れてきました。

最初に出席カードにシールを貼ります。
保健士さんが”自分で貼らせてあげてください。”といってくれたので
自分で好きなシールの絵を選んで、自分で貼らせてくれます。
でもたあやんは、ボクがキツネさんのシールを選んだら
”それはこの前の時に貼ったのと同じじゃん。こっちにしたら?”とかいって
半分たあやんが決めた感じになってしまいました。
うーやんは、たあやんがボクにかまっている間に、勝手にキツネさんのシールをとって
カードに貼っていました。うーやんも前回はキツネさんのシールだったのに。
うーやんって、そういう要領の良いところあるんですよねえ~。
ボクもうーやんも、一度貼ったシールをまた剥がすのが大好きです。
でも、それをやると必ず怒られます。

今日は、保健士さんのお話の日でした。
ボクたちはあまり関係がなかったので、オモチャで遊んだりしていました。
お話が終わってから、親子で体操をしました。
少しだけ体操をやったけど、隣りに座っていた親子さんのバッグに
ペンとノートがあるのを見て、ボクもうーやんもペンで遊びたくなってしまいました。
たあやんは”ダメ!”と言ったけど、
その親子さんが”イイよ。”と言ってくれたので借りて遊びました。
ノートも借りたけど、ボクもうーやんも自分の手に書いた方が楽しかったです。
うーやんは自分の顔にも書いていました。
さすがにボクはそこまでは・・・・。

あと、紙パックで、ジャンプするカエルさんを作りました。
保健士さんが紙パック、輪ゴム、カエルさんの顔を順番にくれたけど、
もらったり、一旦返してみたり、そのへんに置いてまたもらいにいったりして
それをボクとうーやんとふたりでやったもんだから
たあやんとお手伝いの保健士さんが、困っていました。
絵本も読んでもらったけど、ボクはあちこち歩き回ってる方が楽しかったです。
たあやんは”ダメ!””もう止めなさい!”とか怒っていたけど、
保健士さんは、”ダメとか言わないで、やらせてあげてください。”って言ってたよ。
さっき話聞いたばかりなのに、たあやんはちゃんと話を聞いて欲しいです。

終わってから、ご褒美にお茶とお菓子をもらいました。
お昼ご飯も、全部食べました。パンを食べたけど、とってもおいしいパンでした。

お昼寝してから、家の近くを散歩しました。
たあやんが、木になっている実をくれました。
ボクはモモかと思ったけど、”梅の実だよ。”と教えてくれました。
似てますよね?梅の実とモモ。
昨日も、とうとが食べていたモノを食べたら、とっても固かったので
”石だよ。”と言ったら、”それは貝だよ。”と教えてくれました。
貝ってとっても固い食べ物なんですね。

世の中、似ているものがたくさんあるんですねえ。
これからたくさん勉強しなきゃ。

お散歩をしていたら、近所のおばあちゃんがお野菜をたくさんくれました。
お散歩するとイイことがありますね。


今日は、お友達と一緒に遊んだり、お散歩したりしてとっても楽しかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/809-db3140d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。