おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
を鑑賞。戦時中のフランスで、兵士として徴収されてしまった恋人を探す物語です。同じ戦争を題材にしたフランス映画「ピエロの赤い鼻」もそうなんですが、グレーな空がすごくイイんですよね、暗い中にも勇気づけられるというか落ち着く雰囲気があって。やっぱりフランスって色遣いとかに対する感覚が鋭いんですかねえ。
これに出演しているマリオン・コティヤール。メチャかわいいっす。「TAXI」とかにも出てます。
今まではフランス人女優っていうと(あまり知らないけど)、何かツンツンしているような印象があったし、フランス映画自体”あんまりよく分からない”世界だったのですが、彼女を見てからそういう印象がだんだん変わってきました。「ロング~」の役は(小)悪魔的な感じ。だけど彼女が絡むエピソードもけっこう泣けます(出番少ないけど)。私が抱いていた”ツンツンしている”感じは、”ツンツン”ではなく、フランスの女性たちがシッカリと信念を持って自立しているってことなのかな?と思いました。

「ロング・エンゲージメント」の感想はコチラ。
http://www2.wbs.ne.jp/~ist-kai/eiga8gatu.htm
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/85-c6cb80ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。