おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1歳の時に買った、うーやんのスカート。
ズボンだとあまり大きすぎるとダボダボになるけど、
”スカートなら、多少長くても大丈夫でしょ。”と、80センチ用を買いました。
とりあえず試しに着せてみると、スカートの方がデカイ・・・。
ちょっとフレア気味のスカートだし、その当時は、上に着る服も少し大きめだったから、
服がうーやんを着てるような、なんだかちぐはぐな感じ。
こりゃあ、まだ大きすぎて着せられん。と、そのときは断念。
それから、たまにスカートをはかせてみるのですが、どうもスカートに負けてる感じが。
”ん~・・・うーやんに箱のスカート自体が似合わないのかなあ・・。”
と、買ったことを後悔しながら。

今日は、特に出かける用事もなかったので、
適当なTシャツとズボンをはかせ、”あ!うーやんにはスカートをはかせてみるか!”
と、久しぶりにそのスカートをはかせてみることにしました。
”お~!!!スカートから足が出てるよ~!!”
以前は超ロングスカートで、スカートから出てたのは足首だったのに。
ちゃんと着こなしてる感じ。うんうん、カワイイカワイイ。

なんだか、そんな小さなコトで、とっても感動。
大きくなったねえ、うーやん。

そんなうーやん。
今日は、昼寝のあと、起きもしないで布団でゴロゴロ。
”いい加減に起きなさい!”と怒っても、”ん~。ヤダ。”を連発。
”もう!!!!いい加減にしなさいよっっっ!!”と怒られ大泣き。
普段は、私が抱っこして階段を下りるのですが、今日は”自分で降りなさいよ!”
少し愚図りましたが、自分が悪いことを悟ったのか?
それともたあやんは絶対に抱っこしてくれないことを悟ったのか?
少し降りてはしばらく座って、また数段降りては座って、と繰り返し。
15分ぐらいかかってようやく下まで降りてきました。
”降りた~!!”と、ニッコリのうーやん。
しかし、あまりの遅さにイラついていた私から、
”布団でゴロゴロしてないで、起きなさいって言ったら起きなさい!”と怒られ。
また”ふええ~~。”と泣いてしまいました。

”わかったね?うーやん、イイ子だもんね、わかったね?”というと、
”うん、わかった。”
すると、のーやんが、”ハイ、しぇんべい!”と、おやつのおせんべいをうーやんに。
そのおせんべいは、階段途中で座っているうーやんに、
のーやんが何度かあげようと”ハイ!”と渡そうとしていたのに、
うーやんが”いらない~。”と、意固地になって拒否していたモノ。
”いいよ、のーやん。うーやんはいらないんだって。食べちゃいなよ。”と言ったのですが、
食べずに持っていたようです。優しいねえ、のーやん。
今度はうーやんも素直にもらっていました。

夕飯のときには、トウモロコシとキューリだけ食べて、”ごちそうさま!”
”シチューまだ残ってるよ?””ん~、いらない。”
そして、さっさとイスから降りようとしていたので、
”あ、そう。イイよ、食べなくても。はい、ごちそうさま。”と言ったら、
なぜか、”あ!食べる食べる!!”と、食べ出しました。まあ、全部ではないけど。
それでご褒美のブドウをあげたら、何ともスローに、
のーやんの倍の時間かかって食べてました。

たぶん”超”がつく頑固モノ。しかしマイペース。そしてコミカル。
それがうーやん。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/844-33d24fb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。